*

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その3-金島、中之条、川原湯温泉、大前、羽根尾、高崎問屋町(吾妻線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/02 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年2月11日・・・金島駅、中之条駅、川原湯温泉駅、大前駅、羽根尾駅、高崎問屋町駅(吾妻線)
15:43 金島(かなしま)駅(吾妻線 群馬県)
渋川を過ぎて吾妻線に入り、最初の駅で列車行き違い3分の停車。

山々に分け入るように列車は進んでいく。
海音寺潮五郎さんが「執念谷」と小説で表現した痩せ地を往く。

厳寒の風景はここにはなく、豊かな日差しの下で春が来たかと思わせる。

16:15 中之条(なかのじょう)駅(吾妻線 群馬県)
吾妻線の下りでは中之条で待つことになる。
列車2本の行き違いで17分の停車。
前回は時間をつぶすのに苦心してホームの待ち合い室に居座った。

改札横の待合室では、日差しに向かって待ち人が一列に並ぶ。

売店は閉鎖し、ビールでも売っていないかと町に出れば、食堂や酒場は散見されるが酒屋、コンビニの類いは見当たらない。

「あぁそうだったな」と駅に戻る。
「真田街道」と大書された幟が風にはためいている。

穏やかな日曜日の夕暮れ。
じきにオレが帰る場所には誰もいなくなる。

その想像がとても悲しい気持ちにさせる。

16:44 川原湯温泉(かわらゆおんせん)駅(吾妻線 群馬県)
岩島駅を出てしばらくすると長いトンネルに入る。

線路がつけ変わった地点が分かったよ。
かつて2度旧線を上下したことがある。

トンネルの先に生まれ変わった駅がある。
高層駅だ。
行き違い3分の停車という短い時を危ぶみはしたが、迷わず階段を駆け上がる。

八ッ場ダムはまだ建設中で、水は入っていない。

駅を出るとまた長いトンネル。
次は長野原草津口。

到着すると、口々に「寒い寒い」と大勢降りていく。

廃線となった鉄橋が赤錆びていた。

17:22 大前(おおまえ)駅(吾妻線 群馬県)
オレともうひとりの乗客だけを乗せて終点大前へ。
しばらく身を隠せそうな谷間の村だ。

踏切脇にあった食堂は壊されていた。
こんなところに団地があったのか。

この谷の先は上田に通じているのだろう。
関ヶ原合戦まで、沼田からこの峡谷を挟んで信州上田までを真田家が領した。

高台に「大前食堂」の看板を見つけて県道へと石段を上がる。
結構こたえた。


車通りはそれなりに多く、右に行けば嬬恋村役場。
駅の方に目をやると、嬬恋川を挟んで列車が止まる様がほのぼのとして見えた。

何もないことは知っていたけど、そこにいられる喜びがあることを分かっていなかった。

雪の残る終着駅。
もう先へは線路は延ばせそうになかったよ。

17:43 羽根尾(はねお)駅(吾妻線 群馬県)
大前からの帰り道。
列車行き違いで4分の停車。

ここの住人、羽根尾輝幸が海音寺潮五郎さんが描いた小説「執念谷の物語」の主人公。
同属の真田昌幸によって滅ぼされるが、敵の重囲の中で己の最後を華々しくと馬上舞い、腹を切った。

通りへ出てコンビニでも探そうかと思ったけど時間がない。

羽根尾を出ると外はにわかに夕闇に包まれた。

19:23 高崎問屋町(たかさきとんやまち)駅(上越線/両毛線/吾妻線 群馬県)
芸術劇場のような高架駅。
両出口ともだだっ広いロータリーになっていて、それを囲む商店やコンビニの類いはない。

何をすることもなくグリーン券を購入して上野行に乗る。

高崎で5分の停車。
ウイスキーハイボールを買いに走る。
あとは赤羽までくつろぎの時。

雪国への2月の旅が終わる。

春から生活が大きく変わる。
来年の今頃はどこにいる。

関連記事

「鉄旅日記」2000年晩秋【京都の女性に恋をしていた頃がございました。その京都時代のはじまりでございます。】-京都タワーホテル

鉄旅日記2000年11月23日~24日 2000・11・23 0:03 京都タワーホテル924号室

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その3(東京-岩倉)-太田川、常滑、中部国際空港、上小田井、西春、岩倉(名鉄常滑線/名鉄空港線/名鉄犬山線)

鉄旅日記2015年3月7日その3・・・太田川駅、常滑駅、中部国際空港駅、上小田井駅、西春駅、岩倉駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その4‐米沢、福島、上野(奥羽本線/東北新幹線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・米沢駅、福島駅、上野駅(奥羽本線/東北新幹線) 17:38 米沢(

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その1-駅前ホテルニュー青森館、野辺地駅、三沢駅、十和田市駅、本八戸駅、陸中八木駅、久慈駅、岩泉駅、茂市駅

車旅日記2006年5月6日・・・駅前ホテルニュー青森館、野辺地駅、三沢駅、十和田市駅、本八戸駅、陸中

記事を読む

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-一ノ関)その3-米沢、福島、仙台、一ノ関(奥羽本線/東北本線)

鉄旅日記2019年1月5日・・・米沢駅、福島駅、仙台駅、一ノ関駅(奥羽本線/東北本線) 17:34

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その2-廿日市、広電廿日市、宮島口、広電宮島口、大竹、岩国、徳山、新山口(山陽本線/岩徳線)

鉄旅日記2009年9月18日・・・廿日市駅、広電廿日市駅、宮島口駅、広電宮島口駅、大竹駅、岩国駅、徳

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】初日(東京-倉敷)その1-東京、円町、園部、安栖里、山家、市島、柏原、谷川、西脇市、粟生(東海道新幹線/山陰本線/福知山線/加古川線)

鉄旅日記2009年11月21日・・・東京駅、円町駅、園部駅、安栖里駅、山家駅、市島駅、柏原駅、谷川駅

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】2日目(都城-鹿児島-川内-人吉)走行距離284㎞ その1-都城駅、西都城駅、財部駅、霧島神宮駅、国分駅、錦江駅、鹿児島駅

車旅日記2005年2月12日・・・都城駅、西都城駅、財部駅、霧島神宮駅、国分駅、錦江駅、鹿児島駅

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】3日目(柳井-徳島)-柳井、大畠、西条、岡山、高松、高松築港、オレンジタウン、引田、池谷、鳴門、徳島(山陽本線/本四備讃線/高徳本線/鳴門線)

鉄旅日記2008年5月4日・・・柳井駅、大畠駅、西条駅、岡山駅、高松駅、高松築港駅、オレンジタウン駅

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その4‐ゆだ錦秋湖、ほっとゆだ、横手、湯沢(北上線/奥羽本線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・ゆだ錦秋湖駅、ほっとゆだ駅、横手駅、湯沢駅(北上線/奥羽本線) 1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑