*

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その1(岩倉-東京)-岩倉、御嵩、犬山、新鵜沼、鵜沼、名電各務原、各務ヶ原、新那加、那珂、名鉄岐阜(名鉄犬山線/名鉄広見線/名鉄各務原線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/20 旅話, 旅話 2015年

鉄旅日記2015年3月8日その1・・・岩倉駅、御嵩駅、犬山駅、新鵜沼駅、鵜沼駅、名電各務原駅、各務ヶ原駅、新那加駅、那珂駅、名鉄岐阜駅(名鉄犬山線/名鉄広見線/名鉄各務原線)
2015・3・8 5:41 岩倉(いわくら)駅(名鉄犬山線 愛知県)
岩倉は山内一豊の生誕地で、二つの城跡と五条川の桜並木を名所として並べている。

織田信長による尾張統一戦に岩倉織田氏というのが登場する。
山内一豊の父がその家老を務めていたわけだが、やがて信長によって滅ぼされ、岩倉は歴史から身を隠すことになる。

知人で犬山出身のNさんの話じゃ、現在の岩倉は危険な街で、暴力団による発砲事件が数回ニュースになったらしい。

駅前は東西とも小ぶりなロータリーができていて、西口の方にチェーン居酒屋が張りついているだけの面白みのない街で、とても暴力団抗争の原因になるとは思えないが、かつての織田氏による身内抗争のように、生死に発展する争いというものは、一般的見地からは理解を超えた複雑な事情を有するものなのかもしれない。

まだ暗い早朝の岩倉駅。
地下の改札へと下りていくと構内放送からやわらかなギターの音色が聞こえる。
駅長の選曲なのだろうか。
とてもいい趣味だ。

昨夜、常滑から乗った特急列車での放送にも同じことが言えるが、名鉄文化は独自の発展形を辿っているようだ。

6:41 御嵩(みたけ)駅(名鉄広見線 岐阜県)
終着駅は近かった。

犬山から新可児行に乗り換える。
さらに新可児から御嵩までという二つの区間に分かれる名鉄広見線。

新可児駅は線路の行き止まりに駅舎があって、3年前の夏にJR可児駅で降りた際に名鉄の終着駅があることに驚いた過去を持つが、終着駅ではなかったわけだ。

そしてその新可児から御嵩行きに乗り込んだのはただひとりオレのみ。
廃止が検討されている区間だとのちに知る。

駅は中山道49番目の宿場町の中に放り込まれたように見事に町と同化していた。
駅横の広場では老人たちが集まってラジオ体操をしている。
鄙びた宿場町だがこの先中山道は山路になり、地図で見る限り一帯は今も人煙稀な様子で、48番目の細久手宿は遠く瑞浪まで戻る。

ここから犬山に戻る。

7:59 犬山(いぬやま)駅(名鉄犬山線/名鉄広見線/名鉄各務原線 愛知県)
御嵩への行き帰りとも明智で降りるかどうか悩んだ。
明智光秀ゆかりの地でもあるし、名鉄2004年問題に先立つ2001年までは明智から分岐する八百津線というのが走っていたという。

名鉄の鉄路延伸への底知れぬ情熱があったことをそこここで知った。
次の犬山遊園からも2008年までモンキーパークモノレール線が運行していた。

得意先のTさんは幼少の頃、一宮のお祖母さんの元に遊びに行った際に連れられてきたことがあるそうだ。
今も愛らしいTさん。
当時の彼女を想像すると表情が綻ぶ。

そしてここ犬山はもうじきにお別れを言わなきゃならないNさんが生まれた街。
この旅の計画当初から彼女の事は頭にあった。
3月13日に手土産を持って会いにいくことを考えている。

街を見ておこうと木曽川へと下っていくと左手に古い町並みが散見される。
堀端で国宝犬山城への思いを断ちがたく左に折れ、お城の開館には早すぎて城門前で引き返し、観光街を早足で抜け、ついには走りだして予定の列車に間に合わせた。

古くて美しい街との短い出会いだった。
犬山城は車窓からよく見えた。

犬山城への道






8:14 新鵜沼(しんうぬま)駅(名鉄各務原線 岐阜県)
どこからかハーモニカの音色が聞こえた鵜沼駅。
あたりの寛やかな景観にとてもよく調和していた。

駅は変わっていた。
まるで美術館だ。
名鉄駅とをつなぐ空中回廊ができていて、その往復を終えられる程度の時間しかとれなかった鵜沼への再訪。
犬山城がよく見え、岐阜方面へ伸びる線路の果てには雪をかぶった伊吹山が神々しい姿を見せている。

犬山橋へとつながる27号県道に接している新鵜沼駅には往来が見られたが、かつて立ち寄った鵜沼駅とはもしかしたら新鵜沼駅かもしれないと思い始め、おそらくそれが事実であろうと感じている。

日本ラインに目を見張り、宿場の風情を嗅ぎ、駅に寄りはしたが往来の迷惑になってはいけないとすぐに離れた20代の車旅。
駅に寄ることに喜びは感じていたが、たまたま立ち寄ったのが駅であれば幸運だと思う程度で、今のような鉄道旅など思いもよらぬ頃だった。

鵜沼(うぬま)駅(高山本線 岐阜県)にて

8:31 名電各務原(めいでんかがみがはら)駅(名鉄各務原線 岐阜県)
各務ヶ原駅はまるで潰れたパチンコ屋みたいで、ある意味圧倒された。
錆びの入り具合から廃墟となって相応しい年月を読み取れる代物だったが、実は潰れちまったパチンコ屋などではなく、高山本線の現役駅舎としての機能を持たされていることに感動した。

ホームに出ようとするとどこからか犬を連れた女性が現れて、オレの後に続き跨線橋を渡っていく。
ホームから見えた愛宕山をケータイに残して駅を離れた。
この街ではあの駅の記憶さえあればいい。

駅前を走るのは21号国道。
かつて2度この道を通って琵琶湖へ出たことを思い出している。

各務ヶ原駅(高山本線 岐阜県)にて

8:56 新那加(しんなか)駅(名鉄各務原線 岐阜県)
市役所前、市民公園とまるで各務原市内循環バスみたいな駅名が続いて、JR駅と交わるここで降りた。
通りの先に往来が見える。
青空の下で映える街が見えた。
ただ、そこまでを往復する時間は用意していない。

那加駅は新しく簡素な造りだった。
やがてあの各務ヶ原駅もあんなふうに姿を変えてしまうのだろうか。
賛否を問う資格はこの街に縁を持たないオレにはない。

しかしこうして今年も春がきた。

世界は荒れ、テロリストが国家樹立を謳い、10歳の少女が本人の意志とは関わりなく市場を修羅場へと導く役目を負わされ、パリ市民の表情が恐怖で歪んだ冬を過ごした。
人類の今後に対して希望を持ちづらい冬は取り分け寒く感じた。

不安は解消されることはなく、むしろ増幅の危険性すら感じられる世界だが、ここでこうして春の訪れを喜べる気持ちでいられることを幸福と思う。

那加(なか)駅(高山本線 岐阜県)にて

名鉄岐阜(めいてつぎふ)駅(名鉄本線/名鉄各務原線 岐阜県)にて

関連記事

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】初日(東京-安中)その1-金町、熱海、城ヶ崎海岸、伊豆熱川、伊豆稲取、今井浜海岸、河津(常磐線/東海道本線/伊東線/伊豆急行線)

鉄旅日記2019年2月9日・・・金町駅、熱海駅、城ヶ崎海岸駅、伊豆熱川駅、伊豆稲取駅、今井浜海岸駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】初日(東京-新大宮)その1-近鉄富田、富田、近鉄四日市、湯の山温泉、伊勢若松、平田町、鈴鹿市、鳥羽、賢島(名古屋線/湯の山線/鈴鹿線/山田線/鳥羽線/志摩線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・近鉄富田駅、富田駅、近鉄四日市駅、湯の山温泉駅、伊勢若松駅、平田町

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その1-松戸、北松戸、馬橋、萬満寺、流山、近藤勇陣屋跡、小金城趾、幸谷、新松戸、北小金、南柏、北柏、我孫子(常磐線/流鉄流山線)

鉄旅日記2018年9月22日・・・松戸駅、北松戸駅、馬橋駅、流山駅、小金城趾駅、幸谷駅、新松戸駅、北

記事を読む

2020年如月【水上温泉につかりにいったある週末の記憶をSNSへの投稿より振り返ります。】-土合、水上、後閑、沼田(上越線)

鉄旅日記2020年2月8日~9日・・・土合駅、水上駅、後閑駅、沼田駅(上越線) 水上に投宿する前に土

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その4‐矢島、前郷、金浦、酒田(由利高原鉄道鳥海山ろく線/羽越本線)

鉄旅日記2019年12月7日・・・矢島駅、前郷駅、金浦駅、酒田駅(由利高原鉄道鳥海山ろく線/羽越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その2‐新白河、郡山、福島、仙台(東北本線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・新白河駅、郡山駅、福島駅、仙台駅(東北本線) 8:20 新白河(し

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その2-新開地、湊川、鈴蘭台、三木上の丸、三木城址、三木、粟生、神鉄三田、ウッディタウン中央、横山、有馬口、有馬温泉、鵯越(神戸電鉄有馬線/神戸電鉄粟生線/神戸電鉄三田線/神戸電鉄公園都市線)

鉄旅日記2017年8月13日・・・新開地駅、湊川駅、鈴蘭台駅、三木上の丸駅、三木駅、粟生駅、神鉄三田

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その1-アパホテル山形駅前大通、羽前山辺駅、寒河江駅、左沢駅、柴橋駅、天童駅、村山駅、新庄駅、羽前前波駅

車旅日記2005年7月17日 2005・7・17 8:51 アパホテル山形駅前大通802号室

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】3日目(琴平-高知)-琴平、讃岐財田、阿波池田、大歩危、土佐山田、後免、後免町、安芸、奈半利、高知、桟橋通五丁目(土讃本線、土佐くろしお鉄道阿佐線、土佐電気鉄道桟橋線)

鉄旅日記2009年5月3日・・・琴平駅、讃岐財田駅、阿波池田駅、大歩危駅、土佐山田駅、後免駅、後免町

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】4日目(米子-呉)その1-米子、安来、来待、西出雲、弘南、温泉津、波子、浜田、石見川本(山陰本線/三江線)

鉄旅日記2014年8月16日その1・・・米子駅、安来駅、来待駅、西出雲駅、弘南駅、温泉津駅、波子駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑