*

「鉄旅日記」2006年晩夏【ふと誘われるように、上州へ向かう列車に乗ったのでございます。】-伊勢崎、桐生、西桐生、下仁田、上州富岡、高崎(高崎線/両毛線/上信電鉄)

公開日: : 最終更新日:2023/04/27 旅話, 旅話 2006年

鉄旅日記2006年9月2日
空の色はよかったよ。

煙草を3本吸い終えると出かけた。
桐生、下仁田、富岡。

昨夜店を出たオレへ、笑顔で駈けてきた彼女。

オレの苦労もここまでか。
そんな予感を持って迎えた朝だったけど、少し飲みすぎていた。

富岡でも酔った。
読みかけの松本清張は置いておいて、その町に着くまで彼女と、京都の元恋人にメールを送った。
過去と現在が混在した時間に、間違いなく至福を感じていた。

わざわざ途中下車した街は、想像通りの文化都市で、東京からはとても遠い町だった。
もう20年も前に出会った旧友とも言える女性が、毎年この町から丁寧な年賀状を寄越してくれている。

「富岡製糸場を世界遺産へ」をスローガンにしている。
製糸場は、上信電鉄の上州富岡駅から徒歩約10分のところにある。
あたりには繁華街が形成されていて、人通りは多くはないが、味のある町並だった。

コロッケ屋では部活を終えた2人の少年が自転車を止めてぱくついている。
懐かしい風景だった。

駅前食堂でビールに冷やっこ、そしてハムエッグライス。
亭主は教育テレビをつけて宇宙の話に夢中だった。

歴史的ともいえる駅舎内では4名の高校生が時間をつぶしている。
改札の時間がやってきて切符を渡し、小高いホームへ。
映画に登場することはなかったが、おそらくこの町の祭に車寅次郎の姿があったこともあるだろう。

今日の旅は夏の旅と記録するけど、日の入りの時間はすでに夏のそれではなく、吹く風ももはや秋のものだった。
商店街では何やら懐かしい匂いが香った。

高崎に着くまでに正面にいた2人の愛らしい少女。
彼女たちは同じ格好で身を乗り出して、額面に貼られたポスターに記された問題に熱心に取り組んでいた。

伊勢崎では「駅そば」を。
町にとけこむ東南アジア人。

桐生駅で降りる。

2014年12月29日撮影

歩いてすぐのところにある洋風建築の終着駅、西桐生駅の広い待合室でひとり待つ女性。

2014年12月29日撮影

すぐ脇に建つ全国制覇の桐生第一高校。
桐生本町の長い商店街。
甲斐よしひろのLIVE告知ポスター。

下仁田駅は「関東の駅100選」にも数えられている味のある終着駅だった。
静かな町だったけど、いかした店もある。

東富岡駅あたりでは花火が打ち上がり、高崎では日露戦争の旅順攻略戦の際に、真っ先に高崎連隊が占領した高崎山という存在が頭に浮かぶ。
路上演奏者が奏でる音を聞きながら発泡酒を飲む男に、3人の少女。

上野までの長い車中。
桐生で購入した松本清張は、人間であることとはどれだけ醜いものであるかを、今日もまた様々な事件を元に検証していた。

ストーンズが流れている。
昨夜、当事者のすべてが酒に酔っていたが、確かに時代は動いた。
ダメでいるオレの時代も終わった。
すべて終わったんだよ。

関連記事

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】初日(東京-弘前)-福島、仙台、北山形、新庄、秋田、井川さくら、大館、弘前(東北本線/仙山線/奥羽本線)

鉄旅日記2016年8月10日 2016・8・10 10:35 福島(ふくしま)駅(東北・秋田山形新

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 2018・3・3 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京都)

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】2日目(越前大野-福井-米原-名古屋-松本)その2-平田、松本、食蔵BASARA(篠ノ井線)

鉄旅日記2018年10月7日・・・平田駅、松本駅(篠ノ井線) 16:43 平田(ひらた)駅(篠ノ井

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】最終日(人吉-天草-熊本空港)走行距離240㎞ その1-人吉駅、一勝地駅、球泉洞駅、佐敷駅、上田浦駅、千丁駅、有佐駅、不知火‐道の駅

車旅日記2005年2月13日 2005・2・13 9:01 人吉駅 町に濃い霧が立ち込めている。

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】2日目(別府-阿蘇-宮崎)走行距離337㎞その1-別府日名子、大分駅、菅尾駅、三重町駅、豊後竹田駅、阿蘇駅

車旅日記2004年8月12日 2004・8・12 8:27 別府日名子 別府は素敵な街だった。

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その2-高屋駅、鶴岡駅、鼠ヶ関駅、村上駅、坂町駅、新潟駅、新潟東急イン

車旅日記2005年7月17日 14:40 高屋駅(7月16日の長岡駅より513㎞) 駅を出て、最

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみくつかけ)駅(大糸線 長野県) 駅舎を

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その2-新開地、湊川、鈴蘭台、三木上の丸、三木城址、三木、粟生、神鉄三田、ウッディタウン中央、横山、有馬口、有馬温泉、鵯越(神戸電鉄有馬線/神戸電鉄粟生線/神戸電鉄三田線/神戸電鉄公園都市線)

鉄旅日記2017年8月13日 8:25 新開地(しんかいち)駅(阪神電鉄神戸高速線/阪急電鉄神戸高

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶 天気はあまり覚えていない。 背筋を伸

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】2日目・最終日-尾奈、新所原、豊橋、本長篠、鳥居、三河槇原、中部天竜、佐久間、大嵐、伊那小沢、天竜峡、松本(天竜浜名湖鉄道/東海道本線/飯田線/中央本線)

鉄旅日記2006年11月4日/11月5日 2006・11・5 東京葛飾金町 清々しい浜名湖畔から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、青春18きっぷで東海道を下っていったのでございます。】最終日その2-中津川、坂下、落合川、南木曽、十二兼、洗馬、塩尻(中央本線)

鉄旅日記2019年3月24日・・・中津川駅、坂下駅、落合川駅、南木曽駅

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、青春18きっぷで東海道を下っていったのでございます。】最終日その1-多治見、瑞浪、明智、岩村、極楽、恵那(中央本線/明知鉄道)

鉄旅日記2019年3月24日・・・多治見駅、瑞浪駅、明智駅、岩村駅、極

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、青春18きっぷで東海道を下っていったのでございます。】初日その4-古虎渓、釜戸、美乃坂本、多治見(中央本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・古虎渓駅、釜戸駅、美乃坂本駅、多治見

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、青春18きっぷで東海道を下っていったのでございます。】初日その3-笠寺、熱田、熱田神宮、神宮前、大江、名古屋東港、金山(東海道本線/名鉄常滑線/名鉄築港線/名鉄名古屋本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・ 笠寺駅、熱田駅、神宮前駅、大江駅、

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、青春18きっぷで東海道を下っていったのでございます。】初日その2-西小坂井、三河三谷、愛知御津、三河安城、共和(東海道本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・西小坂井駅、三河三谷駅、愛知御津駅、

→もっと見る

    PAGE TOP ↑