*

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その2‐小波渡、五十川、府屋、あつみ温泉(羽越本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年12月8日・・・小波渡駅、五十川駅、府屋駅、あつみ温泉駅(羽越本線)
8:59 小波渡(こばと)駅(羽越本線 山形県)にて

10:10 五十川(いらがわ)駅(羽越本線 山形県)
8:56小波渡駅で降りる。
ホームから荒々しい日本海が見渡せる素敵な場所だ。

そこからひと駅の徒歩行。

この区間はほぼトンネル。
車窓からは見ることのない景色の中を歩いた。

芭蕉が歩いた「鬼かけ橋」、打ち寄せる波、群れ飛ぶカモメ、厳つい面相の岩、沖に浮かぶ灯台、廃墟となった海辺のホテル。









五十川駅に着いて古四王神社に寄り、酒屋に寄り、清流五十川を写し、旅館を見て何事かを思い、駅ではご婦人と会話を交わす。


地元民もこぼす。
今日は風が冷たく寒いと。

折よく下り列車がくる。
たった今歩いてきた道を車窓からおさらいするのもいい。

そしてまた小波渡駅へ。
このあたりとは縁があるようだ。

10:16 小波渡(こばと)駅(羽越本線 山形県)にて


本来は五十川駅で待つつもりでいた上り列車に乗っている。
すでに鼠ヶ関を過ぎて、右手に粟島が見えてきた。

ビールがことのほか美味く感じる。

11:03 府屋(ふや)駅(羽越本線 新潟県)
ここからは新潟県。

最初は佐渡島かと思っていたよ。
あの島は粟島。
駅長さんによると、佐渡島が見える日もあるという。

特急停車駅で、どんな駅かと興味が湧き、降りることを思い立った。
酒屋に寄って、大音量の波音を聞く。




駅は7号国道を挟んで日本海に接している。
それにしても波音とは、これほどまでに大きい。

12:21 あつみ温泉(あつみおんせん)駅(羽越本線 山形県)
描いていた旅の計画を変更している。
府屋駅に寄るつもりはなかった。

昨日も乗った「いなほ」に帰りも乗ることにして数駅戻る。
あつみ温泉駅には特急が停車する。



駅前に食堂でもあればと思っていたが、看板は掲げられているものの営業はしていなかった。
食堂、酒屋、スーパー。。
洋菓子屋だけは開いていたな。

温泉旅館からの送迎バスが着いて温泉客が降りてくる。
温泉街はそれなりに賑わっているようだ。

温海川に下りて日本海と交わる様を見ていた。

海原を支配する神「スサノオ」に祈ったよ。
たいそうなことじゃない。
祈るというよりも、むしろ感謝に近い。

海辺の岩場には神が祀られていて、是非ともお詣りをしたかったが、通行が禁止されていた。
7号国道から頭を下げる。
古人のようにオレもあの場所に神を感じている。


「海里」という酒田行の豪華列車が入ってきて、しばらく止まった。
何でも今年の10月からの運行で、新潟~酒田間を走る。

動くレストランを謳う客車内は席毎に仕切られ、ホテル並の品を持っていた。
特急「いなほ」が止まらない桑川駅に停車するばかりか、「笹川流れ」観光にあてるため長時間停車するようだ。

日本海側もなかなかやる。

7号国道に置かれた道の駅「あつみ」を行き帰りとも目にした。
あの場所にも20代の頃に思い出がある。

これもやはり縁。

関連記事

「鉄旅日記」2018年秋【「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その2-吉原、岳南江尾、本吉原、吉原本町、吉原、富士川、新蒲原、西焼津、新豊橋、三河田原(岳南電車岳南線/東海道本線/豊橋鉄道渥美線)

鉄旅日記2018年9月15日・・・吉原駅、岳南江尾駅、本吉原駅、吉原本町駅、富士川駅、新蒲原駅、西焼

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏 【青春18きっぷで、北海道途中下車旅】4日目(岩見沢-羽後本荘)-岩見沢、札幌、銭函、小樽、倶知安、蘭越、長万部、中ノ沢、五稜郭、上磯、釜谷(函館本線、江差線)

鉄旅日記2012年8月14日・・・岩見沢駅、札幌駅、銭函駅、小樽駅、倶知安駅、蘭越駅、長万部駅、中ノ

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

車旅日記2006年7月17日・・・ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その2-湯本、内郷、水戸、偕楽園、下菅谷、中菅谷(常磐線/水郡線)

鉄旅日記2019年3月10日・・・湯本駅、内郷駅、水戸駅、偕楽園駅、下菅谷駅、中菅谷駅(常磐線/水郡

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その2-西小坂井、三河三谷、愛知御津、三河安城、共和(東海道本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・西小坂井駅、三河三谷駅、愛知御津駅、三河安城駅、共和駅(東海道本線

記事を読む

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線) 12:33 小野新町(おの

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その3-盛岡、上米内、区界(東北本線/山田線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・盛岡駅、上米内駅、区界駅(東北本線/山田線) 17:39 盛岡(も

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、黒磯駅(常磐線/東北本線) 2

記事を読む

「車旅日記」1996年1月【旅を友として生きていくことにした27歳。年頭の誓いでございます。】-町田、伊勢原駅、山北駅、沼津駅、富士駅、道の駅富士川、吉原駅、田子の浦

車旅日記1996年1月1日 1996・1・1 20:43 東京町田 始動だ。 久し振りに動かし

記事を読む

「鉄旅日記」2000年晩秋【京都の女性に恋をしていた頃がございました。その京都時代のはじまりでございます。】-京都タワーホテル

鉄旅日記2000年11月23日~24日 2000・11・23 0:03 京都タワーホテル924号室

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑