*

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その1-駅前ホテルニュー青森館、野辺地駅、三沢駅、十和田市駅、本八戸駅、陸中八木駅、久慈駅、岩泉駅、茂市駅

公開日: : 旅話 2006年

鉄旅日記2006年5月6日
2006・5・6 8:07 駅前ホテルニュー青森館311号室
夢で見たのは仕事のことだった。
東京に帰る日が近い。

東北の朝食は質素で美味だった。

少し体が冷えている。
外に出よう。

天気予報は今日も優れないが、街には日が差している。

記憶の通り。
青森は巨大な街だった。

9:39 野辺地駅(1,277㎞)
青森駅、ベイブリッジ、テレビ塔。
すべてを記憶に収めて青森を後にした。

4号国道をまずは野辺地まで。
浅虫温泉で陸奥湾に並ぶ。

脳裏を去来する様々。
彼女が浮かべば、たまらなく抱き締めたくなる。
強くじゃなく、そっと。

野辺地は下北へ向かう道との交差点。
30年前に世界的スーパースターになる前のリック・フレアーが、この街でジャンボ鶴田のUN王座に挑戦して破れている。
その頃は今よりも人が多く、町も元気だったのだろう。

雪国仕様の駅は、静かに乗客の訪れを待っている。

2016年3月20日撮影

10:41 三沢駅(1,314㎞)
東北本線に沿って寒村を抜けていく。

乙供を過ぎ、原始の川を渡り、悲しい伝説を持つ小川原湖。
京から下った美しい姉妹の話。

基地の街、三沢へ。
郊外の団地群が風景を平凡に見せ、賑やかとは言えない街に現代的な駅が建っている。
特急列車が走り、外国人や十和田観光の人々を見る。

十和田観光線の駅舎は、昭和の匂いがたくさん詰まった薄暗く古びたコンクリート造り。
あまり見かけることのないガムの自販機が置かれ、若者たちが並んで「駅そば」をすすり、改札前では駅長が仁王立ちで客を迎えている。

JRとの間には明らかに一線を引いている。
十和田に対する誇りを「貧」で示そうとするように見える様は、古武士を思わせる。

暑くなってきた。

11:25 十和田市駅(1,326㎞)
「とおてつ」に沿って十和田へ。
妖精が暮らす湖はまだまだ遠い。

遠くに見えるのは八甲田山。
山頂付近の雪はまだ深いように見える。

かつてあの山で、死の雪中演習行軍を行った戦友を持つ弘前第八師団は、その後の日露戦争における満州黒溝台で勇名を馳せた。
その日も雪だった。

工業高校前の桜が見事で、この終着駅は百貨店に吸収されている。
開業当時の姿を想像できない。

百貨店の片隅に切符売場と待合椅子が置かれ、さらに奥には「駅そば」がある。
白い天ぷらを乗せたそばは、とても上品な味で美味かった。

「とおてつ」乗場は階段を上がったところにある。
とても狭い階段だった。

12:29 本八戸駅(1,360㎞)
三陸街道に沿って久慈まで走る色とりどりの3両編成が、高架駅に止まった。
東北新幹線が終点を迎える八戸駅は街はずれにあり、八戸を特徴づけるものはこっちにある。

坂の上から南部の都会が見えた。
通りが広く、空地の多い街だった。
弘前も確かそうだった。

駅前にシティホテルが2軒。
遠くにテレビ塔。
繁華街はどこにあるのだろう。

三陸では日常とも言える、曇り空に覆われた午後の街は気だるげに見える。

仙台まで400㎞という表示にはたまげた。
今夜そのあたりまで行くつもりでいたけど、東北とはあらためて広大なものだと思う。
今日はタフな一日になる。

ここからしばらく街が消える。
そして太平洋との再会が近い。

駅舎は客車をイメージさせるパステル色の建物で、丸みを帯びた窓が、ディズニーランド内を走るミッキー列車を思い出させた。

13:35 陸中八木駅(1,396㎞)
宮古までは45号国道。

八戸を出ると退屈な風景になり、岩手県に入る。
なかなか太平洋は見えてこなかった。

八戸線はこの駅で上下線が交わった。
久慈方面に去ったのは、さっき本八戸に止まっていた列車だろう。
重いディーゼル音がしばらく耳に残った。

駅前の見事な桜木は満開。
ここは小さな漁港。
水平線がもやっている。
2人の青年が焚火をしながら竿を振っている。

何度も同じ姿に建て替わってきたのであろう駅から人が消えて、オレは飽かずに海と駅を眺めている。
疲れが引いた。

車を降りると肌寒かった。

14:20 久慈駅(1,419㎞)
ところどころに小沢一郎代議士のポスターが貼られ、このままだと日本は危ないと訴えている。

岩手県最初の街、久慈。
北国の冷気が街中を覆い、どことなく痩せた土地を思わせる。

若者は遠慮なく岩手弁で喋り、少女たちの服装に都会の香りはない。
駅前デパートの古い建物は普段は営業しているのだろうが、今日は開いている様子はない。
タクシー会社が入っている雑居ビルが、この街じゃ一番古い建物かもしれない。

飲み屋にサウナ。
「汗が演出する」というキャッチは笑える。

南北にシティホテルが建ち、駅では宝石とアイスクリームが一緒に売られている。
三陸鉄道にもJRにも「駅そば」がある。

いろいろ言ったけど、この街も離れがたい。


2019年9月22日撮影

15:54 岩泉駅(1,487㎞)
茶と白のポニーが元気に走り回っていた。
カモメが2羽、挨拶にきてくれた。

桜の木の下では2人の少女が遊んでいた。
姉が妹に自転車の乗り方を優しく教えていたんだ。

龍泉洞がある観光地、岩泉。
町に入ると、岩がむき出しになった威容が心を躍らせる。
缺山の姿にもうならされた。

廃墟となったドライブインのような岩泉駅。
駅舎内の電気は消されていて、少年と少女が、列車を待っているのか、たんに暇をつぶしているのか、ガランとした待合室に座っていた。
駅長室だけに明かりがつき、男が団子を頬張っていた。

駅を出るとなだらかな山の連なりがある。
旅館や食べ物屋はあるが、静まりかえり、犬の鳴声だけが聞こえる。

掲示板にはこんなことが書かれていた。
「岩泉線にもう一度乗りたいな。何とかっていうトンネルに感動しました。」

ホームを過ぎても線路はしばらく草叢の中に延びていた。
迷惑はかからないだろう。
歩いていった。

でも線路の終点には行き着かない。
そこに別荘のような建物があった。
人の気配はない。

こんな終着駅の雰囲気がたまらく好きだ。

17:04 茂市駅(1,531㎞)
悠久の時と共に走る岩泉線。
この鉄道を利用してきた人々の愛情が伝わる古い駅舎。
国道から眺めた駅構内は、まるで小さな村のようだった。

険しい道だった。
鉄道も国道もよく通したものだ。
渓谷美を堪能できる山岳道路だった。

トンネルが多いが、そのたたずまいに感動した人が漏らした感想に、さっき岩泉駅で接した。
雪解け水を得た川は勢いを増し、線路が敷かれている場所の険しさには目を見張った。

茂市駅は、盛岡から宮古に出て釜石へとつながる山田線とのターミナル駅。
脇にはまだ電話ボックスが置かれている。

2020年2月23日撮影

関連記事

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その2-弘前駅、つるた、毘沙門駅、津軽中里駅、三厩駅、中小国駅、駅前ホテルニュー青森館

鉄旅日記2006年5月5日 14:21 弘前駅(1,046㎞) 津軽平野を横断する102

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

鉄旅日記2006年7月17日 2006・7・17 8:26 ホテルはちまん607号 昨日

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その1-ホテルイーストワン仙台、陸前落合駅、愛子駅、作並駅、山寺駅、高瀬駅、蔵王駅、北大石田駅、舟形駅

鉄旅日記2006年5月4日 2006・5・4 7:26 ホテルイーストワン仙台402号室

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】初日-佐倉、成東、大網、上総一ノ宮、上総興津、安房鴨川、館山、安房勝山(常磐線/成田線/総武本線/東金線/外房線/内房線)

鉄旅日記2006年2月4日 2006・2・4 某リゾートクラブ安房勝山 よく晴れて冷たい

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その2-末続駅、双葉駅、原ノ町駅、相馬駅、亘理駅、岩沼駅、名取駅、ホテルイーストワン仙台

鉄旅日記2006年5月3日 13:26 末続駅(403㎞) 国道から見えたんだ。

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】最終日-安房勝山、君津、木更津、上総亀山、蘇我(内房線/久留里線/京葉線)

鉄旅日記2006年2月5日 寒い朝だった。 海上は穏やかで、対岸の横須賀の街は白く、工場

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その1-明治の森黒磯、高久駅、黒田原駅、白河駅、安積永盛駅、三春駅、船引駅、磐城常葉駅、川前駅、小川郷駅、四ツ倉駅

鉄旅日記2006年5月3日 2006・5・3 4:56 枝室街道‐道の駅明治の森黒磯 清

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

鉄旅日記2006年7月16日 14:51 津駅(岐阜駅より150㎞) 変わっていない。

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【房総半島から1週間。常磐線に乗って、下っていったのでございます。】その2-勿来、いわき(常磐線)

鉄旅日記2006年2月11日 2006・2・11 いわき東急イン618号室 次の勿来で降

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その2-宮古駅、吉里吉里駅、盛駅、大船渡駅、気仙沼駅、女川駅、石巻駅、利府駅、あだち

鉄旅日記2006年5月6日 17:46 宮古駅(1,547㎞) 山田線と閉伊川に沿うよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日 13:03 松任(まっとう)駅

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにし

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年7月21日 2008・7・21 8:11 

→もっと見る

    PAGE TOP ↑