*

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その1‐松戸、土浦、友部(常磐線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年4月4日・・・松戸駅、土浦駅、友部駅(常磐線)
2020・4・4 5:29 松戸(まつど)駅(常磐線快速/常磐線/新京成電鉄線 千葉県)
コロナ騒動は加速した。

北陸富山を目指してから2週間。
世界は悲愴と混迷。

闘病中だった志村けんさんは亡くなり、ニューヨークは絶望している。

東京には先週から外出自粛要請が出ている。
そんな中。

都心に出るわけじゃないんだ。
常磐線で人気のない地域を目指している。

罪悪感がないわけじゃないが、オレなりのモラルを持ってクールな旅行者としてこの2日を過ごす。
それにしても朝、靴紐が切れた時は茫然となった。

金町を出るとすぐに江戸川を渡る。
毎朝その景色を楽しみにしている。


今は菜の花の季節。
自然の豊かさを想う黄色い群生は目を楽しませ、自らが暮らす地域を誇りに思う。

かつて車寅次郎が歩き、今は菜の花が咲き誇る。

そんな街を5:24に出て、5:27松戸着。
5:30発快速勝田行に乗り換える。

青春18きっぷ使用期間最後の週末。
その切符を握りしめた聞き分けのない大きな子供たちが、オレと同じように世相に逆らうようにこの列車に乗っている。

痛快ではある。

6:37 土浦(つちうら)駅(常磐線 茨城県)
利根川渡河の際に4月4日のお日様に気づいた。
遠く銚子へと流れていく先に一本の工場煙突を見た。

白煙が上がる。
かつて気づくことのなかった沿線風景を愛している。

3月14日のダイヤ改正から佐貫駅は龍ヶ崎市駅へと駅名が変更になった。
どんな事情があったのか知らないが、オレはこの変化を歓迎しない。

コロナ騒ぎで、すっかり桜の存在が霞んでしまった春。
でも人間界の事情など我関せずとばかりに咲き誇り、牛久沼に霧がたつ。

明治維新まで生き残った土浦藩。
改札を出ると駅ビルに心地よさげな喫茶スペースが設けられている。

霞城口ではなく、霞ヶ浦口へ。
群れからはぐれた鳩が一羽丸まり、しゃがみこんだ若い女性が話しかけ、連れの若いのが先を急ぎたがっていた。

西浦の端にお日様がかぶさっていた。
堤に沿って、桜木がさらに目を楽しませる。


関東じゃ、この週末で桜も終わりだろう。
土浦の桜祭りは明日までとなっていた。

邪悪なウイルスに揺さぶられて落ち着きをなくした世界で、オレがこうして2020年の春を讃えることに意味を感じている。

7:16 友部(ともべ)駅(常磐線/水戸線 茨城県)
土浦を出ると霧に包まれた。
さらに高浜あたりで霧は深くなる。

西浦の端は高浜に及ぶ。
霞ヶ浦は常磐線車窓からほんのわずかしか見えないが、この国で2番目の面積を誇る湖は様々な影響を沿線に与えている。

6分の停車。
水戸線と交わるこの駅には旅情があり、東京一極集中の現在となっては哀愁を漂わせる存在となったターミナル駅。
そのリアルな姿を知っていたいと思う。

古くからの旅館はまだ看板を下ろしていない。

関連記事

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】最終日(志賀高原湯田中-中込-東京)-湯田中、菅平湖、中込ローソン、竜王駅、道の駅甲斐大和、藤野駅、東京町田

車旅日記1998年7月20日 1998・7・20 7:25 湯田中‐某クラブ志賀高原 486㎞

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】2日目(徳山-南宮崎)その1-徳山、長府、西小倉、城野、行橋、新田原、中津、中山香、高城、佐志生、熊崎、上臼杵、臼杵(山陽本線、日豊本線)

鉄旅日記2013年8月11日その1・・・徳山駅、長府駅、西小倉駅、城野駅、行橋駅、新田原駅、中津駅、

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】2日目(新潟‐象潟‐鳴子温泉) 道の駅豊栄、道の駅朝日、道の駅温海、象潟駅-茶房くにまつ、蚶満寺、九十九島、矢島、鳴子サンハイツ

車旅日記1996年11月2日 1996・11・2 8:17 7号国道‐豊栄(道の駅) よく眠れた

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その1-金町、上野、鹿沼、日光、東武日光、宇都宮、野崎(常磐線/東北本線/日光線)

鉄旅日記2018年4月1日・・・金町駅、上野駅、鹿沼駅、日光駅、東武日光駅、宇都宮駅、野崎駅(常磐線

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その1-米原、弁天町、大正、芦原橋、今宮、杉本町、堺市、東羽衣、鳳(東海道本線、大阪環状線、阪和線、東羽衣支線)

鉄旅日記2013年4月7日その1・・・米原駅、弁天町駅、大正駅、芦原橋駅、今宮駅、杉本町駅、堺市駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その1(岩倉-東京)-岩倉、御嵩、犬山、新鵜沼、鵜沼、名電各務原、各務ヶ原、新那加、那珂、名鉄岐阜(名鉄犬山線/名鉄広見線/名鉄各務原線)

鉄旅日記2015年3月8日その1・・・岩倉駅、御嵩駅、犬山駅、新鵜沼駅、鵜沼駅、名電各務原駅、各務ヶ

記事を読む

「車旅日記」1995年秋【恋に病んで・・・西へ。1号国道をひたすら、大阪の友に会いにいく。】その2-東寺、五条大橋、琵琶湖湖岸道路、米原、関ヶ原・・・・-

車旅日記1995年11月5日 1996・11・5 9:19 1号国道-東寺 京都乱入。 晴

記事を読む

「鉄旅日記」2005年初冬【鉄旅に目覚め、銚子へと向かったのでございます。】その2-外川、犬吠、本銚子、観音、仲ノ町、銚子、千葉(銚子電鉄/総武本線)

鉄旅日記2005年12月10日・・・外川駅、犬吠駅、本銚子駅、観音駅、仲ノ町駅、銚子駅、千葉駅(銚子

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その2-田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 17:05 田原坂古戦場跡(8月11日の佐賀空港

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】2日目(天王寺-奈良)その2-なんば、上本町、鶴橋、桃谷、寺田町、天王寺、恵美須町、新今宮、奈良(南海電鉄南海線/関西本線)

鉄旅日記2007年2月11日・・・なんば駅、上本町駅、鶴橋駅、桃谷駅、寺田町駅、天王寺駅、恵美須町駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑