*

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年2月10日
16:14 梓橋(あずさばし)駅(大糸線 長野県)
乗り継いでいく時刻の関係上、ほんの少しだけ時間が余った。
松本から大糸線に乗る。

梓川は新島々の脇を流れていた。
その川に架かる橋が駅名の由来なのだろう。

厳寒の北信も今日はあたたかく、上州に吹くような空っ風を身に受けている。
この風はとても冷たい。

道祖神をはじめ、古い歴史遺跡へと誘う地図の他に駅前には何もなく、10分そこらの滞在で松本に戻る。
松本からは篠ノ井線で長野へ向かう。

乗り込んだ大糸線の乗車率はそこそこ。
北アルプスは、部外者のオレが誇りに思いたいほどの偉容を見せてくれている。

17:19 姨捨(おばすて)駅(篠ノ井線 長野県)
様々な人間関係に疲れた身に、雪の善光寺平はひたすらに美しかった。


かつて日本三大車窓風景のひとつと謳われたスイッチバック駅。
駅名にあるとおり、悲しい伝説を持つ地。

できることであるならば、もうつまらないことを思うのはやめにしよう。

長野行き篠ノ井線が混んでいる。
長野、松本の仲は良くないと聞いて育ってきたが、交流は活発のようだ。

数分の停車の後、姨捨から長野盆地に下ってきたけど、変わらず景色は美しい。

18:07 北長野(きたながの)駅(しなの鉄道 長野県)
長野から一駅。
2分の行き違い停車で改札の外へ。

新幹線高架下の駅で、改札の自動化はここにはまだ及んでいない。

すっかり暮れた信濃路。
家路に着く人々に逆らうように再び改札の中へ。

駅前の人の流れは多かった。

18:20 三才(さんさい)駅(しなの鉄道 長野県)
「三才おめでとう」とある。

その駅名から、3才の子どもを呼んでいるようだ。

真っ暗な中を外に出てみると、飲み屋の灯が点々と続き、その先には酒を売る店がある。

子どもを連れた父親が凍った道を覚束なげに歩む。
微笑ましく幸せな風景だが、痛みがある。

何の因果かと思うが、そうした因果が確かにあるのだろう。
そもそも無傷じゃない身の上だ。

あの酒屋には悪いが、酒はもういいよ。
上越へ行く。

21:33 米山ハートホテル303号
妙高高原の手前でスマホが警告音を発した。
電池切れ。

妙高高原駅の実直な駅員には、待合室内のコンセントの提供を断られた。
なかなかそうはいかないのだろう。

前例のないものは断る。
まあ、仕事じゃオレにもそうしたケースは少なくない。
打ち破れるものなら、打ち破りはするが。

大勢の外国人が降りて、迎えの車に乗っていった。
彼らは一様に陽気で、はしゃいでいた。

スキーをやらなくなってから、どれほど経つのか。
ウインタースポーツという文化が、オレの中ですっかり欠落していることを思い知った。

海水浴に行かなくなってから、夏がただ暑いだけの季節になったように、スキー場が遠い存在になってからは、冬もまたただ寒いだけの季節になってしまった。

そうした歴史と現在に一石を投じるために、あるいはこの旅は計画されたのかもしれない。

黒姫、二本木、新井、上越妙高、高田、春日山。

チェ・ゲバラの革命日記に身が入らず、長く退屈な時を過ごした。
スマホが使えなくなる不便さは、大切な旅をも、ある側面では無意味なものにすることも知った。

昔はこんなものなくてもよかったのに、何かがおかしくなってきている。

妙高高原は雪深く、天からは雨。

ここ直江津もいくぶんあたたかい雨。
歩道を通行できなくするほどの雪を降らした寒波は和らぎ、2月の上越にあたたかい雨が降る。

庇のついた家並に飲み屋やBARの灯が点っていた。
曇りガラスに顔を寄せると、かすかに楽しげな声が聞こえる。

この夜の町並を画像に残せないことに後悔がある。

関連記事

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を通過して塩尻峠を下りていく。

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレは

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

鉄旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそ

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日 11:12 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

鉄旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ、いつの間にか日本海とさよなら

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45 東京 ルートは決まった。

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

鉄旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 9:47 八色(やいろ)駅(上越線 新潟県)にて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その3-金島、中之条、川原湯温泉、大前、羽根尾、高崎問屋町(吾妻線)

鉄旅日記2018年2月11日 15:43 金島(かなしま)駅

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 9:47 八色(やいろ)駅(上

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 2018・2・11 6:25

→もっと見る

    PAGE TOP ↑