*

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】初日(奈良-高野山-南紀白浜)走行距離204㎞ -橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、龍神、南紀白浜

公開日: : 旅話 2003年

車旅日記2003年11月22日
2003・11・22 14:07 24号国道橿原市かっぱ寿司(JR奈良駅より17㎞)
うすら寒い京都駅。
そして変わってしまった奈良駅。

この身にまとわりついた怠惰な匂いを意識しながら、頼りなげな24号国道を和歌山方面に走っている。
得意先との席とはいえ、昨夜は飲みすぎた。

大和路には東京で見かける店だけが並び、オレの腹を満たしたのも東京でたまに食べる回る寿司だった。

街道からは古来崇められた山が見える。
その風景の中の一部であると感じること以外に、路上に出てからのオレはまだ浮かない気持ちでいる。

15:37 橋本駅(JR奈良駅より53㎞)
JR和歌山線と南海電車が乗り入れる街。

駅前の風景がなんだか懐かしい。
女の子が二人、交番の前にしゃがみこんで本の見せっこをしている。
この上なく平和な風景に気持ちを和ませる。

どこで間違えたのか分からないが、橿原神宮あたりで県道に入り込み、西日の道を南へ向かった。

天誅組蜂起の町、五条。
彼等はまずそこの代官所を襲った。
小さな歴史の町が続き、どこか雅を感じている。

これから高野山へ。
紀ノ川との再会が間近い。

2013年4月7日撮影

16:04 九度山駅(JR奈良駅より63㎞)
紀ノ川を渡り、南海電車の単線のレールが高野山に向かう。

途中にある鄙びた駅にいる。
かつて真田幸村は、信州上田から流されて14年を過ごしたこの村から、最後の戦いへと大阪に向かい、オレは南紀を目指している。

便所を借り、親切な駅長さんに礼を。
彼は電車が来るたびに駅長室を出て踏切に向かう。

通りかかった川辺では3人の少女が遊ぶ姿が見られた。
いい風情だし、ようやく心が整ってきた。

17:04 高野山大伽藍(JR奈良駅より85㎞)
険しい峠道をバスが走る。
スムースな通行を許さない峠道に気力を使い果たしたくない。

山頂には宗教都市。
紅葉にはまだ早いようだ。

気温は低く、全山に鐘の音が響き、じきに日が暮れる。
厳粛な空気が漂い、歴史的建造物を前にしてはしゃぐ者の姿はない。
だんだん何をしにこの旅を思い立ったのかが分かってきた。

南海電車はこの山のどこまで線路を延ばしたのだろう。
山はじきにライトに照らされる。

かつてここは流刑地でもあった。
織田信長に重臣としての地位を剥ぎとられ、この山に追われた佐久間盛信はその後消息を絶った。
その最期の様子は定かじゃないと聞く。

この山に訪れる寒さをオレも想像できる。

17:24 高野山金剛峰寺前駐車場(JR奈良駅より87㎞)
山上の仏教都市の日が暮れた。
人々は静かに厳粛な夜を迎えようとしている。
清涼な空気。
そして素晴らしい夜がやってくる。

素晴らしい夕焼け空だ。

18:36 480号国道‐道の駅龍神(JR奈良駅より137㎞)
冬が訪れている。
今年初めて感じる冬の寒さ。
手はかじかみ、あたりは闇に閉ざされ、近くで人の声が聞こえる。

星がきれいだ。
そして果てしなく静かだ。
自動販売機の音がはっきりと聞こえてくる。

そう、星がきれいなんだ。

川辺までこの険しい道が続く。
遠い町の清潔な寒さの中でオレは生きている。
悪くはない。

22:32 某リゾートクラブ南紀白浜434号室(JR奈良駅より204㎞)
日本有数のリゾート地、南紀白浜。
その全貌は闇に包まれ、今夜のオレに表現できることは何もない。

紀州人は気がいい。
ここの管理人さんもコンビニの店員も、酒屋の美しい女性も。
誰もがこれまでに聞いてきた関西弁とは一味違う言葉を聞かせてくれた。

この町の中心がどこなのか判別がつかない。
闇が訪れると人通りは絶え、遠くに立派なホテルが見える。
憧れのリゾート地にきたけど、やはり今夜は何も言えない。
それにここにひとりで来ることは考えていなかった。

京都の彼女のことを考えている。
明後日会いにいくかどうかを考えている。
東京では計画に入れていたが、今日のオレは怯んでいる。

どんな顔で会いにいくか。
そう思うと、彼女と出会ってから3年の月日を生きたオレが、当時なりたかった男になっていないことに気づかされる。

この歳月は何だったのか。
もう少しマシでいるはずだったが、何も変わっていない。

こんな音もしない広い部屋に案内されると身につまされる。
過去のオレが、次のオレに渡すべきバトンを用意していなかったことを。

もうたくさんだ。
そんなふうに思っている。
この南紀白浜で。

関連記事

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 門司港行の鹿児島本線に乗る。

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】3日目(北見-羅臼-根室-帯広)走行距離682㎞ -北見東急イン、美幌駅、摩周湖、知床斜里駅、羅臼、根室駅、納沙布岬、釧路駅

車旅日記2003年8月15日 2003・8・15 7:37 北見東急イン1122号室 朝

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋・番外編【京都にて】-京都御所、宇治川公園、京都駅

車旅日記2003年11月25日 2003・11・25 10:57 京都御所 昨夜の雨は上

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 日曜日の朝だった。 34歳の

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】2日目(南紀白浜-潮岬-新宮-十津川-伊勢志摩)走行距離421㎞ -白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街道・熊野川、十津川、熊野きのくに、紀伊長島駅、伊勢志摩

車旅日記2003年11月23日 2003・11・23 8:36 某リゾートクラブ南紀白浜

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】最終日(札幌-苫小牧-室蘭-函館)走行距離366㎞ -札幌東急イン、支笏湖、苫小牧駅、室蘭駅、地球岬、豊浦駅、5号国道パーキング、函館駅、函館山、函館空港

車旅日記2003年8月17日 2003・8・17 7:56 札幌東急イン1240号室 東

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、上ノ国もんじゅ、瀬棚町、いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日 2003・8・13 10:30 知内駅(228号国道-道の駅

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】3日目(伊勢志摩-吉野-奈良-京都)走行距離239㎞ -大王崎、御座港、鵜方駅、飯高駅、天誅組終焉之地、吉野駅、吉野神宮駅、吉野口駅、京都ホーユウコンフォルト二条城

車旅日記2003年11月24日 2004・11・24 9:40 大王崎 薄曇り。 小雨

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶 天気はあまり覚えていない。

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】2日目(札幌-旭川-網走-北見)走行距離431㎞ -岩見沢駅、砂川駅、旭川駅、白滝PA、遠軽駅、サロマ湖、網走刑務所、網走駅、北見東急イン

鉄旅日記2003年8月14日 2003・8・14 10:23 岩見沢駅(8月13日の函館空

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日 13:03 松任(まっとう)駅

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにし

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年7月21日 2008・7・21 8:11 

→もっと見る

    PAGE TOP ↑