*

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】初日-掛川、尾奈、リステル浜名湖(東海道本線/天竜浜名湖鉄道)

公開日: : 旅話 2006年

鉄旅日記2006年11月3日
2006・11・3 リステル浜名湖239号室
飲みすぎた翌朝。
それが今朝。
シェラフにくるまって眠っていた。
重い朝だったよ。

旅立ちは正午。
冴えなかったことだけは確かだ。

カポーティーの「冷血」になかなか集中できず、車中で眠り、寄りかかってしまった少女に起こされ横浜、やがて大船。

平塚から見える高麗山は見ておこうと体を反らし、大磯あたりから見えた湘南海岸。

小田原で何事かを思い出し、そのまま熱海まで。

小田原熱海間の景観は素晴らしい。
一番前の車両からは遠ざかっていく江の島と海岸線がよく見えた。
「海だ!」と声を上げて喜ぶ少女と母親。
オレは尖ってなんかいなかったよ。

熱海からは立ちっ放しだった。
沼津を過ぎて、田子の浦では防風林の先に広がる景色を思い返していた。

清水では静岡鉄道が接近してくる。
あの電車にはいつか乗ることになるだろう。

静岡で8分停車。
煙草を吸いにいって戻ったら満員。
ちょうど開催されていた大道芸ワールドカップを見てきた人々だろうか。
あまりの人の多さに仰天したよ。
焼津、藤枝で一団が降りる。

大井川を渡り、掛川。
4か月前に降りた街に変化は発見できなかった。

天竜浜名湖鉄道へ。
もう夕暮れ時だったよ。
掛川の夜を美しいと感じた。

無人駅を往く。
天竜二俣の灯は乏しく、そうした夜を迎える町をひたすら過ぎていく。
政令指定都市になる浜松の裏側の風景だった。
暗くても浜名湖は湖面を輝かし、そして町は三ヶ日で終わった。

尾奈駅前は寂しいものだ。
食堂が1軒あったが、店内を覗いて入るのはやめた。
今夜はたいしたものにありつけないだろう。

月のきれいな夜だった。
無人地帯を歩き、光を放つ場所まで15分。
それがここ。

夕食の膳は高価だった。
刺身の造りは想像を超えるほどのものじゃなく、ビールはぬるい。
白飯が一番美味かったよ。
フルーツと呼ばれて出てきたのは丸ごとの蜜柑。
やっぱり高かったな。
あの夕食にいい思いは抱けない。

館内の三ヶ日温泉で老人が嘆く。
「この施設はなっていない」と。
頷いてみせたけど、老人はオレの話を聞こうとしなかった。

今見えている湖は猪鼻湖というらしい。
湖面の灯が消えて闇が深くなった。
魚が飛び跳ねる音も消えた。

彼女にメールを入れたけど、ここにいることは言わなかった。
日米野球を観に行かないかと誘った期間にあたるから。
今日はその第1戦にあたる。
彼女は明日はゴルフで朝が早い。

フロントマンは善良だった。
レストランの女性は美人じゃなかったが、チャーミングだった。

オレにはちょうどいいが、他の宿泊客は寒さを感じているようだ。
今年もそんな季節になって、一年前を思い出している。

名古屋も小諸も寒く、あの夜にたまたま流れていた黒木瞳、大塚寧々主演のドラマを東京に帰っても見続け、去年のオレを締めくくった。
あれから一年。
オレは正解の道を往っているのか?
多分そうだろうけれど。

ビールを飲んで歯を磨いたら、また湯に浸かろう。
窓は開けたままでいいだろう。
そのまま眠ろう。

不夜城を思わせた対岸のホテルの灯も落ちた。
この旅を終えて一息ついたら、きちんと彼女に思いを伝えよう。

11月はオレにとってそういう季節。

2006・11・4 リステル浜名湖239号室
湖畔の朝。
かくも素晴らしい。
早くから湖面を船が行き交い、ぼやぼやしていたら日が昇ってきた。

こうしちゃいられないと湯に浸かりにいった。
露天風呂はほどよく、オレにしては珍しく長く浸かっていた。

朝食は昨夜の夕食より素晴らしかった。
今日もいい天気で、今日もいい日になる。
こんな朝にはそんな確信が生まれる。

彼女はもうコースに出ているだろう。
オレは湖畔を立ち去る。

関連記事

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

鉄旅日記2006年7月17日 2006・7・17 8:26 ホテルはちまん607号 昨日

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その1-ホテルイーストワン仙台、陸前落合駅、愛子駅、作並駅、山寺駅、高瀬駅、蔵王駅、北大石田駅、舟形駅

鉄旅日記2006年5月4日 2006・5・4 7:26 ホテルイーストワン仙台402号室

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】初日-佐倉、成東、大網、上総一ノ宮、上総興津、安房鴨川、館山、安房勝山(常磐線/成田線/総武本線/東金線/外房線/内房線)

鉄旅日記2006年2月4日 2006・2・4 某リゾートクラブ安房勝山 よく晴れて冷たい

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その1-大曲グランドホテル、角館駅、羽後中里駅、阿仁合駅、鷹ノ巣駅、大館駅、碇ヶ関駅、大鰐温泉駅、黒石駅

鉄旅日記2006年5月5日 2006・5・5 7:00 大曲グランドホテル610号室 山

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その1-駅前ホテルニュー青森館、野辺地駅、三沢駅、十和田市駅、本八戸駅、陸中八木駅、久慈駅、岩泉駅、茂市駅

鉄旅日記2006年5月6日 2006・5・6 8:07 駅前ホテルニュー青森館311号室 夢

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】最終日-安房勝山、君津、木更津、上総亀山、蘇我(内房線/久留里線/京葉線)

鉄旅日記2006年2月5日 寒い朝だった。 海上は穏やかで、対岸の横須賀の街は白く、工場

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

鉄旅日記2006年7月16日 14:51 津駅(岐阜駅より150㎞) 変わっていない。

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その2-宮古駅、吉里吉里駅、盛駅、大船渡駅、気仙沼駅、女川駅、石巻駅、利府駅、あだち

鉄旅日記2006年5月6日 17:46 宮古駅(1,547㎞) 山田線と閉伊川に沿うよう

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【房総半島から1週間。常磐線に乗って、下っていったのでございます。】その1-取手、土浦、勝田、阿字ヶ浦、那珂湊、日立、大津港(常磐線/茨城交通)

鉄旅日記2006年2月11日 2006・2・11 いわき東急イン618号室 出発は遅れた

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その2-末続駅、双葉駅、原ノ町駅、相馬駅、亘理駅、岩沼駅、名取駅、ホテルイーストワン仙台

鉄旅日記2006年5月3日 13:26 末続駅(403㎞) 国道から見えたんだ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海S

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵

→もっと見る

    PAGE TOP ↑