*

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】2日目(南紀白浜-潮岬-新宮-十津川-伊勢志摩)走行距離421㎞ -白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街道・熊野川、十津川、熊野きのくに、紀伊長島駅、伊勢志摩

公開日: : 最終更新日:2024/05/16 旅話, 旅話 2003年

車旅日記2003年11月23日・・・白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街道・熊野川、十津川、熊野きのくに、紀伊長島駅、伊勢志摩

2003・11・23 8:36 某リゾートクラブ南紀白浜
いい朝だ。
青い海が見える。

闇の中にいちゃいけない。
こんな朝を迎えるといつもそう思う。
外に出れば、より気分も晴れるだろう。

このマンションの前に立つ「喫茶食事」の看板を掲げている店は営業を始めている。
昨夜そんなに遅い時間にここに着いたわけじゃないが、その頃には閉まっていたんだ。

やっているんだな。
よかったよ。

9:40 白良浜(11月22日のJR奈良駅より208㎞)
名勝三段壁に海水浴場。
ようやくオレは白浜の中心にいる。
たいした賑わいで、この町の価値も分かった。

三段壁は絶景だ。
そこで人生を終えようとする者が絶えないらしく、名勝の案内板に生相談の看板が混じる。

中国人の大集団の声が聞こえ、アロエの花を初めて見た。

初めてといえば、この白良浜の白い砂浜。
間近に寄せるエメラルド・グリーンの波。
こんなにも美しい海辺をオレはこれまで知らずにいた。

白浜、、、素敵な町だった。

10:05 白浜駅(11月22日のJR奈良駅より215㎞)
もうじき新大阪行の特急列車がやってくる。
ここは特急停車駅で、南紀の中心都市。

駅への道は町の玄関通り。
椰子の木が植わり、次にスナック街が続く。

パンダの町とある。
見かけた駅員はみんな女性で、横に長い駅の背後にこんもりとした小山がある。

町は白良浜を囲むように形成されている。

2008年7月20日撮影

10:57 見老津駅(11月22日のJR奈良駅より253㎞)
青黒い海の沖合を船が行く。

この無人駅のホームに上がり海を眺めた。
旅先のオレがやりたいことはこんなこと。

街道に面した待合所に待ち人がひとり。
ホームにひとり。
そしてまたひとりやってきた。

雲ひとつない美しい空。
そして海。
この頃は暦がいいのだろう。
2年前にこの道を逆方向から走った時もまた天気には恵まれた。
そして晴天は京都へと続いていた。

小さな湾を囲むように海辺の道は蛇行している。
2年前に車を止めた道の駅には寄らなかった。
懐かしさはあった。
あの時、闇に包まれようとしているあの場所で、オレが見ていたものが何だったのかを知った。

人に話せばどうということじゃないが、こんな日に眺める懐かしい海は格別だ。
あの時も彼女を想い、そうしていた。

波の音とは案外大きい。

12:00 潮岬(11月22日のJR奈良駅より285㎞)
本州最南端の灯台の町はおとなしい。
観光地然としたところもなく、ひっそりとしている。

明治23年にここでトルコ軍艦が遭難したという事実を初めて知った。
町にも岬にも歴史がある。

それにしても関西人とはやかましい。
こうしている時にも隣でがやがやしている。
駐車場はやたらに広いのに、何もオレの横で騒がなくてもいいものを。

台風の報道では必ず登場する有名な岬。
ここは潮の流れが早い。
そう話す話が聞こえてきたが、見てわかるものじゃない。
だが沖合の流れはこれまでに見てきたものとは違っているように見えた。

ここに来れたことはうれしいが、ひとりで長くいられるような場所じゃない。

12:38 紀伊大島樫野灯台(11月22日のJR奈良駅より298㎞)
大島は案外大きな島だ。
台風で波が打ち寄せると通行止めになる桟橋を渡り、串本の島へ。
静かにひっそりと本州の一番南に浮かんでいる。

ここは日本とトルコの交流地点。
遭難記念碑の近くでトルコ青年が小さな店を出していた。
微笑ましい光景だ。

灯台から眺めた海は穏やかに凪ぎ、いくつかの船舶が無事に難所を越えようとしていた。

13:35 湯川駅(11月22日のJR奈良駅より334㎞)
ホームから海が見える駅。
ここは那智勝浦湯川温泉を持つ小さな駅。

ここらあたりに駅員の姿はなく、まるで子供のようにホームに駆け上がった。
小さな湾が見渡せて、浜で夫婦が釣りをしている。

42号国道は素晴らしい。
それも新宮まで。

2台隣にオレと似たような男がいる。
たぶん目的も似たようなものだろう。
これからどこへ行くのか見当はつかないが、食事が必要だ。

海とは一旦お別れ。

2014年3月9日撮影

14:44 168号国道-道の駅瀞峡街道・熊野川(11月22日のJR奈良駅より376㎞)
熊野川沿いを行く素晴らしいドライブ。
陽光に照らされた山並が美しい。

まだ紅葉には早いが、ところどころ色づき、街道と川と山々の陰陽をなした景観が見事だ。
こんな道をかつて走ったことがある。
あの飛騨街道が懐かしい。

聞こえてくる鳥の声には聞き覚えがあるが、声の持主の種族が浮かんでこない。

海を離れれば清流に深い山並。
南紀には何でもある。

「めばる」という高菜で包んだ握り飯が美味かった。
このあたりの名物料理という。

16:09 425号国道十津川村芦ノ瀬川流域(11月22日のJR奈良駅より416㎞)
熊野川、十津川、芦ノ瀬に向けて両側から山が迫る十津川郷。
大阪方面からやってきた大型バスの通行によりところどころ退路は断たれ、脇に逸れたこの山国道には誰一人いない。

この場所で放尿。
とても原始的な気持ちになる。

小川のせせらぎは耳に心地よく、見上げた遥かな高所に家々が並ぶ。
温泉地では川から石を積み上げたような家が並んでいた。

秘境十津川。
司馬遼太郎が好んで題材にしていた尊王心に篤い歴史的な一帯だ。

あるいは平家の落人との説もあるのだろう。
あんなにも高所に家を構えた理由は、防戦のためか、次の峰へと逃れるためか。

ここは奈良県。
ふと気づくと名を持たない豪快な滝に出会う。

18:09 42号国道-道の駅熊野きのくに(11月22日のJR奈良駅より484㎞)
気温6度。
暖かかった南紀もすっかり日が落ちて随分と寒くなった。

十津川の山の中で往生も、下北山村から飛ばしてすっかり疲れてしまった。
かなり首が凝っている。

十津川からの425号国道はまさに日本の原風景だった。
ああした場所は他にいくつもあるのだろうが、その中でも国道を通しているのはあのあたりだけかもしれない。

果てしない山道は満足に舗装もされておらず、ガードレールすらない。
すれ違う車はないが、運転には慎重を要した。

眼下に見下ろした下北山村の明かりはまるで真珠を並べたようだった。
ようやく村に出た。
そんな安堵感は疲労を連れてくる。

日が暮れてからあの山国道を走っていたら大変な目に遭っていただろう。
大昔の旅人の気持ちが理解できそうな険しい街道だった。

それにしても色づく峰々、巨岩。
観光地として人々を呼ぶ土地が持つものに匹敵する観光資源は転がっていた。

熊野に寄れなかったのは残念だが、難儀な道中も今となれば楽しい。
生きていることの素晴らしさを感じている。

19:08 紀伊長島駅(11月22日のJR奈良駅より531㎞)
小さな町に着いた。
42号国道もカーブの多い街道で、今夜も星がきれいだ。

尾鷲で見た美しい明かりは工場のものか。
旅はまだ続く。

客の姿はまばらな駅。
南紀の駅はおおむねこんな感じだった。

客のアテのない駅前に止まるタクシー運転手が、アイツは何者だろうという目でオレを見ている。

2014年3月9日撮影

23:15 某リゾートクラブ伊勢志摩(11月22日のJR奈良駅より625㎞)
追憶のルートは、2年前の記憶が正しければ、当時より通行が容易になっていた。

神の存在を感じた小さな隧道はどこへいったのか。

それでも伊勢志摩は遠く果てしない。
この闇の中を一体いつまで走れば着くのか。
そうした焦燥感はあった。

鵜方駅まで来ると俄かに町の様子が変わり、交通量も増えた。
賢島で見た都会的リゾートの明かりが志摩マリンランドだろう。

鄙びている割にはここらあたりの店は結構遅くまで開いていて、お薦めの店で食事もできた。
正体の掴めないオレを評判通りの味でもてなしてくれたよ。

そして南紀人の人懐こさに、ひとりでいることを忘れた。

関連記事

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その2-阿字ヶ浦、那珂湊、勝田、大津港、日立、常陸多賀(ひたちなか海浜鉄道湊線/常磐線)

鉄旅日記2018年4月25日・・・阿字ヶ浦駅、那珂湊駅、勝田駅、大津港駅、日立駅、常陸多賀駅(ひたち

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】初日(東京-旭川-紋別)走行距離339㎞-深川駅、留萌駅、おひら鰊番屋、士別駅、にしおこっぺ花夢、紋別セントラルホテル

車旅日記2004年5月1日 2004・5・1 14:10 深川駅(旭川空港より48km) 広大な

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

車旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ、これか

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1・・・新南陽駅、新山口駅、阿知須駅、宇部新川駅、小野田港駅、下関駅

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】3日目(小樽-富良野)その1-小樽、発寒中央、琴似、石狩当別、石狩月形、新十津川、滝川、茶志内、美唄(函館本線/学園都市線)

鉄旅日記2016年8月12日・・・小樽駅、発寒中央駅、琴似駅、石狩当別駅、石狩月形駅、新十津川駅、滝

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】最終日(呉-東京)-呉、広、竹原、安芸幸崎、松永、東尾道、相生、西相生、比叡山坂本、用宗、富士、沼津(呉線/山陽本線/赤穂線/湖西線/東海道本線)

鉄旅日記2014年8月17日・・・呉駅、広駅、竹原駅、安芸幸崎駅、松永駅、東尾道駅、相生駅、西相生駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その1-取手、竜ケ崎、佐貫、岩間、赤塚、大洗、鹿島神宮(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線/鹿島臨海鉄道)

鉄旅日記2018年4月25日・・・取手駅、竜ケ崎駅、佐貫駅、岩間駅、赤塚駅、大洗駅、鹿島神宮駅(常磐

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】初日(東京-琵琶湖志賀)デニーズ青砥店、方南町、日野駅、道の駅信州蔦木宿、峠の茶屋

車旅日記200年8月11~12日・・・デニーズ青砥店、方南町、日野駅、道の駅信州蔦木宿、峠の茶屋 2

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】最終日(多治見-東京)その1-多治見、瑞浪、明智、岩村、極楽、恵那(中央本線/明知鉄道)

鉄旅日記2019年3月24日・・・多治見駅、瑞浪駅、明智駅、岩村駅、極楽駅、恵那駅(中央本線/明知鉄

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】初日(奈良-高野山-南紀白浜)走行距離204㎞ -橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、龍神、南紀白浜

車旅日記2003年11月22日・・・橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑