*

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

公開日: : 旅話, 旅話 1996年

鉄旅日記1996年5月4日
1996年5月4日の記憶
一夜明けた。

友人夫婦はそこでしっかりと生活していた。
その空間には関西のラジオ局が選択した曲がかかり、オレはボサッと彼等の支度ができるのを待っていた。
そのラジオ局のステッカーは、山口ナンバーの彼の愛車にも貼ってある。

ルートは奈良に決まったらしい。

車の中、失礼ながらオレはよく眠った。
ひとりでいる時には感じなかった疲労が、友といる安らぎの中で顕在化したんだろう。

彼等は何も言わない。
オレをよく理解してくれる大切な人たち。
そしてオレに美味いものを食わせることに執心してくれていた。

案内してくれたのはラーメン屋。
「ちょっぴり変わった味だけど、オレたちはこいつを気に入っているんだ」と言う。
確かに変わった味で、そしてとても美味かった。

空は曇っていた。
なぜかオレは頭痛に悩まされていた。

友のジョークは相変わらず一流で、オレはよく笑った。
「奈良は田舎。腰が抜けるほど田舎」。
ずっとそんな調子。
しかし頭痛は引かなかった。

彼等が案内してくれた場所はどこも素晴らしかった。
特に奈良市街が見渡せる小高い場所は気に入った。

前回、彼等と神戸で遊んだ時は時間が足りなかった。
あの日のオレたちは妙に疲れていた。
夕方を迎える前に大阪への道を戻り、彼等の家の近くで寿司の詰め合わせと酒を買って帰った。

頭痛はまだ引かなかった。
その夜のことはよく覚えていない。

彼等といる時の幸福感は成熟したものになっていた。
そして二人はオレから疲れを取り除こうと最初に風呂に入れてくれた。

奥さんがオレに冗談を言う。
間違いない。
この友の奥さんは彼女しかいない。

やがて風呂から上がると、交替に二人は何気なく風呂場に消えていった。
ひとり彼等の生活空間に取り残されたオレは、男女で形成する幸せとは、ああいう形を指すのだろうと強く感じていた。

その夜、オレは早めに眠りについた。

1996年5月5日、朝の記憶
ツアーに出てから3度目の朝だった。

友人夫婦との別れの朝。
そして恋する女性との再会の日の朝。

友は秋の別れの情景を思い出して、中央環状線沿いのマクドナルドで朝めしを食ってから別れようと言う。

彼はいつもいいところをついてくる。
オレもそうするのが最適だと思った。

前回そこの駐車場で彼と抱き合ってから東へ向かったことをよく覚えていた。
でも奥さんは料理を作ると言ってきかなかった。

結局オレたちは彼女の手料理の前で最後の会話を交わした。

やがてオレは着替えを済ませて、いつものコカ・コーラの赤いキャップをかぶって彼等に別れの挨拶。
奥さんはオレの姿を見て、「一昔前の大学生みたい」と言って笑った。

この夏、彼等から残暑見舞いの返事が届いた。

ツアーの時にも聞いていたが、彼等には11月に子供ができる。
今はそのことで頭がいっぱいとのこと。
そして、「次にお前が来た時には玉のような赤ん坊を拝ませてやるから感謝しろ」と書かれていた。

「だからまたいつでも来い」。

中央環状線に向かう途中、子供を引きそうになった。
「あぶねえな」。
つぶやく。

そして心の中で彼等との別れを済ませて、中央環状線を堺方面に下っていった。
やがて1号国道に戻る。
淀川沿いのルートだ。

音楽はまた前回を踏襲して「ボス」、ブルース・スプリングスティーンの登場。
しばらくまた見ることのない大阪の街並を覚えておこうと気を張った。

京都との境でガソリンスタンドに寄る。
接してくれたのは見習いのような美しい女性で、便所から戻るオレを笑顔で待っていてくれた。

恥ずかしかったが、何気ない旅の出会いだった。

関連記事

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その2-猪苗代、磐梯町、安子ヶ島、磐梯熱海、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2018年4月1日 12:28 猪苗代(いなわしろ)駅(磐越西線 福島県) 黒磯

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

鉄旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

鉄旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそ

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

鉄旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日 17:09 谷田川(やたがわ)駅(水郡線 福島県) 行き違い

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 橋本、拝島、東松山、籠原駅、高崎、月夜野情報サービスセンター、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

鉄旅日記1996年11月1日 1996・11・1 12:13 東京町田 昨夜の決意は固か

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を通過して塩尻峠を下りていく。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日 2018・2・10 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑