*

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

公開日: : 旅話, 旅話 1997年

鉄旅日記1997年3月11日
1997・3・11 羽田空港内カフェテリア
17:00を待っている。

空港入りしたのは今から1時間ほど前。
オレと同じような風体の男たちはすでにビールのジョッキを傾けている。
オレはアイスコーヒー。

彼等は現地に着けば今日の仕事は終わりなのだろう。
旅慣れた男たちの余裕がそこにある。

オレはそうはいかない。
現地で待ち合わせているお得意はもうホテルに入っただろうか。

こんな場所にいるといろいろなことを考える。
いずれにしろ、これから2時間後に四国にいることが気持ちを落ち着かせない。

人は信じられぬほどの安易さで移動していくもの。
そして今日オレもその仲間に入った。

空港に来るのは久しぶりだ。
仕事中だが、この心のゆとりは何だろう。
オレが作り上げた仕事の中に、思いがけず入っていたこうした事態を喜んでいる。

恋する人よ、もうすぐオレは上空。
高知に到着して君を想うことを楽しみにしている。

1997・3・11 市電グランド通り駅前オリエントホテル605号室
高知の夜。
人とのふれあいは楽しめなかったけど、この夜を楽しむことはできた。

同年齢のお得意は話の分かる人だった。
仕事の本番は明日。

進行具合によって彼がどのように豹変するか見当もつかないが、今心配することじゃない。
明日のことは明日考えればいい。

彼はきっと安心して眠りにつくだろう。
従ってオレもまた。
今夜はそれでいいじゃないか。

適当なBGMをラジオ局に委ねている。
オレの部屋であればストーンズをかけている。

こうして部屋に入れば、ここがどこであろうがどうでもよくなる。
ただオレは高知にいる。
それだけは事実だ。
そして今夜はその事実を大切にすべき夜だ。

今夜、お得意と酒を飲むのも大切な仕事だった。
そうして2軒飲み歩いた。
それが彼にとってもオレにとっても仕事だった。

仕事にもいろいろある。
今夜はその魅力に魅入られて眠りたい。
幸い清潔なベッドが用意されている。

恋する人よ、明日への恐怖心なんてないさ。
まずそのことを喜んでくれないか。

そしてオレが作った仕事で今高知にいることをたたえてくれないか。
そうしてくれれば楽になれる。

心の奥底の話をしている。
他のヤツには何を言われようと構わない。
君がどう思うかだけが気がかり。

おやすみ。
明日の夕方には東京に帰る。

君に贈るべき素敵な土産が目についたらアタッシュケースに入れて帰る。
問題はそいつをいつ君に渡すかだ。

でもそれも今心配することじゃない。

1997・3・12 東京町田
たまには空にも昇ってみるものだ。

羽田で残照に魅入られ、雲の上の太陽の輝きに驚嘆し、明るさを少し残した高知の街には海から入った。
素晴らしい四国上陸風景だった。

ホテルまで乗ったタクシー運転手と仲良くやりたかったけど、向こうにはそのつもりはなかった。
それが残念で少し気分を害したけど、だからといって高知を恨むつもりはない。

それからお得意と飲みに出かけた。
仕事の話が中心で、二人で同世代の人間がノシていけるようになったことを喜んだ。

高知で関わった女性はみんな素晴らしかった。
2軒目で入った閑散とした店で働く女性はチャーミングだったし、今日入った高知駅の土産物屋のオバチャンもいい味を出していた。
あの時の軽妙なやりとりは忘れがたい。

高知には正味13時間しかいなかったから、街に対してとやかく言えないけど、聞かれれば「いい街だった」と伝えるだろう。

こんな旅を用意してくれたお得意には感謝している。
彼は無事に広島に着いただろうか。
そんな心配ができる間柄になれたと思っている。

恋する人よ、仕事にもこうした要素があっていい。
そしてそうした機会をつかんでほんの少しランクを上げたオレを喜んでほしい。

うん、少し大きくなれた気がするよ。
もう飛行機の乗り方を心配する必要もなくなったしね。

関連記事

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 2018・3・3 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その2-三つ峠、塩山、酒折、塩尻、新島々、西松本、松本(富士急行/中央本線/アルピコ交通上高地線)

鉄旅日記2018年2月10日 10:06 三つ峠(みつとうげ)駅(富士急行 山梨県) 次

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その3-金島、中之条、川原湯温泉、大前、羽根尾、高崎問屋町(吾妻線)

鉄旅日記2018年2月11日 15:43 金島(かなしま)駅(吾妻線 群馬県) 渋川を過

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その2-阿字ヶ浦、那珂湊、勝田、大津港、日立、常陸多賀(ひたちなか海浜鉄道湊線/常磐線)

鉄旅日記2018年4月25日 13:17 阿字ヶ浦(あじがうら)駅(ひたちなか海浜鉄道湊

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を通過して塩尻峠を下りていく。

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】初日(東京-三国峠-新潟)-町田、東福生駅、山田うどん、前橋市田口町、月夜野道路情報ターミナル、奥平温泉遊神館、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

車旅日記1997年8月13日 1997・8・13 10:30 東京町田 出発が遅れている

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その1-市川塩浜、五井、上総牛久、馬立、上総鶴舞、里見(京葉線/外房線/小湊鉄道)

鉄旅日記2018年9月23日 2018・9・23 7・06 市川塩浜(いちかわしおはま)

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その2-湖北、下総松崎、成田、香取、延方、北浦、佐原、大戸(我孫子支線/成田線/鹿島線)

鉄旅日記2018年9月22日 8:55 湖北(こほく)駅(成田線我孫子支線 千葉県) 成

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】初日(東京-米原-福井-越前大野)その2-越前花堂、花堂、越前大野、越前大野城(越美北線)

鉄旅日記2018年10月6日 16:33 花堂(なはんどう)駅(福井鉄道福武線 福井県)に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年睦月【SNSへの投稿より】年明けの心象風景を載せた4篇でございます。

【2019・1・13 Facebookへの投稿より】 昨日、

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その3-名取、岩沼、福島、郡山、新白河、上野(東北本線)

鉄旅日記2019年1月6日 15:07 名取(なとり)駅(東

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その2-本吉、柳津、前谷地、石巻、宮城野原、仙台空港(気仙沼線/石巻線/仙石線/仙台空港鉄道仙台空港線)

鉄旅日記2019年1月6日 10:00 本吉(もとよし)駅(

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その1-一ノ関、陸中門崎、千厩、猊鼻渓、気仙沼(大船渡線)

鉄旅日記2019年1月6日 2019・1・6 5:47 一ノ

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-長岡-坂町-米沢-福島-一ノ関)その3-米沢、福島、仙台、一ノ関(奥羽本線/東北本線)

鉄旅日記2019年1月5日 17:34 米沢(よねざわ)駅(

→もっと見る

    PAGE TOP ↑