*

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越西線)
2020・4・5 5:59 新津(にいつ)駅(羽越本線/信越本線/磐越西線 新潟県)
弱い雨は降りやんでいない。

駅前のホテルと駅を往復するのみの新津滞在。
いつだったかアーケード街が尽きるまで歩いたことがあった。
よく覚えているつもりでいるが、だいぶ前のことになる。

改札はまだ開いておらず、たまたま出てこられた女性駅員さんを呼び止めて判を押してもらった。

青春18きっぷ。
今回もいい旅ができている。

6:00発の会津若松行。
乗客はオレを含めて2名。
新型コロナウイルスの影響かどうかの判断はつかない。

6:29 馬下(まおろし)駅(磐越西線 新潟県)
行き違い5分の停車。
春の雨に体が少し震えた。

静かな朝。
静かな雨。

壊れた靴に雨が染み込むこともなく、足元に気をつけて階段を上り下り。
静かな駅前を写す。

馬下を出ると左手に阿賀野川が現れた。
磐越西線に乗る楽しみがここから始まる。

7:11 津川(つがわ)駅(磐越西線 新潟県)
行き違い、時間待ち11分の停車。

この鉄路を往けば津川駅でこうした時間ができるケースは多く、3度目の下車になる。

麒麟橋の途中まで行き、阿賀野川を写す。


その雄大な流れを目にしながら、川沿いの集落を見てはとりとめのない思いにふける。
車中ではそんなふうに時間を過ごしていた。

そしてこの駅に降りれば、ここは「狐の嫁入り」の村だったと記憶に乗せる。

現在はほとんど見られないとのことだが、津川の狐火出現率は世界一レベルで、そうした怪火の連なりと、この地域におけるかつての嫁入りが夕方から夜にかけて行われたことがリンクしたと伝わる。

闇の中を提灯を提げた嫁入り行列が麒麟山を往く様。
なるほど。

毎年5月3日に「狐の嫁入り行列」の祭が開催されている。

8:28 喜多方(きたかた)駅(磐越西線 福島県)
日出谷駅に着く前に阿賀野川を渡る。

橋脚が遺された先に旧線跡を見る。
鉄路にも歴史がある。

高度経済成長期からバブル時代を過ごした身として、時代が進むにつれて衰退していくものがあることを知った時は不思議に思ったりもした。

川は流れ、時に目をつむり、磐越西線の風景に寄り添っていた。

山都を過ぎてしばらくすると視界が開ける。
そして美しい会津盆地を一望する。

行き違い6分の停車。
喜多方は濡れていなかった。

かろうじて感じる程度の雨が降っている。
寒い。

蔵と酒の街、喜多方。
2年振りに降りた。

1984年までは廃線となった日中線と接続するターミナル駅だった。

今市から米沢まで。
野州、岩州、羽州を結ぶ野岩羽線という路線構想があったという。

米沢藩はこの道を通り、会津からは会津藩、庄内藩、新発田藩、村上藩なども参勤交代でその道を往った。
会津西街道にその名残りをかつて見ている。

現在は東武鬼怒川線、野岩鉄道、会津鉄道、磐越西線を乗り継いで今市から喜多方までは行ける。

日中線はそうした構想の一翼を担うはずだったが、喜多方から4駅目の熱塩で延伸は止まり、熱塩駅北方にある日中温泉が線名の由来となった。

生まれてはいるが、そんな時代をオレは知らない。

関連記事

2020年如月【水上温泉につかりにいったある週末の記憶をSNSへの投稿より振り返ります。】-土合、水上、後閑、沼田(上越線)

鉄旅日記2020年2月8日~9日・・・土合駅、水上駅、後閑駅、沼田駅(上越線) 水上に投宿する前に土

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-松阪)その1-和歌山市、和歌山、海南、西御坊、御坊、紀伊田辺、白浜(紀勢本線/紀州鉄道)

鉄旅日記2008年7月20日・・・和歌山市駅、和歌山駅、海南駅、西御坊駅、御坊駅、紀伊田辺駅、白浜駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日・・・直江津駅、土底浜駅、犀潟駅、虫川大杉駅、六日町駅、塩沢駅(信越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その1-紀伊勝浦、太地、湯川、那智、三輪崎、新宮、丹鶴城公園、鵜殿(紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月9日その1・・・紀伊勝浦駅、太地駅、湯川駅、那智駅、三輪崎駅、新宮駅、鵜殿駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その5‐飛騨金山、下呂、禅昌寺、飛騨萩原、上呂(高山本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・飛騨金山駅、下呂駅、禅昌寺駅、飛騨萩原駅、上呂駅(高山本線) 16

記事を読む

「鉄旅日記」2005年初冬【鉄旅に目覚め、銚子へと向かったのでございます。】その2-外川、犬吠、本銚子、観音、仲ノ町、銚子、千葉(銚子電鉄/総武本線)

鉄旅日記2005年12月10日・・・外川駅、犬吠駅、本銚子駅、観音駅、仲ノ町駅、銚子駅、千葉駅(銚子

記事を読む

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】最終日(安中-東京)その3-海尻城址、海尻、八千穂、信濃川上、佐久海ノ口、甲斐小泉、小淵沢(小海線)

鉄旅日記2019年2月10日・・・海尻駅、八千穂駅、信濃川上駅、佐久海ノ口駅、甲斐小泉駅、小淵沢駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-東京)その1-一ノ関、陸中門崎、千厩、猊鼻渓、気仙沼(大船渡線)

鉄旅日記2019年1月6日・・・一ノ関駅、陸中門崎駅、千厩駅、猊鼻渓駅、気仙沼駅(大船渡線) 201

記事を読む

「鉄旅日記」2011年夏【みちのくひとり旅】最終日(花巻-東京)-花巻、平泉、一ノ関、仙台、白石、福島、郡山、矢吹、黒磯、宝積寺、古河、蓮田、西川口(東北本線)

鉄旅日記2011年8月17日・・・花巻駅、平泉駅、一ノ関駅、仙台駅、白石駅、福島駅、郡山駅、矢吹駅、

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】2日目(新潟‐象潟‐鳴子温泉) 道の駅豊栄、道の駅朝日、道の駅温海、象潟駅-茶房くにまつ、蚶満寺、九十九島、矢島、鳴子サンハイツ

車旅日記1996年11月2日 1996・11・2 8:17 7号国道‐豊栄(道の駅) よく眠れた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑