*

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その2-弘前駅、つるた、毘沙門駅、津軽中里駅、三厩駅、中小国駅、駅前ホテルニュー青森館

公開日: : 旅話 2006年

鉄旅日記2006年5月5日
14:21 弘前駅(1,046㎞)
津軽平野を横断する102号国道は快走路だった。
この先に津軽の雄都弘前がある。
舞台設定は整った。

街に着いて、想像以上に小さな街であることに少しだけ戸惑いがある。
勝手な話だが、巨大な歓楽街を抱える街だと思っていた。
弘前という街の名は、オレにそうした想像を植えつけるだけのものを持っていた。

駅は賑わっている。
「駅そば」には列ができていて、寄ることは断念した。
花見客によるものか、今日一日どこのホテルも塞がっていただけのことはある。

現代的な駅舎はいつの作だろう。
改札を出た旅行者は、この先にどのような街が展開されているか大いに期待するだろう。

2012年8月12日撮影

これから少し市内を流す。
弘前城周辺には渋滞が見られそうだが、一目でいい。
姫路でもそうしたし、名古屋じゃ見もしなかったじゃないか。

可愛らしいリンゴ娘は見かけたよ。
弘前に着く前に、この街からきた大学時代の友人を思い出した。
器用な方じゃなかったし、東京に馴染むのに苦労しそうな男だった。
あるいはこの街に戻っているかもしれない。

弘前に停車する特急列車は、秋田行か八戸行しかなかったよ。

15:45 339号国道‐道の駅つるた(1,069㎞)
弘前市内を一巡。
桜祭りを渋滞の車中から愛でた。
賑わいは上々で桜も満開。
夜桜も見事だろう。

完全に雨が上がるといいけど、まだしぶとく降っている。
リンゴ畑を走るカントリーロードは素敵だった。

ここには鶴が飛来するという。
季節はいつなのだろう。
今は桜で浮かれている。

車寅次郎も桜の開花に合わせて北へ行くと、柴又を出ていったことがあった。

湿原を目にしたのはどこのことだったか。
ここには180度に広がる空がある。

16:28 毘沙門駅(1,090㎞)
岩木山を記し忘れていた。
初めはぼんやりと。
次第にうっすらと雪をかぶった姿がはっきりと見えた。

通過した五所川原駅は時代に錆びた鉄道駅だった。

2019年11月3日撮影

オレンジ色の津軽鉄道が走り、警笛が聞こえた。
真上にはテレビ塔が見えた。

ここは津軽平野の真ん中にある小さな駅。
背後は鬱蒼としている。
踏切の脇にホームがあり、よく清掃された待合小屋はうらぶれた装いで雨に打たれ、駅はわずかな灯を放っている。

カーナビの表示がなければ、ここにはたどり着けなかった。

17:04 津軽中里駅(1,104㎞)
あの時も雨だった。
五所川原ではすでに降り始めていた。
そして今日も本降り。
雨雲はここらで停滞していたのか。

津軽鉄道は奮闘しているようだ。
途中の町では梅祭りが開催されていた。
味のある提灯が街道に灯り、集っていた人々は楽しくてたまらないという表情をしていた。

津軽の終着駅はスーパーの中にある。
タクシーが待っているが、列車はさっき警笛とディーゼル音を残して出てしまった。

2019年11月3日撮影

太宰治はこの町で生まれたという。
何歳までを過ごしたのだろう。
遠く東京で死を選ぶ際、彼は何を思ったのか。

津軽を象徴するのに相応しい人物ではあると感じている。

18:36 三厩駅(1,168㎞)
十三湖へ。
龍飛へ。

いつの間にか十三湖を過ぎ、日本海に出た。
途中から道往く者の姿は絶えて、ただ一人さらに北を目指した。

龍飛への道が黒く蛇行する様は、男が行くべき道に見えた。

そして霧の中。
5月には毎年こんな目に遭う。

まさに完全に視界は閉ざされ、その中で冷静さを失わずにいられたことと、今生きていることを感謝している。
対向車に怯え、命と向き合い、猿の姿だけを覚えている。

霧を抜けると岬へは行かず、この駅への道を選んだ。
岬へ行っても何も見えなかっただろう。

最果てにしか吹かないような風の中にいる。
何もない場所に終着駅がある。
ここにいられることを喜ぶ。

2011年8月14日撮影

利用客はいるのだろうか。
待合室のストーブの火は消えている。
時刻表を見ると、青森への直通列車はほとんどなく、多くが蟹田止まりになっている。

最果ての日常の想像はつかない。
伝説じゃ、平泉を逃れた義経もこの地を目指したという。
逃げる先はここしかなかったのだろう。

密入国者に注意との看板を見かけた。
あの霧の中で一瞬、化外の連中に拉致される悪夢を見た。

19:15 中小国駅(1,193㎞)
津軽平野が夜に染まった。

軽トラックを止めたオッサンがラジオで野球中継を聞いている。
巨人ファンなのだろうな。

津軽海峡線はここから別の線路を往く。
この地域に似つかわしくない立派な高架線路が海峡を向いていた。

地上の最後の駅がここになるわけだが、海底を往く列車はこの駅には止まらない。
周囲には何もなく、駅舎もない。
国道上にはこの駅へ誘う案内表示もなかった。

また雨に濡れ、真っ暗なホームで屈伸運動。
さっきより確実に闇は深まっている。

いよいよ青森へ。

22:59 駅前ホテルニュー青森館311号室(1,230㎞)
青森もまた雨。
バイパスを通って市内に入り、ベイブリッジを渡る。

前にあの橋を渡ったのはつい最近のことだった。
記憶じゃそうだった。
でもあの頃オレは確かに20代だった。

市内を巡っている祭の列があった。
「ねぶた」が引かれていた。
強烈な光を放っていた。
5月にもこうした催しがあるとは知らなかった。

青森はたいした街。
繁華街の規模は仙台とたいして変わらず、ベイブリッジという新たなシンボルを加えた港町。
少し歩けば、かつて寄った際に、「魔宮か!」と驚愕したテレビ塔が建つ。

青森も秋田もオレにとっては雨の街。
いつも降られる。

ホテルの目の前にある居酒屋へ。
黄金週間の今日、ひとり客はオレだけかと思いきや、後から3人のひとり客が加わり、楽しくやった。

やはり弘前はどこも一杯で、その影響で青森の客室もほぼ埋まっているという。
一人の男が言った。
この連休が終われば仕事が変わると。

示唆的な話だった。
オレもいつまでもこのままではいられないと思っている。

3日前に益子で見た星が今夜も見られると思っていたけど、この様。
でもさっきも言ったように青森ではいつも降られる。

だからここじゃ雨の日が上天気。

2019年11月2日撮影

関連記事

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その1-東横イン名鉄岐阜、大垣駅、養老駅、阿下喜駅、西藤原駅、湯の山温泉駅、四日市駅、鈴鹿サーキット稲生駅

鉄旅日記2006年7月16日 2006・7・16 7:11 東横イン名鉄岐阜813号 予

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】最終日(安達-大洗-潮来-東京葛飾)-あだち、二本松駅、磐城石川駅、はなわ、常陸太田駅、大洗駅、潮来駅、十二橋駅、佐原駅、東京葛飾

鉄旅日記2006年5月7日 2006・5・7 6:13 4号国道‐道の駅あだち 最後の朝

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】2日目・最終日-尾奈、新所原、豊橋、本長篠、鳥居、三河槇原、中部天竜、佐久間、大嵐、伊那小沢、天竜峡、松本(天竜浜名湖鉄道/東海道本線/飯田線/中央本線)

鉄旅日記2006年11月4日/11月5日 2006・11・5 東京葛飾金町 清々しい浜名

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【房総半島から1週間。常磐線に乗って、下っていったのでございます。】その1-取手、土浦、勝田、阿字ヶ浦、那珂湊、日立、大津港(常磐線/茨城交通)

鉄旅日記2006年2月11日 2006・2・11 いわき東急イン618号室 出発は遅れた

記事を読む

「鉄旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】初日-平塚、国府津、沼津、掛川、三河大塚、尾張一宮、岐阜(東海道本線/御殿場線)

鉄旅日記2006年7月15日 2006・7・15 20:30 東横イン名鉄岐阜813号

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その2-羽前豊里駅、真室川駅、及位駅、院内駅、湯沢駅、横手駅、後三年駅、大曲グランドホテル

鉄旅日記2006年5月4日 14:15 羽前豊里駅(738㎞) 駅では少女たちが待ってい

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その1-大曲グランドホテル、角館駅、羽後中里駅、阿仁合駅、鷹ノ巣駅、大館駅、碇ヶ関駅、大鰐温泉駅、黒石駅

鉄旅日記2006年5月5日 2006・5・5 7:00 大曲グランドホテル610号室 山

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その1-明治の森黒磯、高久駅、黒田原駅、白河駅、安積永盛駅、三春駅、船引駅、磐城常葉駅、川前駅、小川郷駅、四ツ倉駅

鉄旅日記2006年5月3日 2006・5・3 4:56 枝室街道‐道の駅明治の森黒磯 清

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】最終日-安房勝山、君津、木更津、上総亀山、蘇我(内房線/久留里線/京葉線)

鉄旅日記2006年2月5日 寒い朝だった。 海上は穏やかで、対岸の横須賀の街は白く、工場

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

鉄旅日記2006年7月17日 2006・7・17 8:26 ホテルはちまん607号 昨日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑