*

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、上越途中下車旅&高田で友人の結婚式に参加】初日(東京-長野)-吹上、北鴻巣、長野、豊野、新井、高田、春日山(高崎線、長野新幹線、信越本線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/30 旅話, 旅話 2012年

鉄旅日記2012年12月8日・・・吹上駅、北鴻巣駅、長野駅、豊野駅、新井駅、高田駅、春日山駅(高崎線、長野新幹線、信越本線)
2012・12・8 6:15 吹上(ふきあげ)駅(高崎線 埼玉県)
赤焼けが美しい。
関東平野は今日も晴れ。

駅前に見るべきものはなく、昔の駅の匂いを、言ってみりゃどことなく便所臭い匂いの記憶だけを持って一旦上りへ。

仕事の余韻が電話に残っていることに今朝になって気づいた。

6:29 北鴻巣(きたこうのす)駅(高崎線 埼玉県)
ひと駅戻る。

旅人を和ませるようなものは何もなく、ベッドタウンとしての役割以外の機能を持たされていない町だった。

僅かに庄屋が一軒。
ここらじゃ独占権を握っている。

新しく清潔な便所は汚されていた。
年の暮れだな。

9:17 長野(ながの)駅(長野新幹線/信越本線/飯山線/篠ノ井線/長野電鉄 長野県)
軽井沢にあった雪は県庁所在地にはなく、長野駅は寒風に曝され、灰色の空に覆われた街は白く見えた。

長野電鉄は地下を往く。
その事実はオレをたじろがせ、下りてみようと思っていた善光寺下では地上に出ることもできず引き返す羽目になった。

全貌はまったく掴めていないが、都会的な意味で長野もなかなかやる。

9:38 豊野(とよの)駅(信越本線/飯山線 長野県)
新築橋上駅舎は味気ない。

住宅に囲われた駅でここから分岐する飯山線の到着を待つ。

豪雪地帯からやってきたその列車に、途中で雪に見舞われた痕跡はなかった。

10:36 新井(あらい)駅(信越本線 新潟県)
雪国を往く暖房列車の暖気に心地よく眠る。

何度か目を覚ますとある時は吹雪、ある時は雨。
情報によれば大荒れが続く北陸では強風のため特急はすべてが運休。
在来線についてもダイヤはあってないような事態に陥っているらしい。

妙高高原周辺では積雪と表現すべき量の雪が見られた。

去っていく新井の街にアーケードの商店街が見えた。

19:36 高田(たかだ)駅(信越本線 新潟県)
真冬の街に放り込まれたような高田はとてもステキな街だった。

御親藩から軍都への道を辿った街。
「会津士魂」に熱中している時はその優柔不断を詰ったけど、今がこれであるならいい。

春は桜もきれいだというし、何よりYちゃんがこの街で幸せになるんだ。

雪道のアーケードを歩いて、日本的な暖色の灯が続く街並みを歩いて、あぁこの街でよかったと思ったよ。

19:59 春日山(かすがやま)駅(信越本線 新潟県)
降ってるのは雨じゃない。
雪なんだ。

上杉謙信公ゆかりの居城は、この旅では土地勘も含めて掴めなかったけど、Yちゃんの幸せに立ち会う道すがら、あの雪中行軍の中にその場所を指し示す矢印があった。

積雪を理由にすべてを諦めたけど、春日山という駅で下りてオレが見たものは、脇の県道だか国道だかを行き交う車のライトと、正体を探る気にもならなかった某大型店が営業を終えたあとの光景だった。

オレの背中越しに英語を操る外国人たちがあの狭い待合室に居合わせていた。
よくぞこんな場所へ。
随分と奇特な旅行者だ。

そして今やしんしんと雪は降り続いている。

9:17 長野(ながの)駅(長野新幹線/信越本線/飯山線/篠ノ井線/長野電鉄 長野県)

関連記事

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】初日(東京-青森フェリー埠頭)-東京町田、加平PA、千代田PA、東海PA、差塩PA、福島松川PA、泉PA、金成PA、北上金ヶ崎PA、岩手山SA、湯瀬PA、津軽SA、青森フェリー埠頭

車旅日記1998年8月12日 1998・8・12 7:21 東京町田 夏の第1ラウンドのツアーか

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】2日目・最終日-尾奈、新所原、豊橋、本長篠、鳥居、三河槇原、中部天竜、佐久間、大嵐、伊那小沢、天竜峡、松本(天竜浜名湖鉄道/東海道本線/飯田線/中央本線)

鉄旅日記2006年11月4日/11月5日・・・尾奈駅、新所原駅、豊橋駅、本長篠駅、鳥居駅、三河槇原駅

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】2日目(南紀白浜-潮岬-新宮-十津川-伊勢志摩)走行距離421㎞ -白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街道・熊野川、十津川、熊野きのくに、紀伊長島駅、伊勢志摩

車旅日記2003年11月23日・・・白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街

記事を読む

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その2-富田、佐野、佐野市、大平下、新大平下、栃木、思川、新白岡、白岡、東大宮(両毛線/東北本線)

鉄旅日記2014年11月3日その2・・・富田駅、佐野駅、佐野市駅、大平下駅、新大平下駅、栃木駅、思川

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その2(東京-岩倉)-三河高浜、碧南、高浜港、亀崎、半田、知多半田、内海、富貴、河和(名鉄三河線/武豊線/名鉄河和線/名鉄知多新線)

鉄旅日記2015年3月7日その2・・・三河高浜駅、碧南駅、高浜港駅、亀崎駅、半田駅、知多半田駅、内海

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その1-隼人、鹿児島、鹿児島中央、上伊集院、薩摩松元、川内、出水、新水俣、新八代(日豊本線、鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道)

鉄旅日記2013年8月13日その1・・・隼人駅、鹿児島駅、鹿児島中央駅、上伊集院駅、薩摩松元駅、川内

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】最終日(石巻-東京)その1-石巻、西塩釜、下馬、塩釜、岩切、利府、伊達、郡山、白河(仙石線、東北本線、利府支線)

鉄旅日記2016年3月21日その1・・・石巻駅、西塩釜駅、下馬駅、塩釜駅、岩切駅、利府駅、伊達駅、郡

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【女川を目指した旅。ここには震災前の女川の姿が残されております。】最終日(新庄-東京)その1-新庄、最上、鳴子温泉、岩出山、北浦、小牛田、鹿又、石巻(陸羽東線/石巻線)

鉄旅日記2009年10月11日・・・新庄駅、最上駅、鳴子温泉駅、岩出山駅、北浦駅、小牛田駅、鹿又駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その2-猪苗代、磐梯町、安子ヶ島、磐梯熱海、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2018年4月1日・・・猪苗代駅、磐梯町駅、安子ヶ島駅、磐梯熱海駅、郡山駅(磐越西線) 12

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その1(東京-岩倉)-蒲郡、三河鳥羽、吉良吉田、西尾、桜町前、新安城、知立、猿投、赤池、豊田市、新豊田(名鉄蒲郡線/名鉄西尾線/名鉄本線/名鉄三河線/名鉄豊田線)

鉄旅日記2015年3月7日その1・・・蒲郡駅、三河鳥羽駅、吉良吉田駅、西尾駅、桜町前駅、新安城駅、知

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑