*

「鉄旅日記」2012年夏 【青春18きっぷで、北海道途中下車旅】4日目(岩見沢-羽後本荘)-岩見沢、札幌、銭函、小樽、倶知安、蘭越、長万部、中ノ沢、五稜郭、上磯、釜谷(函館本線、江差線)

公開日: : 最終更新日:2023/07/01 旅話, 旅話 2012年

鉄旅日記2012年8月14日・・・岩見沢駅、札幌駅、銭函駅、小樽駅、倶知安駅、蘭越駅、長万部駅、中ノ沢駅、五稜郭駅、上磯駅、釜谷駅(函館本線、江差線)
2012・8・14 岩見沢(いわみざわ)駅(函館本線/室蘭本線 北海道)
素敵な朝だ。
なんて素晴らしい朝だろう。

気候の話であり、
空気の話であり、
空の話であり、
気持ちの話でもある。
岩見沢で迎えた朝を忘れないだろう。

鉄道の歴史では重要な位置にいるという岩見沢駅構内は大きく、新装なった新駅舎も様々な時代を経てもなお、格を受け継いでいる。

一般的には有名な街ではない。
オレの中では小学生の頃に駒大岩見沢が甲子園で旋風を巻き起こしたことに遡る。

プロレス興行ではジャイアント馬場×クロー攻撃を得意とする妖獣バロン・フォン・ラシクが組まれたことを後に知った。

三条レンガ通りあたりに繁華街があり昨夜の人出は芳しいものじゃなかったが、入った店での味噌チャーシュー麺は今まで食べたどの味噌ラーメンより美味かった。

街をさらに進むと川に出てそのあたりに行政機能が固まっている。
これは地図で得た知識だ。

岩見沢の鉄道開業には空知炭鉱群の存在があり、通りにそんなことを記したチラシが貼ってあった。
一度調べてみたい歴史ではある。

空が広い。
かつて感動しながら旭川への道を走った記憶が蘇った。

6:50 札幌(さっぽろ)駅(函館本線/千歳線/学園都市線 北海道)
さっきから思い出している記憶がある。
車窓からテレビ塔が見えてさらに蘇る。
あれも夏だった。

北海道の通勤通学者と遭遇して、ここで大規模な入れ替えがあったが、小樽行は満席状態。

札幌の手前2駅くらいからが札幌だった。
高層マンションが隙間なく建ち並ぶ様は世界的に見ても屈指の街であるに違いない。

そして走り出して3駅目の発寒中央で札幌を抜けた。

7:29 銭函(ぜにばこ)駅(函館本線 北海道)
銭函で海を見る。
海辺という予備知識は持っていなかったから嬉しかったよ。

札幌通勤圏でもあり、観光地でもあり、場末を漂わせる古い駅舎を持つ町でもある。

ラーメン焼き肉ホルモンって、昔はあったよな。
岩見沢でも、そんな看板を掲げている店に入りそうになった。
でも味を信用するつもりにはなれない。

駅構内に置かれた銭函をカメラに収め、夏の日差しの中へ。

銭函を出ると日本海に沿い浅里へ。
「石狩挽歌」に同名の浜の名が出てくる。

8:04 小樽(おたる)駅(函館本線 北海道)
テーマパークのような小樽築港から南小樽。

やがて高架になり目を下に移すと繁華街が見える。
地図で見ると寿司屋通りのあたりか。
そこは観光地区とは違う街区で、小樽という街の大きさを感じた。

ランプに彩られた重厚な小樽駅を出て、駅前の風景に心を奪われてケータイをかざす。
海へと伸びる坂道の先に帆柱が見えた。

こんな晴天は年にいくらもない。
人生でもそうはないと思わせる空だ。

小樽にもいつか泊まりにこなきゃならないと思う。

9:28 倶知安(くっちゃん)駅(函館本線 北海道)
10数分の停車。

登山客、観光客が乗り降りする羊蹄山が聳える町。
駅を出て右前方にその偉容を目に捉えた時、やはりオレには知らないことが山ほどあると思い知り、北の大地で初めて名前と位置の確認ができた名山との遭遇に心が沸いた。
山はいつ来ても見えるわけじゃない。

倶知安は町だった。
隣席の情報だと支庁があるという。

駅前を人々が行き交い、おそらくアテがあるのだろう。
タクシーが数多く集まり運転手たちが陽気に喋り、ホテルも3軒は確認した。

こうして人生が続けられていくことに肯定的でいられる最たる時間がそこにあった。
それまでは眠っていたんだ。
平凡な風景と風と太陽のせいでさ。

10:16 蘭越(らんこし)駅(函館本線 北海道)
ここでも10数分の停車。

ビールというのは地域によって値段が違うもんなんだな。

蘭越も町だった。
高校があり、通りに出て酒屋を見つけると走ったよ。
そこには元気な子供が4人いて、「蘭越のおばさん」にまとわりついていた。

あれも夏の光景だ。
お盆の頃に子供が集まる風景。
悪くないな。

跨線橋から羊蹄山、ニセコ岳ほかいろいろ見えた。
北海道の次回の計画はまた練り直そう。
その作業もまた楽しい。

長万部(おしゃまんべ)駅(函館本線/室蘭本線 北海道)にて

13:26 中ノ沢(なかのさわ)駅(函館本線 北海道)
長万部では海を見た。
2日前は暗かったからあそこが海だとは思わなかった。

若い女性が靴を脱いで海に入っていた。
いいよな、ああいう光景は。
昨日紅葉山まで一緒だった女性に似てる気がしたけど、駅ですれ違ったら違っていた。

ビールと長万部名物のかに飯弁当を食べて、一駅4.6キロ40分の徒歩行。
暑いけど、体調と年齢を心配したけど、なんてことないな。
オレはまだまだいける。

達磨駅の隣に中ノ沢屋という自給自足的な掘っ立て小屋式宿が並んでいる。
駅ノートによれば近くのチャンポン屋は美味しいらしい。

函館行、混んでるなあ。
長万部での乗り継ぎは今後も課題になる。

五稜郭(ごりょうかく)駅(函館本線/江差線 北海道)にて

16:49 上磯(かみいそ)駅(江差線 北海道)
立ちっぱなしの函館本線。
オレをそんな目に遭わせた数人とはおそらく木古内で再会するだろう。

函館本線の景色は飽きさせない。
太平洋、駒ケ岳、大沼。
そう言えば流山温泉で下りたあの少年たちは一昨日も会ったよな。

五稜郭で下りて一服。
江差線ではどうにか座ることができた。

この線の中心駅上磯で数分の停車。
北海道にしては面白みに欠ける駅舎だった。

上磯は町だった。
最初にスナックの入った建物が目に入る。
木古内を小さくしたような感じだが、函館に近いからか若干洗練されてたようだ。

夏休みだから、さっきの少年たちもそうだが、ボーイスカウトだかの大会でもあるのか、その手の集団をよく見かける。

そして函館山が遠くなる。

17:22 釜谷(かまや)駅(江差線 北海道)
北海道にさよならを。
函館山にさよならを。
ここで数分の停車。

津軽海峡函館松前線の海岸線が好きなんだ。
よく思い出す風景の中に挙げられる。

集落も途切れることはないが、ここには達磨の待合室があるだけで通りに出ても商店はなく、行き交う車もまばらだった。

素敵な夏の日。
長万部でも祭の準備ができていた。
夕張でも開催は明日なのだろう。

関連記事

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その2-富士宮、身延、鰍沢口、市川大門、南甲府、石和温泉、山梨市、塩山、甲斐大和、四方津、梁川、上野原、国分寺、武蔵境(身延線、中央本線)

鉄旅日記2012年3月20日その2・・・富士宮駅、身延駅、鰍沢口駅、市川大門駅、南甲府駅、石和温泉駅

記事を読む

「鉄旅日記」2007年皐月【夜汽車に乗って東京を離れ、山陰山陽へ。鉄旅最初の長旅でございました。】2日目(米子-福山)-松江、宍道、出雲横田、出雲坂根、備後落合、塩町、府中、福山城、福山(山陰本線/木次線/芸備線/福塩線)

鉄旅日記2007年5月4日・・・松江駅、宍道駅、出雲横田駅、出雲坂根駅、備後落合駅、塩町駅、府中駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】4日目(佐賀-松浦)その2-大村、竹松、早岐、佐世保、佐世保中央、中佐世保、左石、佐々、たびら平戸口、松浦(大村線/佐世保線/松浦鉄道)

鉄旅日記2009年9月21日・・・大村駅、竹松駅、早岐駅、佐世保駅、佐世保中央駅、中佐世保駅、左石駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その1-金町、新宿、新松田、松田、沼津(常磐線/山手線/小田急小田原線/御殿場線/東海道本線)

鉄旅日記2018年9月15日・・・金町駅、新宿駅、新松田駅、松田駅、沼津駅(常磐線/山手線/小田急小

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その2-新清水、静岡、草薙、興津、裾野、御殿場、駿河小山、国府津、逗子、横須賀、田浦、新川崎(東海道本線、静岡鉄道、御殿場線、横須賀線)

鉄旅日記2012年4月8日その2・・・新清水駅、静岡駅、草薙駅、興津駅、裾野駅、御殿場駅、駿河小山駅

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】4日目(鳴子温泉‐米沢‐猪苗代‐郡山)鳴子サンハイツ、道の駅むらやま、金渓ワイン、日布峠、こたかもりドライブイン、郡山スターホテル

車旅日記2000年5月6日 2000・5・6 7:19 鳴子サンハイツ 1011㎞ 低調な朝だ。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その3-只見、会津川口、会津本郷、南若松、会津若松(只見線/会津鉄道)

鉄旅日記2018年3月3日・・・只見駅、会津川口駅、会津本郷駅、南若松駅、会津若松駅(只見線/会津鉄

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】2日目(木曽-野麦峠-信州新町-志賀高原湯田中)-道の駅日義 木曾駒高原、木曽福島駅、木曽福島タイムリー、開田村、野麦峠扇屋、奈川渡ダム、道の駅信州新町

車旅日記1998年7月19日 1998・7・19 6:28 19号国道‐日義 木曽駒高原(道の駅)

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】初日 (東京‐三国峠‐新潟)- 橋本、拝島、東松山、籠原駅、高崎、月夜野情報サービスセンター、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

車旅日記1996年11月1日 1996・11・1 12:13 東京町田 昨夜の決意は固かったけど

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その2-郡山、福島、曽根田、仙台、一ノ関(東北本線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・郡山駅、福島駅、曽根田駅、仙台駅、一ノ関駅(東北本線) 11:08

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑