*

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その1-鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

公開日: : 最終更新日:2020/09/12 車旅話 *結婚前2004年

車旅日記2004年8月14日
2004・8・14 9:35 鹿児島東急イン829号室
出発が遅くなった。

でもいいんだ。
昨夜は友と明け方の4時まで飲んでいた。

天文館に繰り出し、豚骨、きびなご、鳥刺を肴に薩摩焼酎を。
さらに山形屋近くのバーで。

楽しい酒だった。
友はそれから吉野町までタクシーで帰っていった。

わざわざ鹿児島まで来てくれたんだ。
今夜の勘定は全部オレが持つ。

そう言って、すべて支払ってくれた。

そんな男だったか。
友の新たな一面を知った。

タフでいよう。
ここは男の国、九州だからさ。

10:26 城山公園(8月11日の佐賀空港より978㎞)
最後の鹿児島の記憶を求めて市内を走る。

桜島ももう一度見たかった。
今朝の桜島には雲がかかっている。

昨夜友が言っていた。
桜島に雲がかかると雨が降ると。

降ってくるような蝉の声の下、人々がここに集まってきている。

西郷さん最期の地、城山。

最期の場所までは辿り着けなかった。

10:52 鹿児島中央駅(8月11日の佐賀空港より983㎞)
城山から下りてきて鶴丸城址。
有名な西郷さんの銅像を発見した。

鹿児島での記憶はこれで十分だろうか。
そんなことを思いながら中央駅を目指した。

巨大な観覧車が頭上に聳える駅ビルの開業は9月の話で、東口は工事の最中。
先に開業した九州新幹線の改札前には土産物屋が並び、驚くほど多くの人々でごった返していた。

新たに九州新幹線の係として任命された鉄道員の表情は、随分と緊張しているように見えた。

完全な姿になったこの駅を再訪する機会は、オレに訪れるだろうか。
西口はすでに完成している。

1階のNHKコーナーでは、アテネ五輪の入場式が始まろうとしている。

13:07 出水駅(8月11日の佐賀空港より1056㎞)
鹿児島市内から3号国道を往く。

丘に続く新しくできた団地あたりからしばらく渋滞が続き、それを抜けると宮之城への道。

途中で宮之城を故郷に持つ知人に電話を入れた。
昨夜の友との会話で薩摩人というものを知り、彼のことを考えた。

知人の声はとても優しかった。
これと言って特徴のない山里だったが、気分はとてもよかった。

今日のオレが一番自由なのかもしれない。

宮之城中心街のアーケード通りには町が持つ重みを感じた。
あのあたりに、きっとかつて国鉄宮之城線の宮之城駅があったのだろう。

国道には宮之城高校同窓会告知の看板が置かれ、ある家の前には多くの車が止まり、ふと目をやると大家族が無事の再会を喜び合っていた。
あれがお盆の頃の正しい日本の風景なのだろう。

この出水には鶴が飛来する。

そして九州新幹線が開通して、旧出水駅舎の背後に真新しい巨大駅が出現した。
旧駅舎は保存されているというより放置され、新しくなった駅前広場の中で違和感を漂わせながら閉鎖されていた。
一角に肥薩おれんじ鉄道の駅舎がある。

九州新幹線の開通により鹿児島本線は分断され、一部が第三セクターとして新たな歴史を歩んでいる。
鉄道史もまた目まぐるしい。

他の地方都市にも見られるが、出水も真っ先にテレビ塔が目に入る。
この町に、あれ以上に高い構造物はない。

そんな古い町が好きだ。
そしてこの町に新たな歴史を持ち込んだ巨大な新幹線駅にはまだ人気がなく、町とは不自然な関わり方をしていた。

2013年8月13日撮影

14:57 八代駅(8月11日の佐賀空港より1127㎞)
東シナ海との出会い。
でもその付き合いは長いものにはならなかった。

熊本入りは水俣から。
新水俣駅は、かつて水俣病を引き起こしたチッソの工場と向かい合っていた。

市内は混雑して、その渋滞を抜けるといくつか峠を越える。

そんな3号国道から東シナ海が望める機会は多くなかった。

昼食はコンビニでコーヒーとパン。
背後に日本製紙の煙突が聳える八代駅にて。

赤い瓦屋根の懐かしい駅には飲み屋とコンビニが入っている。
待合室にはたくさんの人々が待っていた。

鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道、ここから人吉へと向かう肥薩線。

交通の要衝にあたる八代には、日本製紙以外にも多くの工場が並んでいる。


2015年8月13日撮影

16:18 熊本駅(8月11日の佐賀空港より1167㎞)
市内への道は順調に流れ、大都市熊本へ。
19年前の修学旅行の際の記憶が、この街を大都市と評価していることに気づく。

駅への道を左に曲がると空地があり、その空地に面した駅前通りから市電が発車した。

随分と寂しいところに始発駅があるものだ。
音のない静かな場所だった。

なぜかそこで懐かしい夏を感じた。
お盆とはそういう空気を感じる季節でもあるのだろう。

200メートルばかり先に熊本駅があった。
駅前に市電の停車場があり、その軌道を越えて駅へと入る。

甲子園球場のスコアボードのような形の駅舎は、「KUMAMOTO STATION」の文字と時計が印象的で、2階のテラスでは肥後娘たちが穏やかな時を過ごしている。

駅前広場には祭の準備が整い、舞台にはすでに太鼓も置かれ、多くの椅子が設置されている。

駐車スペースに空きはなく、振り返ると大きな看板を掲げた古い商店街が並んでいる。
昭和の駅前風景がそこにあった。

そして今、思い出したかのように、蝉の声にオレは反応した。

関連記事

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その2-厳木駅、西唐津駅、唐津駅、筑前前原駅、葛飾金町

車旅日記2004年8月15日 2004・8・15 14:01 厳木駅(8月11日の佐賀空港

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その1-藤田観光ワシントンホテル、愛別駅、上川駅、白滝駅、丸瀬布駅、遠軽市太陽の丘公園 瞰望岩、遠軽駅、オホーツク氷紋の駅

車旅日記2004年5月4日 2004・5・4 7:59 藤田観光ワシントンホテル1011号

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その1-葛飾金町、羽田空港、佐賀空港、佐賀駅、神埼駅、鳥栖駅、筑前内野駅

車旅日記2004年8月11日 2004・8・11 4:42 東京葛飾金町 2度の安らかな

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その1-宇野駅、児島駅、下津井港、倉敷駅、総社駅、備中高梁駅、新見駅

車旅日記2004年11月21日 2004・11・21 8:57 宇野駅 海峡の町に清々し

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その2-月田駅、津山駅、智頭駅、餘部駅、鎧駅、レイセニット城崎

車旅日記2004年11月21日 2004・11・21 15:05 月田駅(11月20日の京

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】番外編(京都で過ごす日)-四条大宮駅、嵯峨駅前駅、嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅、阪急嵐山駅、京都駅

車旅日記番外編2004年11月23日 2004・11・23 嵯峨嵐山(さがあらしやま)駅(

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その2-田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 17:05 田原坂古戦場跡(8月11日の

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】2日目(別府-阿蘇-宮崎)走行距離337㎞その1-別府日名子、大分駅、菅尾駅、三重町駅、豊後竹田駅、阿蘇駅

車旅日記2004年8月12日 2004・8・12 8:27 別府日名子 別府は素敵な街だ

記事を読む

「車旅日記」2004年誕生月 【沖縄ひとり旅】最終日-ひめゆりの塔、具志川城址、喜屋武岬、那覇空港

車旅日記2004年2月15日 2004・2・15 10:05 ひめゆりの塔 前日の那覇空港

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】2日目(別府-阿蘇-宮崎)走行距離337㎞その2-高森駅、高千穂駅、延岡駅、日向市駅、佐土原駅、アーバンキット宮崎

車旅日記2004年8月12日 14:04 高森駅(8月11日の佐賀空港より403㎞) メ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、上ノ国もんじゅ、瀬棚町、いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日 2003・8・13 10:30

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶

→もっと見る

    PAGE TOP ↑