*

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その3-盛岡、上米内、区界(東北本線/山田線)

公開日: : 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年9月21日・・・盛岡駅、上米内駅、区界駅(東北本線/山田線)
17:39 盛岡(もりおか)駅(東北・北海道新幹線/秋田新幹線/東北本線/田沢湖線/山田線/花輪線/IGRいわて銀河鉄道 岩手県)
平泉を過ぎて北上川を車窓から眺めると力尽きたかのように眠った。
列車に揺られているといくらでも眠れるが、夜になると案外眠れないものだ。

岩手山がよく見える。

昨日始まったラグビーワールドカップは釜石でも行われる。
大男たちの祭典を駅では盛り上げていた。

これから山田線へ。

道理などなく、どうしても降りたい駅がある。

18:07 上米内(かみよない)駅(山田線 岩手県)
行き違い4分の停車。

イーハトーブは東京より東に位置している。
日没は多少遅いと踏んでいたが、ほぼ変わらずあたりは真っ暗だ。

盛岡ではそこそこいた乗客も2駅目には7割方降りてしまって、この先で増えることはあるのだろうか。

駅前で商売をされているお宅が店先で賑やかに食事をしていた。
懐かしく暖かい風景に気持ちが和む。


東京から恋人が便りをくれるが、オレはこうしてひとり。

そんな旅好きの男が目指したいと思う場所に向かっている。

19:32 区界(くざかい)駅(山田線 岩手県)
兜明神岳の麓、区界峠。

宮古から物資を運ぶ馬方や旅人は、盛岡入りの前夜をここで労ったとある。
さらに峠の茶屋の逸話も記されたポスターが壁に貼ってある。



106号国道を行き交う車の速度は速く、凄まじい音として聞こえてくる。
ただし車が絶えると静寂の後かすかに秋の虫の声がする。

駅を下ってすぐのところに道の駅「区界高原」がある。
気温は13度と表示されていた。

ひとつ手前の上米内から30分。
上米内の次の駅が区界だった。

道の駅で見た地図にはその間に2つの駅が記されていた。
いつ廃駅になったのか。
オレの頭でも上米内の次が区界ではなかった。

上り3本、下り2本。
この駅に止まる列車は日々それしかない。

かつて使われていたホームは朽ちて、その間にいくつもの線路が敷かれていたことが窺える空間がある。
酔いも手伝ったのだろうが、慎重に線路に下りてみた。


闇の中に現在と過去を見た。
未来は見えなかった。

もう少し星が見えてもよさそうだが、仕方がない。
両の掌を天にかざしてみた。

神々が宝物のようなものをいくつも乗せてくれたような感覚があって、計り知れない幸福感を味わっていた。

19:48発盛岡行き。
10分ほど経った頃、警笛を発した後に1両の車両は停車した。

鹿と衝突したようだ。
衝撃が伝わることはなく、車両は停車したままだ。
トンネル内ではないが、インターネットは通じていない。

13分後に運転を再開した。

21:51 大正館3号室
いくぶん肌寒い盛岡の街。
でもこの部屋の窓は開けてある。

これでいい。
盛岡市民が行き交う音がする。

駅から北上川に架かる不来方橋に向かう。
ホテルの他はひとつの商店もなく、広い道を行く車もまばらだった。

旅館はすぐに見つかり繁華街に向けて歩く。
映画館前の狭い広場で夕涼みのような光景が見られ、アーケード街の人出は多かったが、音を覚えていない。

駅も街もとても静かだった。

コンビニで買った盛岡名物冷麺。
とても美味かった。
次はきちんとした店に入ろうと思う。

【Facebookへの投稿より】
旅に出ております。

昨夜、道理も何もなくJR山田線の区界駅に降り立ち、「ひとりぼっちの世界」で70分ほど物思いに耽りました。

宿は盛岡にとっておりました。

北上川は美しく、曇天ではありましたが、岩手山も顔を出してくれました。

現在、三陸へと向かっております。

関連記事

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その4‐小柳、筒井、八戸、盛岡、北上(青い森鉄道/東北・北海道新幹線/東北本線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・小柳駅、筒井駅、八戸駅、盛岡駅、北上駅(青い森鉄道/東北・北海道新

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その1(東京-宇治)-東福寺、祇園四条、伏見稲荷、稲荷、男山山上、八幡市、枚方市、私市、河内森、河内磐船、交野市(京阪本線/男山ケーブル/京阪交野線)

鉄旅日記2015年3月21日その1・・・東福寺駅、祇園四条駅、伏見稲荷駅、稲荷駅、男山山上駅、八幡市

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】4日目(富良野-大館)その2-南千歳、苫小牧、登別、東室蘭、北舟岡、伊達紋別、長万部、森、新函館北斗、大館(千歳線/室蘭本線/函館本線/北海道新幹線/奥羽本線)

鉄旅日記2016年8月13日・・・南千歳駅、苫小牧駅、登別駅、東室蘭駅、北舟岡駅、伊達紋別駅、長万部

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その1-扇町、浅野、海芝浦、国道、大川、保土ヶ谷、東戸塚、網代、伊豆多賀、宇佐美、熱海(鶴見線、海芝浦支線、大川支線、東海道本線、伊東線)

鉄旅日記2012年4月8日その1・・・扇町駅、浅野駅、海芝浦駅、国道駅、大川駅、保土ヶ谷駅、東戸塚駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その2-会津荒海、会津田島、会津下郷、塔のへつり、湯野上温泉、西若松(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月2日・・・会津荒海駅、会津田島駅、会津下郷駅、塔のへつり駅、湯野上温泉駅、西

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その2-富士宮、身延、鰍沢口、市川大門、南甲府、石和温泉、山梨市、塩山、甲斐大和、四方津、梁川、上野原、国分寺、武蔵境(身延線、中央本線)

鉄旅日記2012年3月20日その2・・・富士宮駅、身延駅、鰍沢口駅、市川大門駅、南甲府駅、石和温泉駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その2-山田上口、宮川、川添、伊勢柏崎、尾鷲、新鹿、熊野市、紀伊勝浦(参宮線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その2・・・山田上口駅、宮川駅、川添駅、伊勢柏崎駅、尾鷲駅、新鹿駅、熊野市

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その3-奈良、加茂、伊賀上野、亀山、静岡、沼津(関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2019年3月3日・・・奈良駅、加茂駅、伊賀上野駅、亀山駅、静岡駅、沼津駅(関西本線/東海道

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】最終日(多治見-東京)その1-多治見、瑞浪、明智、岩村、極楽、恵那(中央本線/明知鉄道)

鉄旅日記2019年3月24日・・・多治見駅、瑞浪駅、明智駅、岩村駅、極楽駅、恵那駅(中央本線/明知鉄

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】4日目(米子-呉)その1-米子、安来、来待、西出雲、弘南、温泉津、波子、浜田、石見川本(山陰本線/三江線)

鉄旅日記2014年8月16日その1・・・米子駅、安来駅、来待駅、西出雲駅、弘南駅、温泉津駅、波子駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その4‐安積永盛、鏡石、須賀川、新白河、黒磯、宇都宮(東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・安積永盛駅、鏡石駅、須賀川駅、新白河

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その3‐一ノ関、小牛田、仙台、福島、郡山(東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・一ノ関駅、小牛田駅、仙台駅、福島駅、

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑