*

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その3‐小牛田、一ノ関、北上、柳原、江釣子(東北本線/北上線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年1月11日・・・小牛田駅、一ノ関駅、北上駅、柳原駅、江釣子駅(東北本線/北上線)
13:36 小牛田(こごた)駅(東北本線/石巻線/陸羽東線 宮城県)
仙台発小牛田行の乗客は松島でも減ることはなく、大半が小牛田まで同行することになった。
13:30小牛田着。

宮城県にも長時間の通勤通学事情があるわけか。
仙台以外の町が力を失いつつあるのだろうか。

乗り継ぎ時間は13分。

鳴子温泉方面陸羽東線が先に発車、女川行石巻線が次発。
一ノ関行が最後に出る。
みんなそれぞれに分かれて、ひととき賑やかだった北の大ターミナル駅はこの列車が出れば、改札外のようにひっそりとする。

そして最後に一ノ関行が発車。
それに乗っている。

すぐに鉄路は3方向に分かれて、オレも次に小牛田に来るのはいつだか分からない。

人とも駅とも、そんな付き合いをしている。

14:42 一ノ関(いちのせき)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/大船渡線 岩手県)
仙北平野を往く一ノ関までの区間。
素朴な駅に止まっては冬枯れた景色を眺める。

可憐な少女たちが降りていった新田に着いて振り返ると伊豆沼がある。

かつて降りた石越では田園鉄道の廃線跡を追う。
そしてこの地に縁を得た知人の女性をふと想う。

Facebookで知ったが、地元に帰って活動を始めた彼女は、そこで最良のご縁を得て結婚されたそうだ。

一ノ関での乗り継ぎ時間は14分。

岩手県に入り、一ノ関に着いてもまるで雪の気配はない。
去年のこの時期の積雪もたいしたことはなかったが、この暖冬は地元に何をもたらすのだろう。

平泉を過ぎて何の気なしに振り向くと、北上川の優美な曲線が見えた。

15:28 北上(きたかみ)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/北上線 岩手県)にて

16:04 柳原(やなぎはら)駅(北上線 岩手県)にて

16:47 江釣子(えづりこ)駅(北上線 岩手県)
天が北上に降らしたのは雨だった。

六原あたりから沿線に雪が見えだした。
北上駅前は11月の印象より小さく、あの歓楽街を抜けると諏訪神社が鎮座していた。

一族所縁の神社。
お詣りして旅の無事と世界平和を祈る。

雨は徐々に本降りとなり、柳原駅は憶測より少し手前にあった。
甲子園でもお馴染みの専大北上高校の最寄り駅になる。

江釣子には古墳群があるようだ。
ただし列車に間に合うためには急がざるを得ず、さらに柳原駅と同じく江釣子駅へ導く表示はなく、どうにか列車到着2分前にたどり着いた。

江釣子とはアイヌの言葉だろう。
鎌倉時代にはすでにその地名があったらしい。

道理も何もなく岩手らしいと感じた駅名を持つこの駅に降りてみたかった。
ただし列車でたどり着くには、北上線の本数の少なさが選択肢を狭め、北上駅より歩くしかなかった。

岩手県と思われる地域に生まれ、善徳にあふれる人生を終えて星神になった存在があることを鑑定師から聞いた。

星象天神どんどろ。
彼等の話では、この星神の話し言葉は今も南部弁で、去年からオレにいくつもの寳を授けてくれているそうだ。
それをいちいち信じているよ。

そんな星神様のことをこの地で思いたかった。

列車はこれから峠越えにかかる。

関連記事

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】2日目(湯沢-鷹ノ巣)その3‐驫木、風合瀬、大戸瀬、千畳敷、北金ヶ沢(五能線)

鉄旅日記2020年1月12日・・・驫木駅、風合瀬駅、大戸瀬駅、千畳敷駅、北金ヶ沢駅(五能線) 13:

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その4-新瀬戸、瀬戸市、高蔵寺、新守山、勝川、枇杷島、蟹江、桑名(愛知環状鉄道/中央本線/東海交通事業常北線/東海道本線/関西本線)

鉄旅日記2018年9月15日・・・新瀬戸駅、瀬戸市駅、高蔵寺駅、新守山駅、勝川駅、枇杷島駅、蟹江駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日・・・新西金沢駅、野町駅、加賀一の宮駅、西金沢駅、羽咋駅(北陸本線/北陸

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その3‐押切、帯織、長岡(信越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・押切駅、帯織駅、長岡駅(信越本線) 15:35 押切(おしきり)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その1(宇治-東京)-宇治、山城多賀、玉水、上狛、木津、加茂、貴生川(奈良線/関西本線/草津線)

鉄旅日記2015年3月22日その1・・・宇治駅、山城多賀駅、玉水駅、上狛駅、木津駅、加茂駅、貴生川駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その1-松本、辰野、北殿、伊那市、伊那福岡、伊那本郷、上片桐、飯田、天竜峡(篠ノ井線/中央本線辰野支線/飯田線)

鉄旅日記2018年10月8日・・・松本駅、辰野駅、北殿駅、伊那市駅、伊那福岡駅、伊那本郷駅、上片桐駅

記事を読む

「鉄旅日記」2007年新春【本格的に鉄旅が始まりまして、まずは冬の北陸を目指したのでございます。】2日目(高岡-金沢)-高岡駅前、越ノ潟、高岡、氷見、高岡、城端、金沢(万葉線/氷見線/城端線/北陸本線)

鉄旅日記2007年1月7日・・・高岡駅前駅、越ノ潟駅、高岡駅、氷見駅、高岡駅、城端駅、金沢駅(万葉線

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その3-燕三条、北三条、三条、長岡、水上、高崎(弥彦線/信越本線/上越線)

鉄旅日記2018年3月4日・・・燕三条駅、北三条駅、三条駅、長岡駅、水上駅、高崎駅(弥彦線/信越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その4‐藤枝、静岡、熱海、上野、北千住(東海道本線/常磐線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・藤枝駅、静岡駅、熱海駅、上野駅、北千住駅(東海道本線/常磐線)

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その4‐多治見、坂祝、美濃太田(太多線/高山本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・多治見駅、坂祝駅、美濃太田駅(太多線/高山本線) 14:19 多治

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その6‐上川口、養父、豊岡、香住(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・上川口駅、養父駅、豊岡駅、香住駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その4‐太秦、撮影所前、帷子ノ辻、保津峡、千代川(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・太秦駅、撮影所前駅、帷子ノ辻駅、保

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その3‐米原、京都、梅小路京都西、丹波口、花園(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・米原駅、京都駅、梅小路京都西駅、丹

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その2‐静岡、浜松、豊橋、名古屋、大垣(東海道本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・静岡駅、浜松駅、豊橋駅、名古屋駅、

→もっと見る

    PAGE TOP ↑