*

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】最終日(新潟-五泉-弥彦-柏崎-長岡)走行距離246㎞ その2-青海川駅、安田駅、北条駅、長鳥駅、来迎寺駅、長岡駅、東京葛飾金町

公開日: : 最終更新日:2023/04/27 旅話, 旅話 2005年

車旅日記2005年7月18日
15:24 青海川駅(7月16日の長岡駅より893㎞)
日本一、海に近い駅。

8号国道に架かる巨大な赤い鉄橋の下に集落がある。
目の前には日本海が広がり、小さな青い駅がある。
その構内に記されていたのが冒頭のフレーズ。

荒い波が打ち寄せる海辺で僅かな人々が遊んでいる。

長岡方面のホームに行って海を眺めたよ。
しばし時間が止まったかのようだった。

水平線は丸みを帯び、視線を直江津方面に移すと落差のある滝が落ちている。
あの滝の存在は知られているのだろうか。
海からと、駅のホームからじゃなきゃ見ることができない。

素晴らしい時間だった。
ここに来られて本当によかったよ。
そんなチープな言葉が口をついて出た。

去り際にトンネルから闇を抜けて直江津行の列車がやってきた。

16:05 安田駅(7月16日の長岡駅より907㎞)
安田という名を懐かしく思っていたけど、上杉家に属していた豪族に安田某という人物がいたことを思い出した。
この土地はその一族が治めていたのだろう。

信越本線はもはや日本海を離れた。
あれだけの人々が日本海へ繰り出していたんだ。
海辺の道は夕方に向かうにつれて混雑するだろう。
オレが選択したこの道の平穏を祈る。

この旅も残り3時間。
海辺では素敵な時間を過ごした。

駅前を252号国道が通り、長岡方面行の列車を待つ者は田園の先に県道を上下する車を見る。
柱も電化設備もグリーンに塗られている。

少年が急いで自転車を置き、駅へと駆け込んできたが、無情にも列車は彼を乗せることなく駅を離れた。
悔しがる彼は、いい面構えの少年だった。

この駅に停車する列車は1時間に1本ほど。
父親の実家の脇にあった集会所を小ぶりにしたような駅舎に、駅員の姿はある。

16:25 北条駅(7月16日の長岡駅より910㎞)
蒸し暑い蝉の声が聞こえている。
じーじーと。

原っぱと小高い丘と。
背後の山は城跡で、いい状態で遺構が残されているとのこと。

安田で感じたとおり、ここは北条氏の本拠地。
上杉謙信の頃には北条丹後守の名が歴史書に見られる。
北条氏は中国の毛利氏と縁を持つ一族であることが駅の案内板には記されている。

駅員の姿はなく、駅舎は蔵造り。
特徴を見いだせない田舎風景に、電化された信越本線の2本の線路が溶け込んでいる。
こうした風景に旅情を感じて久しい。
最も好む風景の一つだ。

寂れたというより、以前からこのようだったのだろう。
この村にも濃厚な郷愁を感じている。

通過していった列車は新潟行の北越号だった。

16:45 長鳥駅(7月16日の長岡駅より917㎞)
この道は通行止め。
だから駅に寄ってみた。
これがきっと最後になるだろう。

小高い場所でよかった。
車を止めている集落が見渡せる。
今回の旅で柴橋駅や羽前前波駅でも似たようなことを記してきたけど、夏の暑い夜にこの駅の狭いホームに上がって、村総出で宴会でも行えると素敵だ。

待合室は地下にあって、警笛が鳴ると乗客はホームへの階段を上がる。
そんな小高い駅。

17:21 来迎寺駅(7月16日の長岡駅より935㎞)
土砂崩れで信越本線に沿った道は閉ざされ、途中に産廃処理場がある山道を走り、404号国道へ。
長岡はもうすぐ。

すぐそこで自転車に乗った少女を撥ねそうになった。
危なかった。

あたりは住宅地で、駅正面にはきれいな菓子屋と社宅のような旅館がある。
駅舎はこの3日間では見かけなかった造りをしている。
市民会館といった趣だろう。
五角形をしていて、駅員の姿が見える。

4人の少女が駐車場で遊んでいる。
和む光景だ。
明日の学校まで待てないのだろう。
そして今日も暮れていく。

線路に西日が差す様は絵画的だ。
これでこの旅もおしまいだな。

18:36 長岡駅(7月16日の長岡駅より947㎞)
無事だ。
よかったよ。
まずは感謝。

一昨日の朝にこの街に着いた。
あの時はまだ街は眠っていた。
今は素敵な夕暮れ色をしている。

真イカの刺身がイケてる。
それに安い。
北越の実力が分かる。
このイカは東京じゃ食べられない。
仮に食べられたとしても、この味は関東平野に持ち込まれたあたりで消えているだろう。

長岡城址があると知って、行ってみた。
記念碑しか残されていない。
幕末の長岡戦争で落城焼失後、明治政府は何も手を加えなかったらしい。
長岡武士の意地はそうした作用を残した。

さらに長岡大空襲で跡形もなくなったという。
当時の本丸は今の長岡駅が建つ位置にあったようだ。

長岡、会津、庄内。
かつて、この国で時代に抗い、賊軍となり、命を懸けた人々が生きた街を今回の旅で辿ってきたことを、長岡城址の碑を見るまで忘れていた。

傍で酔っ払っている連中は標準語でまくしたてている。
長岡人じゃなさそうだが、何の集いだろう。
面白そうな話が聞こえてくる。

夜が近づいてきた。
駅前の「ながおか」という花文字の判読が困難になり、タクシーの動きが活発になってきた。

ほんの少しの間に闇が深くなり、色が分かれていた長岡駅が夜色に統一された。
一昨日の朝も、オレの寝ぼけた目は同じ色を見ていた。
長岡駅の本当の色をオレはこの先も覚えているだろうか。

山古志村のことは気になっていた。
新潟豪雨から一年が経ったようだが、仮設住宅は今も並んでいる。
国道には山古志の看板が立ち、帰りの道路標示にも長岡と並んで山古志の名が記されていた。

このあたりにも、この世とは思えないような雨が降ったのだろう。
頑強な長岡人の末裔が受けた苦難だった。

そんな苦難に対しての、この「応援酒」は美味しいよ。
何もできないが、やがてうまくいくことを祈っている。

あの花文字は夜と同化した。

いつかこの街で毎年打ち上げられる日本一の花火大会を見に行こう。
場所は、日本一の大河である信濃川の畔だろう。
さぁそろそろ新幹線が出る時間だ。

2018年3月4日撮影

24:29 東京葛飾金町
車中は眠れなかった。
読書は随分と進んだ。
947㎞の旅の余韻はもう残っていなかった。

思い出すのは、長岡厚生会館の前で踊りの振りを合わせていた二人の少女のことや、後は何だろう。
上野に着いてオレの右手に触れた女性のことか。
今は愛すべき女性のことを考えたいが、どこでどうなったのか、さっきまで5年前に付き合いを断られた女性のことを考えていた。

昨日車を走らせていたオレを楽しませてくれた斉藤由貴が、今夜この部屋でも「無理じゃないよ」と歌っている。
でも、そんなことを信じていくことはもうできない。

今も好きだけど。
でもその気持ちは上野駅に降りたという事実から生まれたもので、東京駅で降りていたら違っていただろう。
それが人生というものかもしれない。
気づかぬうちにボタンを掛け違えている。

様々あったが、東京を出たオレが初めて気を許せた土地を巡った旅だった。
今じゃそんな街町も日本全国に散らばっている。

関連記事

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】最終日(JR難波-東京)その2-大曽根、勝川、春日井、中津川、上松、原野、広丘、みどり湖、相模湖、豊田(中央本線/篠ノ井線)

鉄旅日記2017年3月20日・・・大曽根駅、勝川駅、春日井駅、中津川駅、上松駅、原野駅、広丘駅、みど

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その1-取手、竜ケ崎、佐貫、岩間、赤塚、大洗、鹿島神宮(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線/鹿島臨海鉄道)

鉄旅日記2018年4月25日・・・取手駅、竜ケ崎駅、佐貫駅、岩間駅、赤塚駅、大洗駅、鹿島神宮駅(常磐

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その1-紀伊田辺、箕島、和歌山、伊太祈曽、貴志(紀勢本線/和歌山電鐵貴志川線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・紀伊田辺駅、箕島駅、和歌山駅、伊太祈曽駅、貴志駅(紀勢本線/和歌山電

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日・・・八色駅、浦佐駅、五日町駅、水上駅、後閑駅、上牧駅、八木原駅(上越線

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その1-近鉄奈良、新田辺、三山木、JR三山木、狛田、下狛、新祝園、祝園、学園前、学研奈良登美ヶ丘(奈良線/京都線/けいはんな線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・近鉄奈良駅、新田辺駅、三山木駅、JR三山木駅、狛田駅、下狛駅、新祝

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】初日(東京-岩手山SA)-町田、蓮田SA、都賀西方PA、黒磯PA、阿武隈PA、吾妻PA、菅生PA、前沢PA、岩手山SA

車旅日記1998年5月1日 1998・5・1 11:53 東京町田 出発を前にして空が晴れてきた

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その1-赤羽、岡本、烏山、大金、宝積寺、氏家、石橋、自治医大、小金井、小山(東北本線、烏山線)

鉄旅日記2013年3月31日その1・・・赤羽駅、岡本駅、烏山駅、大金駅、宝積寺駅、氏家駅、石橋駅、自

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

鉄旅日記2014年8月14日その2・・・金川駅、弓削駅、亀甲駅、美作滝尾駅、三浦駅、美作加茂駅、知和

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

車旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑は古都の

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】4日目(佐賀-松浦)その1-佐賀、肥前竜王、里信号場、喜々津、浦上、浦上駅前、長崎駅前、長崎、長与、諫早(長崎本線/長崎電気軌道/長崎本線長与支線)

鉄旅日記2009年9月21日・・・佐賀駅、肥前竜王駅、里信号場、喜々津駅、浦上駅、浦上駅前駅、長崎駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年師走~2020年弥生【SNSへの投稿より】大晦日、正月、誕生日、菜の花の頃。

【Facebookへの投稿より2019年12月31日】 【今年も暮れ

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その4‐水上、高崎、籠原(上越線/高崎線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・水上駅、高崎駅、籠原駅(上越線/高崎

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その3‐押切、帯織、長岡(信越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・押切駅、帯織駅、長岡駅(信越本線)

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その2‐小波渡、五十川、府屋、あつみ温泉(羽越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・小波渡駅、五十川駅、府屋駅、あつみ温

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その1‐酒田、象潟、砂越(羽越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・酒田駅、象潟駅、砂越駅(羽越本線)

→もっと見る

    PAGE TOP ↑