*

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】最終日(鳴子温泉-郡山-東京)-鳴子サンハイツ、川渡温泉駅、槻木駅、道の駅安達、郡山文化センター前、那須公営パーキング、黒磯PA、佐野SA、大井PA、東京町田

公開日: : 旅話, 旅話 1998年

車旅日記1998年5月4日
1998・5・4 8:47 鳴子サンハイツ
連休中初めての日差しだ。
部屋が明るくなった時、表情をほころばせた。

3年前に帰りの道で太陽に感謝したことを思い出す。

旅に理由はない。
ただ東京を離れてみたかった。

旅の形はどうあれ、オレのこの4日間は浮世離れしている。
それでいい。
日常を否定はできないけれど、あまりにも変化がなさすぎる。

また旅に出るのか?と問われれば、そうだと答えるだろう。

でも今回からは気持ちの上で変化が生じてきている。
できれば、もうひとりでは行きたくない。
ここ鳴子でも家族連れを意識しないわけにはいかなかった。

きっと、あれがあるべき姿なのだろう。
彼等が皆幸せに見えたよ。

さあ旅も終わりだ。
これから東京に帰る。

郡山で友と再会できる確率はよくて50対50だろう。
元々計画性のない旅だ。
風の吹くまま気の向くまま。

車寅次郎も旅の途中に切なさを感じたことがある。
だから会えなくてもあまりがっかりしないようにする。

残念なのが鳴子駅前のポストに用がないことだ。

でもいいさ。
手紙はまた違った関係になってからでいい。

彼女には、東京に帰ってからあまり日を置かずにもう一度想いを伝えるつもりでいる。
もう一度。

9:37 川渡温泉駅 1546㎞
鳴子でのんびりしすぎて、気持ちはまだ旅に戻っていなかった。

その感覚を取り戻したくてここに寄り、缶コーヒーと煙草。

誰もいないホームから見える山並がとても美しい。

まだこれからだ。
家に着く時間なんて、どうでもいい。

12:15 槻木駅 1640㎞
予想していなかったほどに空はよく晴れている。
東京はどうだろう。

晴れた時、空はどれくらい青い。

とにかく快調。
きっと天気の影響もあるのだろう。

旅は晴天が基本。
本当に晴れてよかった。

14:38 4号国道‐安達(道の駅) 1715㎞
友との再会が決まった。

やっぱりうれしい。
とてもうれしいよ。
ここまでも快調にきている。

音楽は斉藤由貴にプリンセスプリンセス。
思い出に浸って歌いながらきた。

オレたちの世代はみんな素晴らしいことを歌っている。
あらためて感動している。

そしてこれからも感動が待っている。

15:39 郡山文化センター前 1746㎞
友を待っている。
素敵な心境だ。

通りに人の姿はあまりなく、穏やかに時が過ぎている。

晴れた日に車を走らせながら懐かしい歌を聞いていると、何やら込みあげる。
さっきもここに来る途中に「パパ」で声を詰まらせた。

あの楽曲がオレの人生を彩った時期があったのだろう。
そして当時一緒にあの歌を聞いていたような人々はみんなどこかへ行ってしまった。
仲間も、そして愛した女性も。

さあ、じきに友は来るだろう。
彼は11年にわたってオレの中に存在し続けてくれている大切な友人なんだ。

18:57 4号国道‐那須公営パーキング 1795㎞
友と別れてしばらく経った。
そして蛙の声が聞こえる路傍に車を止めている。

友に変わりはなかった。
少し老けたようだが、オレも人のことは言えまい。

気の遣い方や優しさは本当に相変わらずで、彼のような年上の友人を持てたことを心から喜んだ。

彼が言っていたことだが、オレたちが出会って丸11年になる。
そしてこれからその月日はひたすらに更新されていくことになる。
素晴らしいことだと思わないか。
また会おう。

気づいたことがあれば途中でまた書き足していくつもりでいる。
東京に帰ったら手紙を書くよ。

21:26 東北自動車道-黒磯PA 1829㎞
さすがのオレもここまでは計算できなかった。
上も下も道路状況は最悪なんだ。

渋滞にはまっている間にストーンズのサンディエゴ公演は終わってしまった。
最後のあたりは軽快だったけど、ストーンズはやっぱり走っている時に聞くのが最高だ。

いずれにしろ最後になってこういう騒ぎに巻き込まれると旅への感傷もへったくれもない。
できればこのハイウェイを知らずにいたかった。

だからこれから少し休む。
路上の生活は続いている。

22:44 東北自動車道-黒磯PA
彼女を想っているうちに少し眠ることができた。
渋滞のラインは少し前に進んだだけで、さしたる変化は見られない。

23:11 東北自動車道-黒磯PA
出発しよう。
これ以上眠ったら頭が痛くなりそうだ。

25:28 東北自動車道-佐野SA 1917㎞
渋滞は終わったよ。
イライラせずに済んだのは何のおかげだったのだろう。
オレにも少しは人間的なゆとりができたのかもしれない。

路上で生活しているといろいろ起こる。
周りはみんなタフだ。
どこに力をためていたのだろう。

いずれにしても、みんな多かれ少なかれ我慢しながら生きている。
オレに限った話じゃない。

残りの道中もこのままストーンズでいくよ。

歌っていくんだよ。
バラードになれば恋しい彼女を想うのさ。

26:53 首都高速湾岸線-大井PA 2018㎞
タフなレースだった。
それも葛西までかと思っていた。

そこまでくれば千葉や習志野のナンバーをつけた連中とはおさらばできる。
でも案に相違してレースはまだ続いている。

なんてスピードを出しやがるんだ。
このエリアにもとてつもないスピードで入ってきやがる。
事故も多発しているのにどうしようもない連中だ。

この旅もあと少し。
東京はどこを走っても思い出だらけだけど、この湾岸にもオレの絡んだいろんな話が落ちている。

一番最近のロマンスはこの場所から始まった。
それにしても4年前の話だが。

これから横浜を通って帰る。
音楽は相変わらずストーンズ。

もうじきとっておきの楽曲が流れる。
その時は恋しい彼女を思い出そう。

そういう旅だった。
自分探しなんて、オレが使うべき言葉じゃない。

そう、恋しい彼女を思い出そう。
やがて家にも着くだろう。

28:35 東京町田 2071㎞
旅が終わった。
そして夜が明けている。

東京の空は今日もこんな具合で終わるのだろうか。

オレの旅は、正確には今飲んでいるビールを飲み干した時に終わる。

結局5月5日も巻き込んでのツアーになった。
そして、本当のツアーだった。

関連記事

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その3-佐和、友部、下館、騰波ノ江、下妻、石下(常磐線/水戸線/関東鉄道常総線)

鉄旅日記2018年4月25日 17:55 佐和(さわ)駅(常磐線 茨城県) 愛しきものの

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その3-駅前、赤岩口、井原、運動公園前、駅前大通、豊橋、岡崎、三河豊田、尾張瀬戸(豊橋鉄道市内線/東海道本線/愛知環状鉄道/名鉄瀬戸線)

鉄旅日記2018年9月15日 15:13 駅前(えきまえ)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その1-松戸、北松戸、馬橋、萬満寺、流山、近藤勇陣屋跡、小金城趾、幸谷、新松戸、北小金、南柏、北柏、我孫子(常磐線/流鉄流山線)

鉄旅日記2018年9月22日 2018・9・22 5:15 松戸(まつど)駅(常磐線/新京

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その2-阿字ヶ浦、那珂湊、勝田、大津港、日立、常陸多賀(ひたちなか海浜鉄道湊線/常磐線)

鉄旅日記2018年4月25日 13:17 阿字ヶ浦(あじがうら)駅(ひたちなか海浜鉄道湊

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その2-猪苗代、磐梯町、安子ヶ島、磐梯熱海、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2018年4月1日 12:28 猪苗代(いなわしろ)駅(磐越西線 福島県) 黒磯

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯田(いいだ)駅(飯田線 長野県

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その2-湖北、下総松崎、成田、香取、延方、北浦、佐原、大戸(我孫子支線/成田線/鹿島線)

鉄旅日記2018年9月22日 8:55 湖北(こほく)駅(成田線我孫子支線 千葉県) 成

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】3日目(田沢湖近辺-男鹿半島-鳴子)-和田駅、入道崎、八望台、男鹿駅、道川駅、矢島駅、鳴子サンハイツ

車旅日記1997年8月15日 1997・8・15 9:04 和田駅 855㎞ 友と19時

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】2日目(岩手山SA-大間崎-青森駅)-岩手山SA、折爪PA、三沢市ドライブイン三陸、東通村レストラン潮騒、田名部駅、大間崎公営パーキング、大湊駅、陸奥横浜駅、青森駅

車旅日記1998年5月2日 1998・5・2 7:43 東北自動車道-岩手山SA 昨夜の

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その3-河曲、富田浜、河原田、津(関西本線/伊勢鉄道)

鉄旅日記2018年12月22日 18:12 河曲(かわの)駅

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その2-西藤原、あすなろう四日市、内部、日永、西日野、泊、南四日市(三岐鉄道三岐線/四日市あすなろう鉄道内部線/四日市あすなろう鉄道八王子線)

鉄旅日記2018年12月22日 15:08 西藤原(にしふじ

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その1-金町、西桑名、楚原、阿下喜、麻生田、丹生川(常磐線/三岐鉄道北勢線/三岐鉄道三岐線)

鉄旅日記2018年12月22日 2018・12・22 4:3

2018年師走【SNSへの投稿より】今年も暮れゆく東京。そんな3篇でございます。

【2018・12・5 Facebookへの投稿より】 今年も

2018年霜月~師走【SNSへの投稿より】まぶしい草野球、東京晩秋昼下がり、大衆ステーキ、角打ち。そのような記事でございます。

【2018・11・11 Facebookへの投稿より】 今週

→もっと見る

    PAGE TOP ↑