*

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その6‐渚、高山(高山本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年3月20日・・・渚駅、高山駅(高山本線)
17:54 渚(なぎさ)駅(高山本線 岐阜県)
上り特急通過待ちで7分の停車。

暮れなずむ飛騨路。
高山に着くまで、もう停車はない。

残念だが、でも高山本線でオレはかなり多くの駅に降りてきたのだろう。
この愛すべき線区がより身近になった。

時刻表で7分。
実際には2分ほど早く到着したため時間はあった。

川辺に寄った。



最近思う。
こうまで水辺を好む理由について。
きっと前世からの倣いなのだと、51歳になったオレは矛盾もなく感じている。

灌木に視界を遮られた川辺は寂しく寒々しく、だけど残照を残した空には吸い込まれる。

あれが記憶に残る渚駅での情景。

波打ち際を意味する渚の文字。
こうした川辺にその名が現れることが新鮮でもある。

18:28 高山(たかやま)駅(高山本線 岐阜県)にて

22:05 高山セントラルホテル404
高山駅は大きく変貌していた。
この姿になってしばらく経つらしい。

駅前で記念写真を撮る人は引きも切らないが、街を歩く人の姿は極端に少ない。
明らかにコロナの影響だ。

しばらく歩くとアーケード通りに行き当たる。
この通りだけは覚えていたよ。
そして変わりない。

観光地区の古い町並みはそこから川向こうにある。

照明を落とした店構え。
街の雰囲気を損なわない見事さ。
そこで商売を営む人々の誇りを感じる。






駅近くの蕎麦屋に入ろうと思っていた。
適度に空いていたし、居心地もよさそうだった。

でも町外れのアーケード通りに一軒だけ明かりを灯した店に入った。
うどんを謳っているが、ラーメン、飛騨牛。
たくさんのメニューが貼られていた。

「うま宮」というお店。
先客はすぐに出ていき、ご主人との二人の時間を過ごした。

飛騨牛の串焼き、イカと海老の串焼き、漬け物盛り、牛スジ煮込み。
よもやま話に花が咲き、互いの人生に共感し、どぶろくやつまみをサービスしてくれる。

悪いから「一杯奢らせてください」と言うと、ご主人は恭しく自らに生ビールをついだ。

高山料理とは野菜料理と知り、ご主人自慢の漬け物には舌鼓を打った。
漬け物ステーキなるものもメニューにはある。

濃い時間は過ぎて席を立つ。
気持ちよく酔った。

「また来てください」とのご主人の言葉に素直に頷いた。

さらに先には寺が並び、外国人観光客に人気だと聞いていたので歩く。
寺はまだ先にあったのだろう。
白山神社で立ち止まる。



祈ることはいつも同じ。
可愛い狛犬を労い、駅への帰路につく。
「うま宮」は閉まっていた。

ホテルには温泉がある。
ここの湯も温まる。

【Facebookへの投稿より】
この連休も旅に出ております。

甲州路では南アルプスを仰ぎ、木曽路には名残雪が舞っておりました。

木曽谷を下り、美濃、飛騨へ。
高山に宿泊いたしました。

外国人観光客の消えた街に人通りはなく、静かな夜を過ごしたのでございます。

関連記事

「鉄旅日記」2018年水無月【地元からひと駅先の松戸からは、新京成線が出ております。】-松戸、八柱、新八柱、くぬぎ山、新鎌ヶ谷、北習志野、京成津田沼、ユーカリが丘、勝田台、東葉勝田台(新京成線/京成本線/山万ユーカリが丘線)

鉄旅日記2018年6月3日・・・松戸駅、八柱駅、新八柱駅、くぬぎ山駅、新鎌ヶ谷駅、北習志野駅、京成津

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-松阪)その1-和歌山市、和歌山、海南、西御坊、御坊、紀伊田辺、白浜(紀勢本線/紀州鉄道)

鉄旅日記2008年7月20日・・・和歌山市駅、和歌山駅、海南駅、西御坊駅、御坊駅、紀伊田辺駅、白浜駅

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その1-鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 9:35 鹿児島東急イン829号室 出発が遅く

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日・・・羽咋駅、七尾駅、穴水駅、和倉温泉駅、北鉄金沢駅、内灘駅、粟ヶ崎駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その1-魚津、生地、黒部、電鉄黒部、泊、親不知、越中宮崎、糸魚川、能生、梶屋敷、浦本(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月23日その1・・・魚津駅、生地駅、黒部駅、電鉄黒部駅、泊駅、親不知駅、越中宮崎

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】初日(東京-紀伊田辺)その1-金町、名古屋、多気、川添、三瀬谷(常磐線/東海道本線/関西本線/伊勢鉄道/紀勢本線)

鉄旅日記2019年3月2日・・・金町駅、名古屋駅、多気駅、川添駅、三瀬谷駅(常磐線/東海道本線/関西

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その2-美濃太田、可児、姫、下切、南木曽、田立、勝沼ぶどう郷(太多線、中央本線)

鉄旅日記2012年8月26日その2・・・美濃太田駅、可児駅、姫駅、下切駅、南木曽駅、田立駅、勝沼ぶど

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】初日(東京-琵琶湖志賀)デニーズ青砥店、方南町、日野駅、道の駅信州蔦木宿、峠の茶屋

車旅日記200年8月11~12日・・・デニーズ青砥店、方南町、日野駅、道の駅信州蔦木宿、峠の茶屋 2

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】初日(松本-飯山-富山)走行距離317㎞ その1-新宿駅、松本駅、明科駅、聖高原駅、冠着駅、姨捨駅、篠ノ井駅、川中島駅、飯山駅

車旅日記2005年4月29日 2005・4・29 6:06 新宿駅9番ホーム 中央線は山路の入口

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】2日目(新山口-大分)その2-香春、田川伊田、田川後藤寺、日田、豊後森、豊後中村、野矢、由布院、大分(日田彦山線/久大本線)

鉄旅日記2009年9月19日・・・香春駅、田川伊田駅、田川後藤寺駅、日田駅、豊後森駅、豊後中村駅、野

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑