*

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その2‐水戸、いわき、原ノ町、鹿島(常磐線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年4月4日・・・水戸駅、いわき駅、原ノ町駅、鹿島駅(常磐線)
7:40 水戸(みと)駅(常磐線/水戸線/水郡線/鹿島臨海鉄道線 茨城県)
水戸の春は美しかった。

車窓から見る偕楽園は雅で、右手に千波湖が現れるに及び列車は庭園に踏み入れる。

桜咲く春。
この国の美しさをあらためて想う。

そしてコロナ報道に毒されて今朝を案じていた身を恥じる。
自然に接する度に、あるいは草木にも及ばない身上ではないかと思う。

もっとも天の下で暮らす身に上も下もない。

7分の停車。

常磐線が全通したこの春。
東北に向かうメインルートもまた日光街道から水戸街道へと変わった。

9:30 いわき駅(常磐線/磐越東線 福島県)
日立に着く頃に太平洋が見えた。
日差しを浴びて美しかった。

不意に昔よく聴いた尾崎豊さんの「ドーナッツ・ショップ」の歌詞が浮かんでくる。

「本当は何もかもが違うんだ」

日立の城下町を沿線に見た。
ふと車窓に目をやると桜木や海が見える。

高萩を過ぎるといつしか眠り、目覚めると勿来を過ぎていた。

いわきに着く手前に桜の公園があった。

鉄道旅に不慣れだったかつての一日に、その日の終着駅と定めたいわき。
そんな街を朝早くに過ぎていく。
当時にも予兆はあったのかもしれないが、当時からは想像を絶する今を生きている。

久々に通る道を前にそんなことを思う。
おそらくこの街でしか思い得ないことを思っている。


いわきとオレの縁が紡いだ5行もあれば足りるような思いだが、時にこうしてオレは人生を愛でる。

10:51 原ノ町(はらのまち)駅(常磐線 福島県)
原ノ町行はなかなかに混んでいる。
地方に下っていく列車にしてはという話だ。

末続あたりから再び三度太平洋が顔を出す。
かつて眺めたであろう海辺には、かつてはなかったであろう防潮堤を見て、やがて鉄路は海辺を離れていく。

常磐線が全通するのは、あの9年前の震災以来。
あの日を境に人生が変わった者もいれば、すべてが変わってしまった因果の果てにあの日を思い起こす者もある。

今年の桜前線の遡上は早く、浜通りの盛りは過ぎている。

富岡を過ぎると浪江までは未だに帰還困難区域。
鉄路はその区域をまたぎ、その区域に位置する夜ノ森駅で降りる者の姿がある。

目の前に座っていたオタク3人組はその次の大野駅で降りた。
帰還困難区域はさらにひとつ先の双葉駅まで続く。

原ノ町での乗り継ぎ時間は4分。

駅前は少し変わっていたようだ。
その記憶は、もう10年以上前のものになる。

10:59 鹿島(かしま)駅(常磐線 福島県)
行き違い4分の停車。

うららかな春の日差しを浴びて、鉄道オタクがホームに出る。
漏れ聞こえる会話には「国鉄」という文言がある。

ある種の異空間がここに生まれ、仙台へと向かう。

金町に住まうオレの、東北への新たなメインルートが生まれた。

南相馬もまたうららかな日差しの下。

関連記事

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】初日(東京-下北)その2-村崎野、六原、盛岡、八戸、野辺地、下北(東北本線、いわて銀河鉄道線、大湊線)

鉄旅日記2016年3月19日その2・・・村崎野駅、六原駅、盛岡駅、八戸駅、野辺地駅、下北駅(東北本線

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線) 2020・2・24 5:39

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美濃川合駅(高山本線/太多線)

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】初日(長岡-会津-福島-山形)走行距離388㎞ その1-長岡駅、小出駅、田子倉駅、只見駅、会津水沼駅、会津坂下駅、猪苗代駅

車旅日記2005年7月16日 2005・7・16 9:38 長岡駅 MAXトキ307号で北越の街

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その3-宇土、松橋、八代、出水、牛ノ浜、草道、鹿児島中央(鹿児島本線/肥薩おれんじ鉄道)

鉄旅日記2015年8月13日その3・・・宇土駅、松橋駅、八代駅、出水駅、牛ノ浜駅、草道駅、鹿児島中央

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】初日(東京-徳山)穂積、姫路、英賀保、金光、福山、天神川、徳山(東海道本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月10日・・・穂積駅、姫路駅、英賀保駅、金光駅、福山駅、天神川駅、徳山駅(東海道

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その3-腰越、龍ノ口寺、江ノ島、湘南江の島、片瀬江ノ島、新宿(江ノ島電鉄/小田急電鉄江ノ島線)

鉄旅日記2017年11月12日・・・腰越駅、江ノ島駅、湘南江の島駅、片瀬江ノ島駅、新宿駅(江ノ島電鉄

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その3-稚内サンホテル

車旅日記2004年5月4日 21:39 稚内サンホテル325号 素敵な部屋に案内してもらった。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その3-勝沼ぶどう郷、大月(中央本線)

鉄旅日記2018年10月8日・・・勝沼ぶどう郷駅、大月駅(中央本線) 17:25 勝沼ぶどう郷(か

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

車旅日記2006年7月16日・・・津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテル

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑