*

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

公開日: : 旅話, 旅話 1996年

鉄旅日記1996年5月3日
1996・5・3 0:36 東京町田
旅が始まる。
今はそれ以外の感慨は浮かんでこない。

今夜、確かに彼女と約束した。
3日後の21:00に金沢駅で会うと。

さっきまで、あるいは彼女は3日後に現れないのではないかと落ち込んでいた。

でも彼女は電話をくれたんだ。
もう一度、約束の時間と場所を確認するために。

あらためてとても幸運な約束が交わされた。

本当言うと、このまま今夜は酒を飲んで幸福な気持ちのまま眠ってしまいたい。
しかし西へ旅立たなければならない。

3日後に西の空の下で彼女に会うために。
遠くで暮らす大切な友人夫婦に会うために。

「これで旅の喜びがひとつ増えた。」
震える声で彼女にそう伝えた。
そして「おやすみ」と電話を切った。

こんなにも幸せな旅立ちは初めてだ。

行ってきます。

2:39 246号国道‐御殿場手前
ツアーに出ると、ツアー自体を楽しめる心地になるには少しばかり時間が必要なんだ。

秋から国道を選んでいる。
ハイウェイじゃないんだ。

途中マトモな休憩場所なんてないんだよ。
だから地図を見ながらどこか適当な駅を見つけて立ち寄るわけだけど、夜とはいえ駅にも数人の人影が見える。

大方は帰れなくなるまで飲んでいた連中か、昼間の時間帯は世間からはみ出している連中。
つまりマトモな精神状態でいるヤツはひとりもいないってわけだ。

そんな場所で、心の底からのんびりと休憩することなんてできないんだよ。
たいていは追い立てられるようにその場を去るんだ。

オレからすれば連中は変なヤツ等だけど、連中からすればオレも奇妙なヤツだろう。
多摩ナンバーの男がこんな時間に一体何の用があるんだ。

連中はマトモじゃない。
危害を加えてこないとも限らない。
そうなったらそうなったで用意がないわけじゃないが、そうなる前にいなくなるんだよ。

だから疲れが癒えることはない。
なかなかタフなもんだろう?

かろうじて月が出ている。
今夜もオレが走るべき夜だ。

この前と違うところは、もうこの道が確実に大阪へ続いていることを知っていることだ。
気分は悪くないよ。
最初の煙草も美味かったしね。

警報ではこの後しばらく行くと濃霧が立ち込めているらしい。
それもいいだろう。
500㎞走っていくうちにはいろんなことがあるさ。

さあ、行こうか。
どこか適当な便所を見つけよう。

久保田利伸で旅が始まり、ここからはボブ・ディランの30周年記念LIVE。

3:41 1号国道‐富士川(道の駅)
箱根を行かなくてよかったよ。
今夜はあの焦燥を感じずに済んでいるんだ。

富士川の手前に「道の駅」っていうのがある。
深夜でもそこは安心していい。
オレのように何らかの理由があって、こんな時間に車を走らせる連中が休憩できる場所なんだ。

煙草とタオルを持って外に出る。
顔を洗って一服。
煙草は相変わらず美味いし、もう少し行けそうな気がするよ。

じき、夜も明けるんだろう?

4:20 静岡駅
ボブの仲間たちとうまいことやっているよ。
このまま彼等と朝を迎えよう。
展開としては悪くない。

今夜はたいして意味のある夜じゃない。
行けるところまで行ければ、それでいい。

さっき富士川に差しかかった時の月はきれいだったな。
秋にも箱根越えのオレを優しく照らしてくれた。
あのまま道を行けば天国へたどり着くんじゃないかと思ったよ。

とりあえず、今夜も月はオレの上にかかった。
なんかうれしかったよ。

走りながら夜明けを待つ。

5:09 1号国道‐掛川
朝がきたよ。
トム・ペティ&ハートブレイカーズの演奏が始まるところでテープは止めた。

オレの家から196㎞の地点。
疲れたよ。

先は長い。
ぼちぼち休憩にして、浜松で朝飯ってところだ。

この場所の特定はできない。
1号バイパス上に路側帯があり、数台のトラックが停まっている。
彼等はいつもあんなふうに夜を明かしている。
オレが言う路上の生活とはこういうやつだよ。

今夜オレは彼等の仲間になった。

車を停めて外に出た。
タオルを肩に引っかけて、車に両手をつきながらアキレス腱を伸ばす。

路上からは数軒の暮らしが見える。
思考は完全に停止した。
つまり、もう寝た方がいいってことだ。

ニワトリが鳴いた。
車に戻って目を閉じよう。

一年に1度か2度くらいしか訪れない長い一日が、夜明けを迎えて終わった。

関連記事

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

鉄旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

鉄旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 2018・3・3 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)駅(飯田線 愛知県) 行き違

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

鉄旅日記1996年5月4日 1996年5月4日の記憶 一夜明けた。 友人夫婦はそこ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その2-新潟、白山、内野、巻、吉田、燕(越後線/弥彦線)

鉄旅日記2018年3月4日 11:59 新潟(にいがた)駅(上越新幹線/信越本線/越後線/

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日 16:59 七日町(なぬかまち)駅(只見線/会津鉄道 福島県

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その3-只見、会津川口、会津本郷、南若松、会津若松(只見線/会津鉄道)

鉄旅日記2018年3月3日 14:32 只見(ただみ)駅(只見線 福島県) 集団就職で東

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑