*

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-京都-奈良-高田-和歌山)その1-浜松、豊橋、大垣、京都、六地蔵、城陽、京終、帯解、天理、桜井(東海道本線/奈良線/桜井線)

公開日: : 旅話 2008年

鉄旅日記2008年7月19日
2008・7・18 23:12 東京駅を出て
残した仕事はない。
GHC王者の森嶋猛が、元タッグパートナー力皇猛を下してV2を果たした試合をリアルタイムで見て、部屋を出てきた。

旅立ちに伴う不安はいつものとおり。
ビールと西郷さんの言葉で冷静さを取り戻す。

今夜の夜行は満席になるらしい。
隣にはトレパン姿の巨大な男が座っていて、間断なく枝豆を口に運び、たまにため息をつく。

いい夜とは言えないが、きれいな月が出ている。
彼女にそう伝えたよ。

2008・7・19 3:18 浜松(はままつ)駅(東海道新幹線/東海道本線 静岡県)
長らくの停車。
貨物列車の通過音を聞いている。

今夜は列島のどこからでもあの美しい月が見えそうだ。

あの美しさをケータイのカメラで収めようなどと、馬鹿な望みだ。

だからあの月を覚えていよう。

4:34 豊橋(とよはし)駅(東海道新幹線/東海道本線/飯田線/名鉄本線 愛知県)
3度目になる豊橋の朝。

今日はよく晴れる。

隣の男は悪い人間じゃなさそうだが、むさ苦しい。
その男も発生源のひとつだが、時折品のない欠伸の音が聞こえてくる。

焼きそば、お好み焼き、たこ焼きをはさんだお祭りサンドが美味い。

出発の頃には夜もだいぶ明けるだろう。

6:55 大垣(おおがき)駅(東海道本線/美濃赤坂支線/樽見鉄道/養老鉄道 岐阜県)
夜行列車は無事に終着駅に着いた。

豊橋からはよく眠れる。
いつものことだ。

夜行で大垣まで。
これから何度同じスタートを切ることになるだろう。

大鉄道基地を後にして西へ、南へ。

不安はすでに消えている。

8:57 京都(きょうと)駅(東海道新幹線/東海道本線/山陰本線/湖西線/奈良線/近鉄京都線 京都府
米原で乗り換えて、また眠りに落ちる。
この区間も快眠区間と言える。

関西人とは相性がいい。
だから安心できる。

大垣から2時間。
近江の景色は素晴らしく、瀬田、石山、膳所、山科。
いつかまた近い関係性を持つだろう。

女性が美しい。
かつて恋に落ちた、あの恋人は今どこにいるのだろう。

9:41 六地蔵(ろくじぞう)駅(奈良線 京都府)
京都と奈良。

古都を結ぶ奈良線は単線。
20分に1本くらいの割合で走っている。

ここは宇治市。
駅名町名の由来はどこにも書かれていない。

駅前は寂しく、地下鉄が走っていることが信じがたいような風情だが、イトーヨーカ堂と共存するように、古い商店街が通りの先に見えた。

しばらく都会とはお別れだ。
そんな町に降りたから、蝉の声に気づく。

東京じゃ聞かない種族の声だ。

10:11 城陽(じょうよう)駅(奈良線 京都府)
湿気は感じない。
懐かしい夏の暑さ。

東京都心や普段暮らす下町にも、もう2度と訪れることはない清々しい夏。

駅前に商店はなく、閑散としたロータリーに白い校庭が広がる学校。
近くには古墳群や、夜叉婆さん伝説の地があると書かれている。

奈良へ向かう一本の電車道は素朴な風景の中に敷かれている。

目が合った外国人と笑顔の交換。

階段を掃いていたオジサンが声をかけてくれる。

この青空を覚えていたい。

11:03 京終(きょうばて)駅(桜井線 奈良県)
木津川を渡り木津、そして奈良。

完成はまだだったが、奈良駅は着々と姿を変えつつある。

桜井線に乗り換えてひと駅。
その名から、降りることを楽しみにしていた京終駅は、廃れた無人駅だった。

都の果ての風景に、切り裂くような虫の声。

あれはやっぱり蝉なのだろう。
盛大に鳴く前の音合わせのようだ。

背後から聞こえる声は、幼い女の子とおばあちゃん。

振り向くと、京終という町に相応しい風景があった。

暑いな。
でも東京のような不快さはない。

こうして座っていると、心地いい風が足元を通り過ぎていく。

11:41 帯解(おびとけ)駅(桜井線 奈良県)
蝉の声に心地いい風。

この暑さなら我慢できる。
そして都会の暑さの異常さを思う。

関西は人情も言葉もいい。
滑らかで耳に優しい老婦人の会話に耳を傾ける。

「豊饒の海」に登場する帯解。
最終章の情景にも現れる町。

帯解寺に行ってみた。
天皇家と関係を持つことは分かった。

外国人をよく見かける。
日本人として、その事実を喜ぶ。
東京も彼等にはエキサイティングだろうが、誇れるのはこっちだ。

帯解もまた無人駅。

12:23 天理(てんり)駅(桜井線/近鉄天理線 奈良県)
「ようこそおかえり天理へ」。
そんな看板が迎える街。

駅前には天理教団の気配はなく、地図を見ると多くの古墳群を有していることを知る。
天理教の教義とはどのようなものだろう。

広大なロータリーに目を奪われるが、脇には天理本通という長いアーケード街があり、歴史を教えてくれる。
駅の背後にある田井庄池も素晴らしい。

どことなく奈良の街に似ていた。

残念だが、今年の夏の甲子園に強豪天理高校の姿はない。

13:39 桜井(さくらい)駅(桜井線/近鉄大阪線 奈良県)
天理と同じく、JRと近鉄線が乗り入れる桜井。

遠い昔に何事かがあった街。
かつての支配者が造った一帯。

当時の人口はとても少ない。
そんな時代に人々が集まった一帯。

現在その地域の商店街は廃れ、ボーリング場はかろうじて営業しているようだが、まるで廃墟のようだ。

駅前雑居ビルの窓に貼られた入居募集の貼り紙は傾き、入るアテをしばらく持ちそうにない。

昼食をとるのに苦労はしなかった。
喫茶店のご夫婦の気遣いは素晴らしく、正しい盛りつけの三輪ソーメンにビール。

懐かしい気持ちにさせてくれる小路で足を止める。

「国の始まりは大和の国」。
かつて聞いた車寅次郎の売り口上。

その国で夏を想う。

本屋に寄る。
美しい女性を見て、桜井の印象をあらためる。
この国の女性にはいつまでも美しくあってほしい。

関連記事

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-甲浦-徳島-善通寺)その1-徳島、中田、旧小松島駅、南小松島、阿南、牟岐、海部、甲浦(牟岐線/安佐海岸鉄道)

鉄旅日記2008年5月5日 2008・5・5 7:41 徳島(とくしま)駅(高徳本線/徳島

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09 東京(とうきょう)駅(東海道

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-甲浦-徳島-善通寺)その2-海部、桑野、阿南、穴吹、佃、琴平、善通寺(牟岐線/徳島本線/土讃本線)

鉄旅日記2008年5月5日 13:16 海部(かいふ)駅(牟岐線/安佐海岸鉄道 徳島県)に

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-西御坊-松阪)その1-和歌山市、和歌山、海南、西御坊、御坊、紀伊田辺、白浜(紀勢本線/紀州鉄道)

鉄旅日記2008年7月20日 2008・7・20 7:51 和歌山市(わかやまし)駅(紀勢

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】3日目(柳井-岡山-高松-鳴門-徳島)-柳井、大畠、西条、岡山、高松、高松築港、オレンジタウン、引田、池谷、鳴門、徳島(山陽本線/瀬戸大橋線/高徳本線/鳴門線)

鉄旅日記2008年5月4日 2008・5・4 8:55 柳井(やない)駅(山陽本線 山口県

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにしかなざわ)駅(北陸鉄道石川線 

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】2日目(出雲-仙崎-下関-柳井)-出雲市、大田市、益田、長門市、仙崎、阿川、小串、幡生、防府、柳井(山陰本線/仙崎支線/山陽本線)

鉄旅日記2008年5月3日 2008・5・3 8:10 出雲市(いずもし)駅(山陰本線 島

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-西御坊-松阪)その2-串本、新宮、尾鷲、紀伊長島、三瀬谷、多気、松阪(紀勢本線)

鉄旅日記2008年7月20日 14:37 串本(くしもと)駅(紀勢本線 和歌山県) 本州

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 羽咋(はくい)駅(七尾線 石川

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】最終日(善通寺-多度津-岡山-東京)-善通寺、多度津、丸亀、坂出、岡山、京都、野洲、東京葛飾(土讃本線/予讃本線/瀬戸大橋線/山陽本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年5月6日 2008・5・6 6:16 善通寺(ぜんつうじ)駅(土讃本線 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海S

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

鉄旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1

→もっと見る

    PAGE TOP ↑