*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その3-常陸太田、東海、大甕、南中郷、石岡(水郡線常陸太田支線/常磐線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月10日・・・常陸太田駅、東海駅、大甕駅、南中郷駅、石岡駅(水郡線常陸太田支線/常磐線)
16:05 常陸太田(ひたちおおた)駅(水郡線常陸太田支線 茨城県)
定刻より5分遅れの発車。

途中の河合駅で見送りの光景に出会う。
見送り人は母親。
あの家族が次に会うのはいつだろう。

常陸の終着駅は入口の向きが変わっていた。

この駅に寄るのは3度目になる。

わずか5分の滞在で目にしたものは、ほぼ記憶しているものだった。

17:19 東海(とうかい)駅(常磐線 茨城県)
原発の町。
もちろんそれだけじゃない。

原発に対しては様々な意見があるだろう。
オレは確固たる意見を持ちえずにいる。
ただ、原発に携わる従事者をリスペクトしている。

福島の原発事故に関して言えば、あの震災はやはり想定外だったのだろう。

それも分かる。
社会に出て働いていれば誰にでも分かる。
そして事あらば相応の責任をとらなきゃならないことも知っている。

職種によって責任のスケールは違う。
それもみんな分かっているんだよ。

駅前を写してビールを買う。
常夜灯が置かれたホームに何事かを感じて通り過ぎた朝からは、9時間ほどが経過している。


酒ばかり飲んでいて、まさに「Drinkin’ Fool」な状態だが、頭は冴えている。
おそらく人様には迷惑をかけていない。

恋人からの連絡を待っている。

17:53 大甕(おおみか)駅(常磐線 茨城県)
常陸太田からは水郡線の他にもうひとつの鉄道が伸びていた。
常陸太田駅から程ない距離にあった常北太田駅を始発とする日立電鉄線。

この駅で常磐線と交わり、そのまま常磐線に並行するように走り、現在の日立駅の3㎞ほど手前あたりで終点を迎えていた。

その鉄路が廃止されて10年以上の歳月が流れている。
廃線当時は2005年。
さっきからオレを微笑ませてくれたあの若者たちは、もう覚えていないだろう。

オレも鉄道旅を始める前で、その存在と廃線の事実は茨城県民だった会社の先輩から教えられて初めて知った。

いわきに向かった初めての常磐旅の頃、大甕駅には廃止された日立電鉄線のホームも線路もそのまま残されていた。
その後は通るたびに改装が進む様を目にしてきて、そして今日に至りかつての面影は完全に消えていた。

何を思うわけでもなく新しい駅を出て、しばらく歩くとコンビニを見つけた。


常磐線駅は期待を裏切らない。
コンビニがあれば、そりゃビールを買うさ。
そしてまたいわき方面に向かっている。

恋人から便りが届いた。

18:34 南中郷(みなみなかごう)駅(常磐線 茨城県)
高萩を過ぎてひと駅目。
この駅に降りれば、上野からいわきまでのすべての駅に降りたことになる。

だからアホらしくもこうして再び朝来た道をたどってきた。

真っ暗な駅前に降り立って、納得している自分を感じた。

オレと一緒に数名の学生が降りて、散っていった。

納得したのは、日が暮れたからだよ。
今日もいろいろな駅に降りてきた。

降りた駅駅で酒を売る店が健在だったことに感謝している。

20:16 石岡(いしおか)駅(常磐線 茨城県)
特急発車待ち7分の停車。

かつてのクリスマスイブに降りた街。

鉾田から鹿島鉄道に乗って降りたんだ。

その鹿島鉄道はもはやない。

当時も今と同じ金町で暮らしていた。
少しだけ長い旅をして、また同じ町に戻ってきたようなものだ。

オレにも語れるだけの歴史がある。
そんなふうに思っておこう。

あの日に歓楽街はくまなく歩いた。
駅は坂下にある。

今夜の街明かりは想像より暗かった。
駅舎に描かれた筑波山が美しい。

春のセンバツに石岡一高が出場するという。

「関東を制するものは全国を制する」。
オレが高校時代に属した剣道をはじめ、様々な競技でこの言葉は今も口にされていることだろう。

そんな激戦区を勝ち抜いたんだ。
応援するよ。

関連記事

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

車旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】5日目(宇和島-観音寺)-宇和島、卯之町、八幡浜、千丈、伊予大洲、伊予市、松山、伊予北条、今治、伊予小松、伊予西条、新居浜、関川、伊予土居、箕浦、観音寺(予讃本線)

鉄旅日記2009年5月5日・・・宇和島駅、卯之町駅、八幡浜駅、千丈駅、伊予大洲駅、伊予市駅、松山駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その4‐小柳、筒井、八戸、盛岡、北上(青い森鉄道/東北・北海道新幹線/東北本線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・小柳駅、筒井駅、八戸駅、盛岡駅、北上駅(青い森鉄道/東北・北海道新

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】4日目(宇部-東京町田)佐波川SA、宮島SA、久地PA、帝釈峡PA、美作追分PA、社PA、桂川PA、多賀SA、東郷PA、三方原PA、牧之原SA、駒門PA

車旅日記2000年8月15日~16日・・・佐波川SA、宮島SA、久地PA、帝釈峡PA、美作追分PA、

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

車旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレはまだ走っ

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 門司港行の鹿児島本線に乗る。 門司港レトロ

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】3日目(琴平-高知)-琴平、讃岐財田、阿波池田、大歩危、土佐山田、後免、後免町、安芸、奈半利、高知、桟橋通五丁目(土讃本線、土佐くろしお鉄道阿佐線、土佐電気鉄道桟橋線)

鉄旅日記2009年5月3日・・・琴平駅、讃岐財田駅、阿波池田駅、大歩危駅、土佐山田駅、後免駅、後免町

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

車旅日記2006年7月16日・・・津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテル

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その1-魚津、生地、黒部、電鉄黒部、泊、親不知、越中宮崎、糸魚川、能生、梶屋敷、浦本(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月23日その1・・・魚津駅、生地駅、黒部駅、電鉄黒部駅、泊駅、親不知駅、越中宮崎

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】2日目(天王寺-奈良)その1-南霞町、浜寺駅前、浜寺公園、羽衣、春木、和泉大宮、岸和田、和歌山市、和歌山港、堺(阪堺電気軌道/南海電鉄南海線)

鉄旅日記2007年2月11日・・・南霞町駅、浜寺駅前駅、浜寺公園駅、羽衣駅、春木駅、和泉大宮駅、岸和

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑