*

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】2日目(倉敷-和田山)その1-倉敷、足立、生山、上菅、伯耆溝口、伯耆大山、赤碕、浦安、松崎、浜村、末恒、湖山、鳥取(伯備線/山陰本線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/09 旅話, 旅話 2009年

鉄旅日記2009年11月22日・・・倉敷駅、足立駅、生山駅、上菅駅、伯耆溝口駅、伯耆大山駅、赤碕駅、浦安駅、松崎駅、浜村駅、末恒駅、湖山駅、鳥取駅(伯備線/山陰本線)
2009・11・22 5:32 倉敷(くらしき)駅(山陽本線/伯備線 岡山県)
当然街は眠っている。
でも5:30の世界がこんなにも暗いとは思っていなかった。

水島臨海鉄道乗場を通り、倉敷駅へ。

駅にはちらほらと人の姿がある。
どこの街にも朝の早い人はいる。

桃太郎のメロディが流れて、米子行がやってきた。

白壁の街を離れる。

7:17 足立(あしだち)駅(伯備線 岡山県)
備中高梁あたりで夜は明け、あたりの乗客が席を立つ。

気温0度の朝。
心配していた雨はどうやら落ちてはこず、かすかな日差しが紅葉を美しく映している。

霜で真っ白になった田畑。
中国路は冷える。

川端にあるこの駅で数分の停車。
すぐ先に工場が見える。
年老いたご婦人が乗ってきた。

7:48 生山(しょうやま)駅(伯備線 鳥取県)
石見川に沿って伯備線は進んでいる。

鳥取県日南町。
新見以来の駅員がいる駅で数分の停車。
高校生をはじめ10人ほどが乗ってきた。

生山はこのあたりの中心地で、見上げた風景は山水画のようだった。

7:59 上菅(かみすげ)駅(伯備線 鳥取県)
特急の通過待ちで4分の停車。

霜は消え、里山は続く。

ここで乗客が増えた。

駅前通りを行く車はなかった。

8:34 伯耆溝口(ほうきみぞぐち)駅(伯備線 鳥取県)
柿がたわわに実った木に目をとめる。

さらに数分の停車。
根雨からは1駅ごとに乗客が増えだした。
彼等は間違いなく米子まで行く。

大山が近い。

単線の線路は、冬枯れていく里山を北へ北へと日本海に向かっている。

8:39岸本駅着。
この駅前を一度通っている。

9:14 伯耆大山(ほうきだいせん)駅(山陰本線/伯備線 鳥取県)
名峰大山を見に行く。

富士山のような姿。
雪をかぶった姿が美しい。

初めて9号国道を走った時からその姿を気にしてきた。
その後にも何度か通ったが、その姿を見ることは叶わなかった。

冬枯れた田畑の先に立つ様。
あまりにも美しすぎてここを離れることができない。

あの山を見に来たのだと、冷たい風の中で思っていた。


ここで山陰本線に乗り換える。
大山の姿は彼女にも共有した。

10:11 赤碕(あかさき)駅(山陰本線 鳥取県)
車窓から大山の姿を追っていたら、いつの間にか日本海に沿って走っている。
山陰を旅しているのだと実感する。

駅の案内板には船上山の名がある。
太平記に登場する山。

南北朝の動乱は、後醍醐天皇が隠岐の島を逃れ、このあたりに上陸して船上山に御座所を構えた時から始まった。

赤崎は懐かしい。
道の駅「ポート赤碕」に寄ったことがある。
干したイカが盛大に回っていた光景を思い出す。

数分の停車。
大山はまだ見えている。

10:27 浦安(うらやす)駅(山陰本線 鳥取県)
数分の停車。
駅から日本海に向けて道が真っすぐに続いている。

駅前の喫茶店は潰れていて、居酒屋が1軒。
廃寺が名所として紹介されている。
このあたりは寂しい。

駅員の姿がある。
ホームに戻ると、脅かすような音の後に快速列車が凄まじい速度で通過していった。

大山はまだ見えている。
かつても見えていたことを知ったが、この角度からは富士山型はしておらず、雪をかぶった様でそれと分かる。

10:36、由良駅着。

10:57 松崎(まつざき)駅(山陰本線 鳥取県)
東郷温泉、羽合温泉を持つ松崎。
駅を降りると「歓迎東郷温泉」の看板の先に東郷湖が覗く。

今日降りた駅の中じゃ一番人の気配を感じたが、駅員はいない。
数分の停車。

宮脇俊三さんの旅に、倉吉を諦めて松崎まで1駅引き返して、駅前の温泉に浸かり、蟹をたらふく食べた描写が登場する。

オレの昼飯は、鳥取駅の「砂丘そば」になるだろう。

11:19 浜村(はまむら)駅(山陰本線 鳥取県)
1駅手前の青谷駅に降りたのは一年前。
ここでも数分の停車。
倉吉を出てから一番多くの人が乗ってきた。

ここ浜村にも温泉があるが、駅前にあるのは廃墟となっているのだろう。

駅の先に人工的な丘が見える。
コンクリートは温泉情緒と相いれない。

11:32 末恒(すえつね)駅(山陰本線 鳥取県)
右手に池を認めると、駅舎を持たない寂しい駅に止まった。
数分の停車。

宮脇俊三さんが書いていたとおり確かに柿が目立つ。
吊してあるのを見るのは久しぶりだ。

11:42 湖山(こやま)駅(山陰本線 鳥取県)
鳥取まで1駅のところまできた。
さらにここでも数分の停車。
いつの間にか乗客が増えている。

駅名の由来はさっき見えた湖とも池ともとれる存在なのだろう。

これまでの旅では見えなかったものを今日は見ている。
以前は夜だったり、鳥取ライナーに乗ったりで注意を払えなかった。

当り前だが、沿線は様々な顔を持つものだ。

千代川渡河。
11:47鳥取駅着。

11:57 鳥取(とっとり)駅(山陰本線/因美線 鳥取県)
街に入る前には川を越える。
倉吉では天神川だったか。
その際に倉吉という街を理解した気になれた。

鳥取に着いて、ホームから車通りの多くない街を見下ろしている。
一度ゆっくり歩いてみたい街だが、山陰にはまた何度も来ることだろう。

最近は詐欺女の件で注目を集めているが不本意だろう。
オレもそう思っている。
とても残念だ。

関連記事

「鉄旅日記」2014年冬【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】初日(東京-桐生)-小菅、五反野、梅島、田島、渡瀬、県、東武和泉、福居、野州山辺、韮川、東小泉、藪塚、阿左美、岩宿、新桐生、下新田(東武スカイツリーライン/東武佐野線/東武伊勢崎線/東武桐生線)

鉄旅日記2014年12月28日・・・小菅駅、五反野駅、梅島駅、田島駅、渡瀬駅、県駅、東武和泉駅、福居

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その2(岩倉-東京)-笠松、新羽島、岐阜羽島、羽島市役所前、西笠松、新木曽川、名鉄一宮、玉ノ井、萩原、日比野、弥富、近鉄弥富(名鉄本線/名鉄竹鼻線/名鉄羽島線/名鉄尾西線)

鉄旅日記2015年3月8日その2・・・笠松駅、新羽島駅、岐阜羽島駅、羽島市役所前駅、西笠松駅、新木曽

記事を読む

「鉄旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】初日-平塚、国府津、沼津、掛川、三河大塚、尾張一宮、岐阜(東海道本線/御殿場線)

鉄旅日記2006年7月15日・・・平塚駅、国府津駅、沼津駅、掛川駅、三河大塚駅、尾張一宮駅、岐阜駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その6‐上川口、養父、豊岡、香住(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・上川口駅、養父駅、豊岡駅、香住駅(山陰本線) 18:35&

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その1‐高山、打保、猪谷、富山、電鉄富山(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・高山駅、打保駅、猪谷駅、富山駅、電鉄富山駅(高山本線) 2020

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その2-野洲、米原、神領、定光寺、中津川、塩尻、岡谷、日野(東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2017年8月14日・・・野洲駅、米原駅、神領駅、定光寺駅、中津川駅、塩尻駅、岡谷駅、日野駅

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その2-熊本、久留米、鳥栖、吉塚、長者原、古賀、東郷、赤間、幡生(鹿児島本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月13日その2・・・熊本駅、久留米駅、鳥栖駅、吉塚駅、長者原駅、古賀駅、東郷駅、

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その1‐葛飾金町、幸手駅、古河駅、渡良瀬遊水地北エントランス、藤岡駅、佐野厄除け大師、足利駅

車旅日記2000年5月3日 2000・5・2 東京葛飾金町 前夜祭 旅に出る前夜。 これほどの

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その1‐金町、北千住、上野、高崎(常磐線/高崎線)

鉄旅日記2019年12月7日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、高崎駅(常磐線/高崎線) 2019・12

記事を読む

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その2‐水戸、いわき、原ノ町、鹿島(常磐線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・水戸駅、いわき駅、原ノ町駅、鹿島駅(常磐線) 7:40 水戸(みと)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑