*

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その3‐仙台、国見、愛子、山形(仙山線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年11月4日・・・仙台駅、国見駅、愛子駅、山形駅(仙山線)
14:39 仙台(せんだい)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/仙山線/仙石線/仙台市地下鉄南北線/仙台市地下鉄東西線 宮城県)
乗り換え時間17分。

一昨日も寄った「駅そば」へ。
少し味が薄く感じた。

眠ってばかりいたからか、旅の醍醐味を忘れている。

これから山形へ行く。
仙山線に乗るんだ。
あの奥羽山脈を今日三度越えて山形へ行くんだ。

青森県の陸奥湾に突き出る夏泊半島から那須連峰へ至る全長500㎞に及ぶ奥羽山脈。
宮城側からも山形側からも、これまでに何度もあの壁を目にしてきた。

仙山線に乗る。
今日で何度目になるのかもはや数えようとも思わないが、特別なことではある。

仙台を通るのは今年6度目になる。
もはや特別なことではない。

14:40愛子行に乗る。

14:59 国見(くにみ)駅(仙山線 宮城県)
仙山線は国境に向けて徐々に上がり続けている。

列車行き違い4分の停車。
この駅もそんな坂の途中にあり、ホームは傾斜している。


駅前について特に記すものもないが、こうして駅に降りていくのがオレの喜び。

車窓の眺めに住宅の連なりが途切れて視界が開けると、段丘状の景観が覗く。
それなりに素晴らしい。

15:16 愛子(あやし)駅(仙山線 宮城県)
ここで15分、次の山形行を待つ。
子をあやすの文字が入れ替わり、愛子になったと駅名由来にはある。

仙台からはかなり上がってきて風が冷たい。
仙山国境の紅葉に期待している。

およそ15年前に仙台駅で愛子行という表示を見て、道理も何もなく惹かれて、翌日に車で寄ったことがある。
当時と変わらず駅前に記すものはなく、大木と言える枝垂れ桜にも記憶はなかった。

その枝垂れ桜の見事さが、愛子駅を「東北の駅100選」に入選させた。
駅舎は建て替わっている。


国見駅でもそうだったが、構内踏切がある。
駅周辺禁煙を告げる愛子駅長の言が貼られていたが、駅員の姿は見かけなかった。

16:29 山形(やまがた)駅(山形新幹線/奥羽本線/仙山線/左沢線 山形県)
陸前白沢と熊ヶ根の間に、通る度に驚嘆する鉄橋と流れがある。
広瀬川の源流だろう。

その流れは蛇行を繰り返し細流となりながら作並、奥新川、面白山高原と進む内にも顔を見せる。
色づくにはまだ早いが、季節によらず見事な渓谷美を見せてくれる。

面白山高原から長いトンネルを抜けると山寺。
ホームにはたくさんの人々。
向かいに座っていた中国人一行もその中に加わった。

大きな声で喋っていたかと思えば、いつの間にか眠っている。
視覚的にも賑やかな一団だった。

列車行き違いでほんの少しだけホームに降りる時間がある。
視線を少し上げると山寺こと立石寺が見える。
そのうちあそこに登る計画を立てるだろう。

青天に雨雲が浮かび、湿りがあった。
霞城公園が見えれば山形。

懐かしい気持ちが不意に込み上げてくる。
意外だった。

乗換時間6分で山形線米沢行に乗る。

関連記事

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その1-隼人、鹿児島、鹿児島中央、上伊集院、薩摩松元、川内、出水、新水俣、新八代(日豊本線、鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道)

鉄旅日記2013年8月13日その1・・・隼人駅、鹿児島駅、鹿児島中央駅、上伊集院駅、薩摩松元駅、川内

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】最終日(奈良-東京)-奈良、亀山、桑名、弥冨、富士、沼津(関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2007年2月12日・・・奈良駅、亀山駅、桑名駅、弥冨駅、富士駅、沼津駅(関西本線/東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】3日目(鳥取-米子)その1-鳥取、由良、下市、御来屋、名和、伯耆大山、東山公園、博労町、境港、木次、亀嵩、宍道(山陰本線/境線/木次線)

鉄旅日記2014年8月15日その1・・・鳥取駅、由良駅、下市駅、御来屋駅、名和駅、伯耆大山駅、東山公

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】最終日(和田山-東京)その2-大阪、桜島、西九条、阪神西九条、久宝寺、放出、京橋、京阪京橋、近江舞子、近江今津、近江塩津、東京葛飾(大阪環状線/桜島線/関西本線/おおさか東線/学研都市線/湖西線)

鉄旅日記2009年11月23日・・・大阪駅、桜島駅、西九条駅、阪神西九条駅、久宝寺駅、放出駅、京橋駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】-館林、佐野、葛生、西小泉、赤城、太田、伊勢崎、新伊勢崎、足利、足利市(東武佐野線/東武小泉線/東武桐生線/東武伊勢崎線)

鉄旅日記2014年4月6日・・・館林駅、佐野駅、葛生駅、西小泉駅、赤城駅、太田駅、伊勢崎駅、新伊勢崎

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その1‐五所川原、津軽五所川原、津軽中里、鯵ヶ沢、東能代(津軽鉄道/五能線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・五所川原駅、津軽五所川原駅、津軽中里駅、鯵ヶ沢駅、東能代駅(津軽鉄

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その1-取手、竜ケ崎、佐貫、岩間、赤塚、大洗、鹿島神宮(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線/鹿島臨海鉄道)

鉄旅日記2018年4月25日・・・取手駅、竜ケ崎駅、佐貫駅、岩間駅、赤塚駅、大洗駅、鹿島神宮駅(常磐

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮かばない

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その2-美濃太田、可児、姫、下切、南木曽、田立、勝沼ぶどう郷(太多線、中央本線)

鉄旅日記2012年8月26日その2・・・美濃太田駅、可児駅、姫駅、下切駅、南木曽駅、田立駅、勝沼ぶど

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その2-会津荒海、会津田島、会津下郷、塔のへつり、湯野上温泉、西若松(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月2日・・・会津荒海駅、会津田島駅、会津下郷駅、塔のへつり駅、湯野上温泉駅、西

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑