*

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】最終日(安中-東京)その2-屋代、坂城、小諸、三岡、中込、羽黒下、松原湖(しなの鉄道/小海線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

車旅日記2019年2月10日・・・屋代駅、坂城駅、小諸駅、三岡駅、中込駅、羽黒下駅、松原湖駅(しなの鉄道/小海線)
10:34 屋代(やしろ)駅(しなの鉄道 長野県)
すっかり雪模様となった信濃路。

屋代駅から伸びる駅前通りは果てしなく思え、大きな町に着いたと思わせる。

酒屋を見つけて、駅へ戻る。

「更科日記」と呼ばれる銘菓を口にしていた少年時代には、この駅から松代を通り須坂へと向かう長野電鉄が運行していて、使われなくなったホームがまだ遺されている。

大屋でもポスターを見かけたが、「信州ブレイヴウォリアーズ」というプロバスケットボールチームが千曲を本拠にして活躍しているようだ。

やはりブラジル人だろうか。
サッカーのネイマール選手をくだけさせたような、笑顔の素敵な青年団を見かけた。

11:02 坂城(さかき)駅(しなの鉄道 長野県)
小諸方面に戻り、かつて降りたことのある戸倉を過ぎてひと駅。

戦国時代の豪雄、村上義清の居城葛尾城址がこの町を見下ろしている。
標高805メートルとのこと。

信濃人なら侵略者の武田信玄ではなく、村上義清にシンパシーを感じるべきか。

上田原でぶつかった両軍。
武田軍は宿老の板垣信方、甘利虎泰を失い、武田信玄本人も傷を負い後退。

砥石城攻防戦でも武田軍は、横田備中高松をはじめとして1,000名にも及ぶ戦死者を出す「砥石崩れ」と呼ばれる散々な敗北を喫する。

だが武田軍の策謀が徐々に村上義清を追い詰めていく。
上杉謙信を頼った彼の名は、川中島合戦の上杉軍の中に見られる。

駅前商店街の前面に聳える山が城址なのだろう。
空は明暗を繰り返しながら雪を降らすことを止めていない。

構内に石油タンクを連ねた貨物列車が止まっている。

しなの鉄道は貨物輸送がない中で、旅客を相手に健闘していると兄から聞いたが、唯一の例がある。
目の前には精製所がある。


つり革をせがむ幼児の姿に在りし日を思い出していた。

切ないわけではなく、子供の愛らしい姿が見られる車内空間を愛している。

11:57 小諸(こもろ)駅(小海線/しなの鉄道 長野県)
ひとつ手前の滋野からの車窓で、整然と並んだ家並を眺めては感嘆した。

変わらない駅前風景は心を癒し、2階レストランへと上がる階段は閉鎖されていた。
浅間山を写せる場所がなく、乗り換え10分でこの愛すべき街を離れる。

車寅次郎が恋をした街、小諸。
三田佳子さん演じるマドンナの女医さんは美しかった。

毎年暮れ近くに柴又帝釈天で行れる「寅さんサミット」。
参加資格を持つこの街に、そのポスターがまだ貼られていた。

12:08 三岡(みつおか)駅(小海線 長野県)
行き違い3分の停車。

踏切の設置されていない構内通路を渡り、下りホームにある駅舎を抜けて懐かしさを感じる信州の風景を写す。

浅間山も見えるけど、満足できる景観はここにはない。

列車は再び動き、佐久平が近づき高架線路になると、車窓に再び浅間山が現れた。

美しい姿をしている。

12:32 中込(なかごみ)駅(小海線 長野県)
行き違いと時間調整のため7分の停車。

浅間山がよく見えている。
名山と称される山とは、遠く離れているように見える地域からも、こうして慕われることが実感できる。

中込駅前は車であふれ、ちょっとした都会に着いたような気にさせる。

発車した車内からまた浅間山を写す。





次のカーブを曲がったら、もう見えなくなっていた。

12:50 羽黒下(はぐろした)駅(小海線 長野県)
行き違い4分の停車。

書き忘れたが、屋代、坂城ときて上田から先に雪の気配は消えていた。

佐久平、中込で乗客は減り、この駅でも3名が降りていく。

構内通路を通り下りホーム側にある駅舎を写す。

車窓にまた雪が現れた。

13:12 松原湖(まつばらこ)駅(小海線 長野県)にて

【Facebookへの投稿より】
上州安中の今朝は霜が下りておりました。

ですが、険しい面相をした妙義山に雪はなく、峠下は日差しに満ちておりました。

碓氷峠にも雪は見られず、軽井沢に上がりますと、一夜の内にうっすらと雪化粧が施され、北へ進むにつれて雪深くなっていったのでございます。

ほぼ100%信濃人の血を持つ身でございますが、血や誇りを注入するように、時にこうして信州信濃に足を踏み入れ、東京へと戻っていくのでございます。

関連記事

「鉄旅日記」2006年如月【房総半島から1週間。常磐線に乗って、下っていったのでございます。】その1-取手、土浦、勝田、阿字ヶ浦、那珂湊、日立、大津港(常磐線/茨城交通)

鉄旅日記2006年2月11日・・・取手駅、土浦駅、勝田駅、阿字ヶ浦駅、那珂湊駅、日立駅、大津港駅(常

記事を読む

「鉄旅日記」2007年新春【本格的に鉄旅が始まりまして、まずは冬の北陸を目指したのでございます。】初日(東京-高岡)-東京、岐阜、美濃太田、下呂、高山、角川、猪谷、富山、高岡(東海道新幹線/高山本線/北陸本線)

鉄旅日記2007年1月6日・・・東京駅、岐阜駅、美濃太田駅、下呂駅、高山駅、角川駅、猪谷駅、富山駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その1-紀伊田辺、箕島、和歌山、伊太祈曽、貴志(紀勢本線/和歌山電鐵貴志川線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・紀伊田辺駅、箕島駅、和歌山駅、伊太祈曽駅、貴志駅(紀勢本線/和歌山電

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅(山陰本線) 10:03

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日・・・安曇沓掛駅、信濃常盤駅、細野駅、海ノ口駅、信濃大町駅、信濃松川駅、安

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩夏【ふと誘われるように、上州へ向かう列車に乗ったのでございます。】-伊勢崎、桐生、西桐生、下仁田、上州富岡、高崎(高崎線/両毛線/上信電鉄)

鉄旅日記2006年9月2日・・・伊勢崎駅、桐生駅、西桐生駅、下仁田駅、上州富岡駅、高崎駅(高崎線/両

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その3‐新潟、村上、羽後本荘(信越本線/白新線/羽越本線)

鉄旅日記2019年12月7日・・・新潟駅、村上駅、羽後本荘駅(信越本線/白新線/羽越本線) 11:4

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その6‐上川口、養父、豊岡、香住(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・上川口駅、養父駅、豊岡駅、香住駅(山陰本線) 18:35&

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その2-西藤原、あすなろう四日市、内部、日永、西日野、泊、南四日市(三岐鉄道三岐線/四日市あすなろう鉄道内部線/四日市あすなろう鉄道八王子線)

鉄旅日記2018年12月22日・・・西藤原駅、あすなろう四日市駅、内部駅、日永駅、西日野駅、泊駅、南

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その1-市川塩浜、五井、上総牛久、馬立、上総鶴舞、里見(京葉線/外房線/小湊鉄道)

鉄旅日記2018年9月23日・・・市川塩浜駅、五井駅、上総牛久駅、馬立駅、上総鶴舞駅、里見駅(京葉線

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑