*

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その1-熱田、尾頭橋、八田、四日市、亀山、一身田、津、高茶屋、松阪(東海道本線、関西本線、紀勢本線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 * 結婚後2014年

鉄旅日記2014年3月8日その1
2014・3・8 11:16 熱田(あつた)駅(東海道本線 愛知県)
保谷から池袋、東京、沼津、静岡、浜松、豊橋と乗り継ぎ、新快速で金山で降りて、ひと駅戻る。

駅構内はとても広く、長い跨線橋を渡り、階段を下りて外に出る。
熱田の森と神宮前商店街にほんの一瞥。
その程度の時間しかここでは用意できなかった。

源氏の氏神であり、桶狭間合戦戦勝所縁の熱田神宮は名古屋市熱田区という行政の中心地であり、名古屋駅までは3駅の距離。
しかし快速列車は停車しない。

通り過ぎるばかりの愛知県だが、来年あたり愛知を知る旅を計画することにおそらくなる。

11:30 尾頭橋(おとうばし)駅(東海道本線 愛知県)
昨日東京に3月の雪をもたらした冷たい風に名古屋が凍えている。

街の狭間に位置した駅だけがある町。
今プラットフォームにいる。

錆びた印象のラブホテルがあり、並行する名鉄を含め、おびただしい数の列車が目の前を行き来しているが、そのほとんどがここに停車することはなく、気にもとめずに通過していく。
名古屋は次の駅になる。

11:53 八田(はった)駅(関西本線 愛知県)
名古屋で乗り換えてひと駅目。
真新しい印象の橋上駅で3分の停車に浮き足立ち、階段を駆け下り、駆け上がる。

下町のような家並に工場が混じる周囲は、遠くに養老山地を仰ぐ濃尾平野。
空は広く、鈍い色をしている。

東海でも春の到着が遅れている。

12:39 四日市(よっかいち)駅(関西本線 三重県)
かつて深刻な公害を世に送り出した工業地帯は健在で、一帯が吐き出す白煙はその煙突とともに濃尾平野の端からずっと見えていた。

複雑に交差する中京の鉄道事情に混乱しながら再び見えた四日市。
悪名高い長良川の河口堰が車窓から覗けた。

JR駅周辺には廃屋が目立ち、繁華街がここから少し離れた近鉄駅近くに集中する事情は今更変わりようもなく、かつては格調高さを謳ってであろう駅2階のレストランスペースの借り手は、8年前と変わらず今もついてない。

13:14 亀山(かめやま)駅(関西本線/紀勢本線 三重県)
雪を被った養老山地に鈴鹿川。
ビジネスホテルに東京荻窪ラーメン。
この駅での滞在時間は今回も多くなく、到着時に目にしたものを特に意味もなく列挙した。

改札を出る。
駅前の大鳥居の撮影を観光バスが塞ぎ、7年前に感嘆の声を漏らした駅前食堂はまだ営業を続けており、新たな感慨を催させる。

機関車時代には重要な駅だったという亀山駅も、伊勢方面からの特急や快速列車が、津と四日市を最短でつなぐ伊勢鉄道の線路を通ることで乗降客も奪われ、それでも尚かつ風格を保つ姿は重厚そのものだが、巨大な駅構内の外れに位置するホームに、たった一両編成で停車している紀勢本線の姿は寂しさを伴う。

その紀勢本線に乗り換える。

13:28 一身田(いしんでん)駅(紀勢本線 三重県)
四日市工業に開星高校。
知名度のある学校に通う若者と乗り合わせた寂れた関西本線路。

この駅でも茶色のブレザーに身を包んだ学生たちが多く乗り込んできて、僅か2分の停車中に改札を抜けて駅舎を撮影し、すぐに列車に戻ることだけを考えているオレに、気を揉む必要を失くしてくれた。
列車は悠々と歩いて来る彼等を急かすこともなく、全員が乗り込むのを悠然と待つ。
長者屋敷のような立派な駅を写した一枚には、彼等の後ろ姿も映っている。

13:38 津(つ)駅(紀勢本線/伊勢鉄道/近鉄名古屋本線 三重県)
戦国の昔、安濃津の地名で外洋に開かれ、繁華な港だった頃の面影は、三重県の県庁所在地という地位を得ている現在には見られない。
広大な駅前ロータリーには違法駐車の車すらなく、冷たい風が吹き渡っていた。

腰のないぐにゃりとした食感が独特の伊勢うどんを出す「駅そば」は他の店に席を譲っていた。
8年前に駅に寄った際に、その黒い汁で服を汚したことを思い出した。

ネガティブな材料を並べたが、この土地の言葉は耳に心地よい。
この街にもいつか泊まりにくることがあるだろう。

13:53 高茶屋(たかちゃや)駅(紀勢本線 三重県)
数分の停車。
ここで多くの乗客が降りる。

駅構内にはかつて膨大な量の物資が積まれたであろう空間が、朽ちた上屋の下で用を失くしている。

空地を挟んで並走する23号国道にはイオンモールが進出して人を集め、紀勢本線の立場をより小さなものにしている。

14:20 松阪(まつさか)駅(紀勢本線/名松線/近鉄山田線 三重県)
指折り数えたら、この街に泊まった7月は、もう6年も前の事になる。

あの夜に街を歩いた感覚を思いだした。
翌日は鳥羽に出て土産を買い求め、お伊勢さんに戻って当時想いを寄せていた女性に桜色のお守りを買い求めた。
この国最強の神様のお守りだと言って渡し、彼女は男性からお守りを貰うのは初めてだと、とても喜んでくれた。

弁当売りのおばちゃんの愛想がいい。
あまり売れていなかったのだろう。
オレが寄っていくと満面の笑みで迎えてくれて、お勧め品の説明を始めた。

あらためて訪れた松阪は畑作地帯に忽然と現れる都会で、津よりも街の規模も都会度も上のような気がする。

駅の土産物屋を覗いた。
松阪といったら松阪牛。
買って帰ったら喜ぶだろうなと思いつつ、財布の中に余分はないかと数えてみたが、ゴーサインは出せなかった。
やっぱり高いよ。

渡河したばかりの櫛田川の豊富な水量を誇る質感に目を見張らされた。

関連記事

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】3日目(鳥取-米子)その1-鳥取、由良、下市、御来屋、名和、伯耆大山、東山公園、博労町、境港、木次、亀嵩、宍道(山陰本線/境線/木次線)

<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/r

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その1-紀伊勝浦、太地、湯川、那智、三輪崎、新宮、丹鶴城公園、鵜殿(紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月9日その1 2014・3・9 7:12 紀伊勝浦(きいかつうら)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】初日(東京-鬼怒川温泉)-下今市、新藤原、川治湯元、川治温泉、湯西川温泉、龍王峡、鬼怒川公園、新高徳、鬼怒川温泉(東武鬼怒川線/野岩鉄道)

鉄旅日記2014年12月6日 2014・12・6 11:09 下今市(しもいまいち)駅(東

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その2-有間川、谷浜、名立、直江津、犀潟、二本木、今井、川中島、姨捨、信濃境、すずらんの里、富士見(北陸本線/信越本線/篠ノ井線/中央本線)

鉄旅日記2014年3月23日その2 有間川(ありまがわ)駅(北陸本線 新潟県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その2 16:51 東雲(しののめ)駅(北近畿タンゴ鉄道宮津線

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その1-魚津、生地、黒部、電鉄黒部、泊、親不知、越中宮崎、糸魚川、能生、梶屋敷、浦本(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月23日その1 2014・3・23 6:02 魚津(うおづ)駅(北陸本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その1-日進、宮原、加茂宮、北大宮、大宮公園、土呂、東鷲宮、鷲宮、栗橋、古河、新古河、野木、間々田、岩舟(川越線/東北本線/両毛線)

鉄旅日記2014年11月3日その1 日進~土呂間(徒歩) 日進駅(にっしん)駅(川越線 

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その2-南条、今庄、北鯖江、鯖江、大土呂、福井、春江、丸岡、芦原温泉、動橋、石動、小杉、越中大門、魚津(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月22日その2 13:31 南条(なんじょう)駅(北陸本線 福井県)

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その2-山田上口、宮川、川添、伊勢柏崎、尾鷲、新鹿、熊野市、紀伊勝浦(参宮線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その2 14:56 山田上口(やまだかみぐち)駅(参宮線 三重県

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ときわ路パスで、常陸ローカル旅】その1-水海道、三妻、下妻、大田郷、下館、久下田、茂木、真岡、大和、新治、水戸(関東鉄道常総線/真岡鐵道/水戸線)

鉄旅日記2014年4月27日その1 2014・4・27 7:49 水海道(みつかいどう)駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑