*

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

公開日: : 旅話, 旅話 1996年

鉄旅日記1996年5月3日
6:25 1号国道‐掛川
あれから1時間か。

始まるよ、これから。

これから始まっていくものをすべてひっくるめれば、今回は大変なもんだって今思っているところだよ。
そしてオレは行くよ。

7:03 磐田駅
オレにとっては特別な朝だけど、街には普通の朝が訪れている。
なんかホッとしたよ。
今日だって一般的には日常と呼ばれる範疇に入る一日に違いはないんだから。

最初にたどり着いた街、磐田。
Jリーグで有名になったとはいえ、静岡の一地方都市。

駅のトイレを借りるために車を降りた。

休日の駅には制服を着た中高生の姿がある。
きっとどこかの試合場に向かうんだろう。
10年前はオレもあんな集団の中にいた。

自販機の前に立ち、缶コーヒーのボタンに手を伸ばす。
横には不良じみた若者が二人だらしなくしゃがみこんでいる。

オレが警戒感を示すのはそうした連中だけだ。
軽く一瞥をくれて車に戻る。

それにしても腹減ったな。

7:58 1号国道‐浜松
天竜川を越えたら浜松。

思い出深い街だよ。
ちょうど一年前の暑い週末に、秋に別れた恋人とこの街を訪ねて、水のある風景を心ゆくまで満喫した。
そして東京に戻った二人は久しぶりに唇を重ねた。

当時オレは危うげな二人の関係に気づきながらも、彼女が「さよなら」の言葉を用意しないようにと、ただそれだけを願っていた。

前回は感傷的な思いを抱いて浜松を通過した。
そして3度この街にさしかかると、その思い出はかけがえのないものに違いないけど、完璧に過去のものになっていた。

テープはニール・ヤングの「アンプラグド」に変わっている。
そこまでの曲順は秋のツアーを踏襲している。
理由はあるようでなかった。

今回は安っぽいドライブインでそばを食うためだけに浜松に立ち寄った。

9:26 1号国道‐音羽町
1号国道の旅路は続く。
湖西の駅では旅の途中の女性二人連れを覚えている。

結構調子いいよ。
愛知県内に入ったけど気分も悪くない。
空もよく晴れている。
穏やかにいこう。

それにしてもハイウェイの混雑はひどい。
まさかこんなところまで来て渋滞60㎞なんて表示を見るとは思わなかったよ。
そんな状況だからみんな先を急いでいるように見えるんだ。

ただオレには関係ない。
ラジオのスイッチを渋滞情報に合わせる必要もない。

例えどんな状況が待ち受けていようと、オレはこの道を行くだけだよ。
もう半分以上来たことだしね。

9:51 1号国道‐岡崎
名古屋が口を閉ざし始めたよ。

友よ、君のせいじゃないけど、君に会うためにはこれからいくつもの焦燥と過ごさなければならないみたいだ。

覚悟はしているんだ。
でもイヤな思いをせずに済むことを望むのは、おかしな話じゃないだろう?

ところでさっきの渋滞は道路行政の仕業だったよ。
R&B、、、なかなか調子いいよ。

10:50 1号国道‐知立
あまりガクッとはきていないけど、渋滞は渋滞だな。

ダメージをため込まないためには、取りあえずR&Bだな。

取りあえず今日はずっと晴れだな。
名古屋に着いてもきっと晴れだな。

Hey、、、My Girl♪

12:04 1号国道‐名古屋市中川区
上空曇りだな。
道路状況もあまり芳しくないよ。

今回は地元民とうまくいっているけど、街自体には特にみるべきものはないな。

少し飽きてきたよ。
ブルースが平板に聞こえるんだ。

ひどく退屈だよ。
ブルースが空しく聞こえるんだ。

ひどく寂しく見える街だよ。
これはオレの偏見だけどね。

ただし、こんな場所で時間を奪われることに嫌悪感を覚えることは確かだよ。
走りたかったのは、こんな場所じゃないことを分かってほしい。

ところでこの先は川なのか?
くだらない時間の使い方を強いられている理由を知りたいんだ。

12:23 1号国道‐名古屋市中川区
一体どういうことなんだ。
なぜ道は開かないのか。
このオレにまた丸一日かけて大阪へ行くことを命じているのか。

天よ、いい加減オレも頭にきたよ。
見てくれ。
何らの合理性も生産性も有しないこのくだらない行列を。

残念なことに、こんな状況で聞くべき音楽は誰の手によっても作られていない。
今このオレにできることは煙草を吸うことと、気がついたツボを刺激する以外にないんだ。

友よ、こんなルートをたどっているオレを許してほしい。
今日も到着が遅くなりそうなんだ。

気に入らない割り込み方をしてきた前の車におばさんが4人乗ってるけど、なんか動物園を覗いているような気分だよ。

13:12 1号国道‐佐屋町
分かっているよ。
この先に大河が2つ横たわっているんだろう。

それで黄金週間を迎えた人間どもがどこからともなく湧いて出てきて、眉間にしわを寄せながら渡ろうとしているんだろう。

川は偉大だよ。
昔から今に至るまで、自然のままでいるだけで、目をぎらつかせて近寄ってくる人間どもを食い止めるんだから。

対して人間は愚かにも抵抗するんだよ。
しかし工事は難航を極めている。
そしてオレたちはブルドーザーが置かれた大地を見つめて首をかしげている。

何かおかしくないか。
だって見てみろよ。
バカみたいな行列を作っている人間どもをさ。
言葉も見つからないくらい無力でちっぽけなもんじゃないか。
そんな存在が束になって挑みかかってみても、どうにもなりゃしないんだよ。

ところで友よ、さっきも言ったけど今夜はきっと遅くなるよ。
大動脈が完全にマヒしちまってるんだ。

14:22 1号国道-弥富町
ぼちぼち楽しいこと考えたいんだよ。

だけどこんな異国の地で、こんな騒ぎに巻き込まれちまったらさ。。

言っても仕方のないことだけど、オレの足だったら今頃は桑名に着いてビールでも飲んでるよ。

関連記事

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日 2018・2・10 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日 16:59 七日町(なぬかまち)駅(只見線/会津鉄道 福島県

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その2-三つ峠、塩山、酒折、塩尻、新島々、西松本、松本(富士急行/中央本線/アルピコ交通上高地線)

鉄旅日記2018年2月10日 10:06 三つ峠(みつとうげ)駅(富士急行 山梨県) 次

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

鉄旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にス

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵琶湖ともお別れ。 8号国道を

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45 東京 ルートは決まった。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑