*

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その1‐酒田、象潟、砂越(羽越本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年12月8日・・・酒田駅、象潟駅、砂越駅(羽越本線)
2019・12・8 5:34 酒田(さかた)駅(羽越本線 山形県)
24年前の話になる。
この街がオレにとって一番遠い街だった頃のことだ。

阪神・淡路大震災が起こり、春にオウム真理教が地下鉄サリン事件を起こした1995年。
駅前に車を止めて夜を明かすつもりでいたんだ。

警察官の職務質問を受けたり、結果眠れない夜となり、真夜中に街を離れた。

当時の酒田はもっと賑やかだった。
今や駅前に駐車スペースはなく、従って当時を思う気持ちが湧いてこなかったのは自然なことだった。

強く乾いた北風が吹いていた。
でもその風は師走の日本海を思わせるほど冷たくはなかった。

5:35発の秋田行に乗っている。

6:49 象潟(きさかた)駅(羽越本線 秋田県)
大切に思う場所なんだ。
その地を粉雪が舞う。

駅を降りて海岸に向かった。
かつて泊まった旅館がどこにあったか思い出すことはできず、角の廃墟前には砂が溜まり、寂れ乾いたリゾートを見つめる胸にやるせなさが募る。

「もういい」と背を向けて九十九島へ。
暁に見る田野に浮かぶ島々は深遠な気持ちを呼び起こし、蚶満寺では鐘が鳴る。
手を合わせ祈りを捧げる。


1804年に起きた象潟大地震によって入江が約2m以上隆起して陸地となり、国指定天然記念物の姿となった九十九島。
入江に浮かんでいた頃は松島のような景観だったのだろう。

駅前の民芸喫茶は健在だった。
美人のおかみさんもご健在だろうか。
あの店で飲んだコーヒーの味は忘れがたい。

奥の細道最北の地、象潟。
最後に鳥海山を望み、離れた。





上浜から女鹿にかけて荒々しい日本海を右手に見て、吹浦を過ぎて鳥海山を正面に見る。

遊佐を過ぎて、左手には鳥海山、右手に雲間から覗く太陽。
地には冬枯れた田園。
夢中でスマホを向ける。








まるで神の庭を見るようだ。

7:42 酒田(さかた)駅(羽越本線 山形県)
かつてオレがいた場所。
やはりその感慨が湧くことはなく、明るい時間帯の酒田駅を写す。

恋人にお土産のポッキーを購入。
余目から陸羽西線に乗り入れる列車に乗る。

行き先はこのまま真っ直ぐ羽越本線だが、その列車には砂越駅で乗る。
そして発車。

東酒田駅前の冬枯れた田に白鳥が群れている。
神の庭は続いている。

8:03 砂越(さごし)駅(羽越本線 山形県)
冷たい北風に吹かれている。
日本海に吹く風を浴びている。

海は荒れていた。
そんな風。

ここ平田は彫刻の町らしい。
柿の木や米の貯蔵倉を写す静かなひととき。

覚悟はしていたが、やはり寒い。
酒田でも雪が舞っていた。

強くありたい。
ふと浮かんだそのひとこと。






列車は北余目に着き、相変わらず冬枯れた景色を眺めている。

関連記事

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その1-近鉄奈良、新田辺、三山木、JR三山木、狛田、下狛、新祝園、祝園、学園前、学研奈良登美ヶ丘(奈良線/京都線/けいはんな線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・近鉄奈良駅、新田辺駅、三山木駅、JR三山木駅、狛田駅、下狛駅、新祝

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-松阪)その1-和歌山市、和歌山、海南、西御坊、御坊、紀伊田辺、白浜(紀勢本線/紀州鉄道)

鉄旅日記2008年7月20日・・・和歌山市駅、和歌山駅、海南駅、西御坊駅、御坊駅、紀伊田辺駅、白浜駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】4日目(佐賀-松浦)その2-大村、竹松、早岐、佐世保、佐世保中央、中佐世保、左石、佐々、たびら平戸口、松浦(大村線/佐世保線/松浦鉄道)

鉄旅日記2009年9月21日・・・大村駅、竹松駅、早岐駅、佐世保駅、佐世保中央駅、中佐世保駅、左石駅

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その1‐葛飾金町、幸手駅、古河駅、渡良瀬遊水地北エントランス、藤岡駅、佐野厄除け大師、足利駅

車旅日記2000年5月3日 2000・5・2 東京葛飾金町 前夜祭 旅に出る前夜。 これほどの

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その2-湯本、内郷、水戸、偕楽園、下菅谷、中菅谷(常磐線/水郡線)

鉄旅日記2019年3月10日・・・湯本駅、内郷駅、水戸駅、偕楽園駅、下菅谷駅、中菅谷駅(常磐線/水郡

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その2-吉野口、高田、畝傍、桜井、柳本(和歌山線/桜井線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・吉野口駅、高田駅、畝傍駅、桜井駅、柳本駅(和歌山線/桜井線) 10:

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】初日(東京-紀伊田辺)その1-金町、名古屋、多気、川添、三瀬谷(常磐線/東海道本線/関西本線/伊勢鉄道/紀勢本線)

鉄旅日記2019年3月2日・・・金町駅、名古屋駅、多気駅、川添駅、三瀬谷駅(常磐線/東海道本線/関西

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その1-掛川、掛川市役所前、西掛川、天竜二俣、西気賀、寸座、浜名湖佐久米、三ケ日、新所原(天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その1・・・掛川駅、掛川市役所前駅、西掛川駅、天竜二俣駅、西気賀駅、寸座

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【房総半島から1週間。常磐線に乗って、下っていったのでございます。】その2-勿来、いわき(常磐線)

鉄旅日記2006年2月11日・・・勿来駅、いわき駅(常磐線) 2006・2・11 いわき東急イン61

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、名古屋往復】その2-恵那、瑞浪、土岐市、多治見、千種、鶴舞、金山、天竜川、袋井(中央本線、東海道本線)

鉄旅日記2012年3月25日その2・・・恵那駅、瑞浪駅、土岐市駅、多治見駅、千種駅、鶴舞駅、金山駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑