*

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】最終日(大館-東京)-大館、十和田南、荒屋新町、前沢、一ノ関、愛宕、国府多賀城、陸前山王、北白川、東白石、蒲須坂、片岡(花輪線/東北本線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/25 旅話, 旅話 2016年

鉄旅日記2016年8月13日・・・大館駅、十和田南駅、荒屋新町駅、前沢駅、一ノ関駅、愛宕駅、国府多賀城駅、陸前山王駅、北白川駅、東白石駅、蒲須坂駅、片岡駅(花輪線/東北本線)

2016・8・14 6:27 大館(おおだて)駅(奥羽本線/花輪線 秋田県)
朝風呂に浸かり、今日もよく晴れた路上へ。

ホテルもよかったし、大館に対していいイメージを持って帰れる。

駅に着いてさっそく迎え酒。
どうしようもなくダメなヤツだが、無様ではないつもりだ。

花輪線で大館を出ると、奥羽本線と分かれて大きく右に迂回し、やがてまた奥羽本線を跨ぎ東大館へ。

ここらは商業施設も住宅も多い。

やはり街の中心はこちらか。

7:18 十和田南(とわだみなみ)駅(花輪線 秋田県)
だだっ広い駐車場。

お宮へつながる駅前通り。

酒屋は町を出ていき、角の家の爺さんは「どっこいしょ」と庭の畑に水を撒く。

気のいい駅長さんが迎えてくれたこの土地には、謡曲「綿木塚物語」という悲しい愛と死の話が伝わっている。

改札前には十和田南駅の詩が刻まれた碑がある。
内容は愛情にあふれた優しいものだ。

駅に着く前に右手から線路が現れた。
スイッチバッグ駅だったのか。

ここで数分の停車。

発車時刻を迎えると列車は後ろ向きに動き出し、さっき右手に現れた線路を走り始めた。

十和田南駅周辺風景

8:19 荒屋新町(あらやしんまち)駅(花輪線 岩手県)
5年前と同じようにここで行き違い停車。

駅長に愛想はなく、朝から顔に苦渋を浮かべている。

もっと穏やかな顔もできるだろうに、惜しいことだ。

自衛隊員募集の看板はおそらく5年前にもあったのだろう。

「日本の滝100選」に入る「不動の滝」への入口に大きな赤い鳥居が立っていた。

住人は代々そこに神を見てきたわけだ。

駅での別れの光景が見られた。

父親の腕に抱かれた小さな子供がきょとんとしていて愛らしい。

彼等が次に再会できるのはいつだろう。

11:17 前沢(まえさわ)駅(東北本線 岩手県)
盛岡駅で東北本線に乗り継ぐ。

岩手山がよく見えた。
快晴だ。

盛岡から豪華列車に乗って、岩手産「一番搾り」に喉を鳴らす。

列車の窓からきれいな田園を見ていた。
美しくて見飽きることはない。

たまに目を瞑ると心地よい眠りが訪れる。

右手には、3月には雪をまとっていた奥羽山脈。

夏とはこんなにも美しいものか。

かつてそう表現した記憶がない。

前沢駅は新しいが、一歩出れば由緒ありげな田舎町。

歩く。
わくわくする町歩きになった。

「本家」の木札を掲げた薬屋、明治天皇行在所跡にある旅館、前沢牛を売る店。

商店街は古く、夏が似合う。

懐かしく感じる。

毎年そんな瞬間があるが、ここにいられてうれしいと、気分が上がってくる。

そんな町だった。

坂上田村麻呂に率いられた遠征軍を迎え撃った蝦夷の大酋長「アテルイ」の里でもある。

前沢駅周辺風景

11:54 一ノ関(いちのせき)駅(東北新幹線/東北本線/大船渡線 岩手県)
夏を楽しむ人々に囲まれている。

今では珍しくなったホームに置かれた「駅そば」でラーメンを注文。

うどんそばに比べて出てくるのにほんの少し時間がかかる。

しかし美味かった。
求めていた味で、汁まで飲み干した。
覚えておこう。

小牛田行きに乗っている。

乗車率が急激に落ち込んだ。

13:13 愛宕(あたご)駅(東北本線 宮城県)
日を遮るもののない駅で焼かれる。

鮮やかな青のマンションが無人駅を見下ろしている。

近くにはコンビニのみ。

松島付近で線路に人が立ち入ったとかで計画にひびが入る。

最近は外国人観光客が増えている。
偏見に満ちているとの批判は承知の上だが、おそらくそういった手合だろう。

これといって特色のない駅で、こうして青信号に変わるのを待っている。

かわいらしい赤ちゃんが乗ってきて気持ちが和む。

13:41 国府多賀城(こくふたがじょう)駅(東北本線 宮城県)
東北歴史博物館が重厚な存在感を放っている。
休館なのか人の姿は見られない。

疎らな住宅街があたりを包んでいる。

歴史的な地名だが町は寂しい。

1,000年以上前の旧跡が、そのまま地名として残っている例は稀だろう。

当時みちのくは大和政権に組み込まれていなかった。

従って坂上田村麻呂の登場によって初めて東北は教科書に現れる。

この歴史は知っておくべきだ。

13:56 陸前山王(りくぜんさんのう)駅(東北本線 宮城県)
多賀城文化圏が続いている。

ここは明らかに仙台文化圏からは外れている。

駅前にはカフェが一軒あるのみであとは何もない。
コンビニもない。
ビールも売っていない。

史跡へと誘う案内に目を向ける人間がそもそもいない。

たまたまだが、さっき降りた前沢は「アテルイ」の里だった。

彼と征夷大将軍との間で戦われた最後の戦場はどこだったのだろう。

東北は負けてきた。
だから記念碑は乏しい。

多賀城は中央政権の前進拠点だったから地名として残ったのだろう。

仙台平野を風が吹き抜けていく。

15:27 北白川(きたしらかわ)駅(東北本線 宮城県)
仙台で白石行きに乗り継ぐ。

何もない場所でビール売場を探して県道を歩いていく。

風景はさらに鄙びて白石川に出る。

遠くに新幹線高架が見える。

視線を下に移せば犬を散歩させる男とひとり往く少年。

オレは蝉時雨の中を立ち止まった。

弱くなった日差しが、この暑い夏に無常を教えていた。

北白川駅周辺風景

15:44 東白石(ひがししろいし)駅(東北本線 宮城県)
「宮城蔵王36景」に数えられる東白石は無人駅。

この駅の存在を意識しだしてから、白石川に沿ったこの駅に降りる機会をずっと待っていた。

川向かうに村があるが、駅舎があるあたりはまるで秘境駅の風情だ。

降りていった若者3名には迎えの車が待っていた。

風景にケータイを向けた。

蝉の声に切なさを感じた今日。

明日が盆。

暑さには毎年苦しめられるが、夏とはやはり短い。



19:11 蒲須坂(かますさか)駅(東北本線 栃木県)
福島、黒磯で乗り継ぐ。

闇に紛れてしまった駅で、父親が迎えの車を待たせている。

浴衣を着た女子のほか女性2名が待合室に座っていた。
この列車に乗るでもなく、変わらず待っている。

ここから1駅戻って片岡に降りるオレの行動も謎だが、彼女たちの行動も読めない。
どうでもいい話だが。

関東野州は涼しかった。

今宵の東京はどうだろう。

19:22 片岡(かたおか)駅(東北本線 栃木県)
新しい駅舎を出ると小さなロータリーがあり、取り巻くのは菓子屋と、正面に片岡交通。

真ん中の植え込みに、この駅を詠んだ石碑がある。

古い家屋が隣り合っているせいか、暗いことも作用しているのだろうが、駅前通りは由緒ある宿場町のように見える。

おそらく住人はこの駅を気に入っているだろう。

ただ、冬場の風は冷たかろう。

新しい駅舎に旅情を感じて、この旅も終わる。

改札を入って左手にあるベンチに腰掛けて、「旅の終わりがここでよかった」としみじみとした気持ちになり、やがて正面のガラス窓に宇都宮行の光を見ると立ち上がり、オレはホームへと続く階段を下りていった。

関連記事

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その1-米原、弁天町、大正、芦原橋、今宮、杉本町、堺市、東羽衣、鳳(東海道本線、大阪環状線、阪和線、東羽衣支線)

鉄旅日記2013年4月7日その1・・・米原駅、弁天町駅、大正駅、芦原橋駅、今宮駅、杉本町駅、堺市駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-善通寺)その1-徳島、中田、旧小松島駅、南小松島、阿南、牟岐、海部、甲浦(牟岐線/安佐海岸鉄道)

鉄旅日記2008年5月5日・・・徳島駅、中田駅、旧小松島駅、南小松島駅、阿南駅、牟岐駅、海部駅、甲浦

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】3日目(田沢湖近辺-男鹿半島-鳴子)-和田駅、入道崎、八望台、男鹿駅、道川駅、矢島駅、鳴子サンハイツ

車旅日記1997年8月15日 1997・8・15 9:04 和田駅 855㎞ 友と19時間をとも

記事を読む

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線) 12:33 小野新町(おの

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その1-アパホテル富山駅前、城川原駅、岩瀬浜駅、東富山駅、中滑川駅、滑川駅、魚津駅、石田駅、電鉄黒部駅、入善駅

車旅日記2005年4月30日・・・アパホテル富山駅前、城川原駅、岩瀬浜駅、東富山駅、中滑川駅、滑川駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その2-吉原、岳南江尾、本吉原、吉原本町、吉原、富士川、新蒲原、西焼津、新豊橋、三河田原(岳南電車岳南線/東海道本線/豊橋鉄道渥美線)

鉄旅日記2018年9月15日・・・吉原駅、岳南江尾駅、本吉原駅、吉原本町駅、富士川駅、新蒲原駅、西焼

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】2日目(香住-東萩)その5‐都野津、江津、西浜田、東萩(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月24日・・・都野津駅、江津駅、西浜田駅、東萩駅(山陰本線) 18:27

記事を読む

「鉄旅日記」2011年夏【みちのくひとり旅】3日目(函館-鹿角花輪)-函館、木古内、湯ノ岱、江差、津軽新城、川部、深浦、能代、東能代、十和田南(江差線/津軽海峡線/奥羽本線/五能線/花輪線)

鉄旅日記2011年8月15日・・・函館駅、木古内駅、湯ノ岱駅、江差駅、津軽新城駅、川部駅、深浦駅、能

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その2‐大館、大鰐温泉、大鰐、中央弘前、弘前(奥羽本線/弘南鉄道大鰐線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・大館駅、大鰐温泉駅、大鰐駅、中央弘前駅、弘前駅(奥羽本線/弘南鉄道

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その1-紀伊勝浦、太地、湯川、那智、三輪崎、新宮、丹鶴城公園、鵜殿(紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月9日その1・・・紀伊勝浦駅、太地駅、湯川駅、那智駅、三輪崎駅、新宮駅、鵜殿駅(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑