*

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】2日目(津-松阪-伊勢奥津-鳥羽-神島)その3-神島にて・・・八代神社、神島灯台、監的哨、ニワの浜、神島山海荘あじさい

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年12月23日・・・八代神社、神島灯台、監的哨、ニワの浜、神島山海荘あじさい
14:32 神島上陸~



14:45 八代神社石段下
うろこ雲の下で、神島で暖かな日差しを浴びている。

島に着いてからくせの強い関西弁を聞き、見かける大人はお年寄りばかりで子供は元気だ。

三島由紀夫「潮騒」の舞台で、映画化もされている。
オレも若かりし頃に小説を手にしている。

あの小説に接した誰もが口にする忘れがたい場面がある。
さっき定期船の中で触れた「その火を飛び越してこい」。

伊良湖を望んで、八代神社の石段下のベンチに腰かけている。


オレとこの島は縁が深いと伊勢の鑑定師が告げた。
信じよう。
何か疼くものを感じている。

15:08 神島灯台
八代神社の石段を上るのは骨が折れた。
神に会いにいく行為には困難が伴う。

起伏の激しい道を歩き500メートル。

恋人の聖地を謳う場所から美しい難所、伊良湖水道を望む。
伊良湖は鳴門、音戸と並ぶ日本三関門とのこと。


この灯台も小説によく登場する。
ここに灯台長の住まいがあり、ひとり娘の千代子は主人公の新治に想いを寄せている。

東京から一時帰郷した千代子は、新治と初江の逢瀬を目撃してしまい、悪意なく噂の元になり、二人を窮地に陥れてしまう。

「わたし、そんなに醜い?」と新治に尋ねる。
質問の背景を知らない新治はからからと答える。
「なあに、美しいがな」

千代子は救われ、心に幸福が灯った。

15:24 監的哨
旧陸軍の遺構は小説のクライマックスに現れる。
件の新治と初江による「その火を飛び越してこい」の舞台。

灯台もそうだが、人気のない寂しい高台の丘にある。
空気が澄んだ日には富士山も見えるという。

たどってきた道を振り返れば激しく切り立った崖。
あの山の中を歩いてきたのか。



恋人も歩く険しい道。
神にしてもそうだが、何かに行きつくには避けられない定めのように道がある。

ただ、どんなに険しくともそこに通じる道はある。
そんなことを思う道だった。

島に上陸してから1時間が経つ。

15:37 ニワの浜
カルスト地形が見られる狭い浜辺に出た。

今年も様々な場所で海を見てきたが、打ち寄せる波を間近にしたことはなかった。

強烈な磯の香りと生命力を感じている。




導かれるようにこの島にやってきて、幸福を思い、感じている。

そして、まだ見ぬ彼女に会いたいと心から願う。

20:48 神島山海荘あじさい
16:30には宿に着いていた。
夕食にはほんの少しだけ奮発した刺し盛が置かれた。

部屋からは港が見下ろせる。
夕景へと変わりゆく様を飽きずに眺めていた。

島全体が灯明山という山地で、周囲は約4km。
集落は港を中心に狭いエリアに集まっている。

港に接する道の他に平地はなく、島民は日々狭い路地を行き来している。

車は滅多に走らず、また車が活躍できる場所もなく、島で暮らすわずかな子供たちは、港近くでもはや家族と言ってもいい島民に見守られながら遊んでいる。

港に船が着けば、誰か懐かしい顔はないかと走りよる島民。
とても港湾関係者とは思えないお年を召した奥さんまでが船の着岸に手を貸していた。

過疎化が進む島で子供たちは中学校まであの起伏に富んだ道を通い、高校からは島外に通わなければならない。


それはよほどに大きな島でない限り避けられない事情であるだろう。
島の子供たちの足腰は頑健だと、この宿のおかみさんが教えてくれた。

今夜は今年最後の満月。
雲が多く出ていた空に望みはかけなかったが、「月が出てますよ」と声をかけられ階段脇の窓辺に行けば、確かに雲間から覗いている。

しばらく眺めていたら、奇跡を見るかのように満月は縦横に動き、雲間を脱してからはまるで歌舞伎役者が大見得を切るように一層の輝きを放った。

月が動く、、、少なくともオレの目にはそう見えた。
そして月と離れた雲は龍となり、さらに奇跡は増した。

急いでスマホをとりに部屋に戻り、そして彼女に送った。
今夜の奇跡はおそらく神島にいたオレにしか認識されず、この奇跡が彼女にも伝わればと思う。

これからのオレの人生が輝かしいものになることを疑わない。

【Facebookへの投稿より】
伊勢から鳥羽へ出て、神島に渡りました。

三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台になりました伊勢湾に浮かぶ周囲4kmの小島でございます。

全島山地の島内を隈なく歩いて約2時間。
地の魚はやはり美味しゅうございました。

パワースポットとして、伊良湖水道を往く海人の信仰を集め、古くから知られたこの島で、今年一年を想い、ぐっすりと眠ったのでございます。

関連記事

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その1-掛川、掛川市役所前、西掛川、天竜二俣、西気賀、寸座、浜名湖佐久米、三ケ日、新所原(天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その1・・・掛川駅、掛川市役所前駅、西掛川駅、天竜二俣駅、西気賀駅、寸座

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.1【信濃、飛騨、そして能登島。帰りは北陸路。この国の美しさをあらためて感じました夏旅でございます。】最終日(小千谷-桐生-下妻-東京)道の駅おぢや、塩沢らーめんショップ、月夜野情報サービスセンター、旅の駅桐生、道の駅しもつま、柏市あけぼの2丁目、葛飾金町

車旅日記2000年7月23日 2000・7・23 2:09 17号国道‐おぢや(道の駅) 都合3

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その1-神島山海荘あじさい、神島漁港、菅島漁港、鳥羽城址(城山公園)、旧鳥羽小学校(鳥羽市営定期船)

鉄旅日記2018年12月24日・・・神島山海荘あじさい、神島漁港、菅島漁港、鳥羽城址(城山公園)、旧

記事を読む

「鉄旅日記」2011年秋【再びみちのくひとり旅】最終日(長井-東京)-長井、荒砥、赤湯、羽前千歳、作並、東照宮、槻木、角田、福島、飯坂温泉、本宮、宇都宮、雀宮(山形鉄道/仙山線/阿武隈急行/福島交通飯坂線/東北本線)

鉄旅日記2011年11月6日・・・長井駅、荒砥駅、赤湯駅、羽前千歳駅、作並駅、東照宮駅、槻木駅、角田

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その5‐奇跡の一本松、陸前高田、大船渡(大船渡線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・奇跡の一本松駅、陸前高田駅、大船渡駅(大船渡線) 18:20 奇跡

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その2-猪苗代、磐梯町、安子ヶ島、磐梯熱海、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2018年4月1日・・・猪苗代駅、磐梯町駅、安子ヶ島駅、磐梯熱海駅、郡山駅(磐越西線) 12

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】最終日(鷹ノ巣-東京)その3‐余目、三瀬、羽前水沢、間島(陸羽西線/羽越本線)

鉄旅日記2020年1月13日・・・余目駅、三瀬駅、羽前水沢駅、間島駅(陸羽西線/羽越本線) 14:0

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その1-アパホテル富山駅前、城川原駅、岩瀬浜駅、東富山駅、中滑川駅、滑川駅、魚津駅、石田駅、電鉄黒部駅、入善駅

車旅日記2005年4月30日・・・アパホテル富山駅前、城川原駅、岩瀬浜駅、東富山駅、中滑川駅、滑川駅

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】最終日(鳴子-米沢-東京)-鳴子サンハイツ、瀬見駅、羽前中山駅、萬世大路記念碑公園、栗子トンネル、松川駅、里白石駅、常陸大子駅、我孫子、東京町田

車旅日記1997年8月16日 1997・8・16 8:18 鳴子サンハイツ 拝啓 残暑お見舞い

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】2日目(岩手山SA-大間崎-青森駅)-岩手山SA、折爪PA、三沢市ドライブイン三陸、東通村レストラン潮騒、田名部駅、大間崎公営パーキング、大湊駅、陸奥横浜駅、青森駅

車旅日記1998年5月2日 1998・5・2 7:43 東北自動車道-岩手山SA 昨夜の強風が続

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑