*

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その1‐金町、北千住、上野、高崎(常磐線/高崎線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年12月7日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、高崎駅(常磐線/高崎線)
2019・12・7 4:30 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都)
3:30に目覚めると、酔っ払いの歌声が通りから聞こえる。
そんな町で暮らして2度目の師走。

一日中開いてる駅前食堂では2軒が10人前後の客を集め、残る1軒は退屈している。

駅で話す男達の声は大きく、ホームには少なくない人々が一番列車を待っている。

ことごとくが成人しか見当たらない大人の世界。
この世には、実はそんな世界がある。

4:44 北千住(きたせんじゅ)駅(常磐線/東武伊勢崎線/東京メトロ千代田線/東京メトロ日比谷線/つくばエクスプレス 東京都)
松戸発の一番列車は北千住行。
乗り換え時間は3分。
大人達は古びた地下構内を通り、地上に出る。

上野行の常磐線快速の始発はすぐにやってきた。
大人達は階段を急いで上がっていく。
オレの足どりは重かった。

初老の男たちは誰もが黒っぽく、風景を重たく見せている。
オレもたいして年は違わないが、今日はそんな身なりじゃなくてよかったと思い、列車はすでに日暮里を過ぎた。

5:08 上野(うえの)駅(東北・北海道新幹線/上越新幹線/北陸新幹線/東北本線/山手線/京浜東北・根岸線/高崎線/常磐線/上野東京ライン/東京メトロ銀座線/東京メトロ日比谷線 東京都)
上野に着いて、街に下りていく人はわずかで、東へ北へそれぞれの行先へ向かう列車が出るホームを探す。

入谷口から上野駅前を眺める。
気温は7度。
街へ下りていく二人の男の背中が見える。

高崎行の一番列車は5:13発。
ボックス席を得て、買い置きのウイスキーハイボールを開ける。

鴬谷を過ぎると辺りは一層暗くなり、次に視線を上げると長大な操車場に差し掛かる。

たいした説明はつけられないが、過ぎ去った時代への郷愁と松本清張の小説を思い出す。
尾久駅での乗降は少ない。

赤羽に着いた。
車内が少しざわついた。
荒川の輪郭は見えなかった。

人物の特定はできないが懐かしく思う人々をぼんやりと思う。
均等にとはいかないが、それぞれ大切に思っていた人々。
あるいは年に一度の年賀状の交換だけとはいえ、努めて交わりを絶やさないでおこうと思っていた人々。

でも今年もリストから外れていく人がいる。
出会った頃は帰る家といえば、親元かそれぞれにひとり暮らす部屋だったのが、今じゃそれぞれに家族を持ち、帰る場所や人生のキャリアを重ねてきた人々。

やがてオレを忘れ、オレもたいした感慨もなく忘れていく。
年を重ねるとより無常を思う。

暮れになると、懐かしい人がひょっこり顔を出したりしますよ。

かつて恋い焦がれていた新橋のママに、オレはそんなことを言っていた。
あの店から常連だったオレの姿が消えて10年になる。

つらつらと記していたら列車は上尾を過ぎて、はす向かいには分厚い本に目を落とす好青年が座っている。

7:02 高崎(たかさき)駅(上越新幹線/北陸新幹線/信越本線/高崎線/両毛線/八高線/上越線/吾妻線/上信電鉄 群馬県)
夜明け前。
籠原ではまだ暗く、眠りに落ちる。

目覚めると神保原を過ぎていた。
箱根駅伝の常連となった上武大学の看板を過ぎるとやがて大河を渡る。

町が続く高崎線の車窓から関東平野を感じられないが、山の気配が漂うあのあたりでようやく旅情が現れる。

高崎に着く。
冷気を浴びる。
人々はめいめいに首元に注意を払う。

NEWDAYSでウイスキーハイボールと食料品を仕入れ両毛線ホームへ。

乗り換え時間7分。
新前橋で水上行を待つ。

関連記事

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その1-金町、上野、鹿沼、日光、東武日光、宇都宮、野崎(常磐線/東北本線/日光線)

鉄旅日記2018年4月1日・・・金町駅、上野駅、鹿沼駅、日光駅、東武日光駅、宇都宮駅、野崎駅(常磐線

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、黒磯駅(常磐線/東北本線) 2

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】2日目(越前大野-福井-米原-名古屋-松本)その2-平田、松本、食蔵BASARA(篠ノ井線)

鉄旅日記2018年10月7日・・・平田駅、松本駅(篠ノ井線) 16:43 平田(ひらた)駅(篠ノ井

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その1-市川塩浜、五井、上総牛久、馬立、上総鶴舞、里見(京葉線/外房線/小湊鉄道)

鉄旅日記2018年9月23日・・・市川塩浜駅、五井駅、上総牛久駅、馬立駅、上総鶴舞駅、里見駅(京葉線

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】2日目(新山口-大分)その2-香春、田川伊田、田川後藤寺、日田、豊後森、豊後中村、野矢、由布院、大分(日田彦山線/久大本線)

鉄旅日記2009年9月19日・・・香春駅、田川伊田駅、田川後藤寺駅、日田駅、豊後森駅、豊後中村駅、野

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その2-美濃太田、可児、姫、下切、南木曽、田立、勝沼ぶどう郷(太多線、中央本線)

鉄旅日記2012年8月26日その2・・・美濃太田駅、可児駅、姫駅、下切駅、南木曽駅、田立駅、勝沼ぶど

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】初日(東京-徳山)穂積、姫路、英賀保、金光、福山、天神川、徳山(東海道本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月10日・・・穂積駅、姫路駅、英賀保駅、金光駅、福山駅、天神川駅、徳山駅(東海道

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その1‐葛飾金町、幸手駅、古河駅、渡良瀬遊水地北エントランス、藤岡駅、佐野厄除け大師、足利駅

車旅日記2000年5月3日 2000・5・2 東京葛飾金町 前夜祭 旅に出る前夜。 これほどの

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その1-紋別港、サロマ湖三里浜オートキャンプ場、芭露駅跡、サロマ湖ワッカ原生花園、網走市鉄道記念館、網走監獄、網走駅、北浜駅、浜小清水駅

車旅日記2004年5月2日 2004・5・2 8:12 紋別港 いい朝だ。 身に受けている

記事を読む

2020年如月【水上温泉につかりにいったある週末の記憶をSNSへの投稿より振り返ります。】-土合、水上、後閑、沼田(上越線)

鉄旅日記2020年2月8日~9日・・・土合駅、水上駅、後閑駅、沼田駅(上越線) 水上に投宿する前に土

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑