*

「車旅日記」2000年夏Part.1【信濃、飛騨、そして能登島。帰りは北陸路。この国の美しさをあらためて感じました夏旅でございます。】最終日(小千谷-桐生-下妻-東京)道の駅おぢや、塩沢らーめんショップ、月夜野情報サービスセンター、旅の駅桐生、道の駅しもつま、柏市あけぼの2丁目、葛飾金町

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2000年

車旅日記2000年7月23日
2000・7・23 2:09 17号国道‐おぢや(道の駅)
都合3時間ほど眠ったのだろうか。

横でスケボーをやっている連中がいて、何台かの大型トラックがエンジンをかけたまま眠りに落ちている。

情報センターでは3人の若者がだべり、その横で中年の男が横になり、少し離れたところではまたひとりの男が立ち上がろうとしている。

酒はもう抜けた。
あれくらいのビールなら、オレには水みたいなものだ。

まだ眠いけど、気持ちも昂ってきたし出発だ。

眠ければ、またどこかで眠ればいい。

3:25 17号国道‐塩沢町ラーメンショップ 1034㎞
快調に飛ばし、飯を腹に入れる。
だんだん体が起きていくのがわかる。

これより湯沢を抜けて、三国越え。

朝日はどこで昇るだろうか。

4:52 17号国道‐月夜野情報サービスセンター 1098㎞
気温20度。
朝はまだ涼しい。

三国越えはなかなか気分がよかった。

湯沢あたりで空が紅くなりはじめ、峠を下るともう今のような感じ。
ヒグラシの声、鳥のさえずり。
外の音すべてが愛しい。

少し休もうかと思ったが計画変更。
最終ルートが決まった。

前橋まではこのまま。
それから50号、294号。

あまり活動したことのないこの時間帯に、好きなことをしていられることがうれしい。

朝を走ることで、この旅はさらに美しいものになった。

6:35 50号国道‐旅の駅桐生 1164㎞
肥料臭い前橋を抜けて50号。

どこまで走らされるのかと思ったよ。
途中、どこかで馬鹿をやってきたような朝帰りの連中を多く見かけた。

連中にとっては夜が一番居心地がいいのだろう。
三国越えの際に出会わなくてよかった。

それにしても乾いたルートだ。
太陽の光も靄でもかかっているように鈍い。

一刻も早く家に帰りたくなったよ。

そんな気分はまたどこかで変わるかもしれないけれど。

8:36 294号国道‐しもつま(道の駅) 1236㎞
北関東の小都市が群生する50号国道にはつまらない建物や看板が立ち並び、あまり見るべきものはなかった。

桐生を出る時には隅のかび臭いところに座り込んでいる連中を見かけた。

何でそうなのだろう。
オレの理解力を超えたところで連中は生きている。

ルートは294号へ。
下館から10㎞ばかり走った。
眠ったのだか分からないような時間を横たわっていただけの割には調子がいい。

今のペースでいけば2時間後には江戸川を越える。
今日もまた暑い夏の日が訪れている。

9:54 6号国道‐柏市あけぼの2丁目 1287㎞
・・・。

12:38 東京葛飾金町 1304㎞
10:40到着。
待ちかねたビール。

道中着ていたものたちは洗濯を済まして外で風に揺れている。

いい旅だった。
トヨタレンタカーにも世話になった。

22:59 東京葛飾金町
旅を終えて明日のことを考えている。
旅の中よりも明らかに小さいことを考えている。

東京は暑いな。
風はたまにしか吹かない。

昨日の小千谷は涼しかった。
能生、小千谷。
いい風が吹いていた。

2日目に車を少しこすってしまって、その精神的な影響を心配したけど、どうということはなかった。

そりゃちょっと落ち目な時に心を曇らすことはあったけれど、終わってみれば引きずるものはなかった。
トヨタレンタカーの寛大さには感謝。
ここで暮らしている限り贔屓にする。

道中記録に目を通している。
クライマックスを探すけど、今回はそれらしきものはない。
全般にわたって旅を楽しむ姿を拙く残している。

収穫と言える。
本当に好きなことをひとつくらい持っていたい。

旅とビール。
オレはそれでいい。

土産で買ってきた地ビールは全部飲んじゃったな。
せめて2日に分けて楽しみたかったけど、ついでに木曽の酒も開けた。

暑いし、長い昼寝を楽しんだし、今夜はそうは眠れないだろう。

旅とビール。
きっと年寄りになってもやっているだろう。
どこか適当なところでリタイアして、すべての情報を遮断して日本列島を海沿いに走ろう。

それが済んだらUSA縦断。
シカゴからニューオリンズまで。
英語を勉強しておかなきゃ。

こうしていると昨日までの3日間の時間的区別がつかない。
能登島の夜など昨日のことのようにも思えるし、1週間前のことのようにも思える。

長かった。
肯定的な意味で一日はひたすら長かった。

次のツアー日程も決まった。
もう3週間後のことになる。

今夜はこんなつもりじゃなかったけれど、気持ちよく酔っ払った。
ボチボチやめなきゃな。

関連記事

「鉄旅日記」2011年夏【みちのくひとり旅】最終日(花巻-東京)-花巻、平泉、一ノ関、仙台、白石、福島、郡山、矢吹、黒磯、宝積寺、古河、蓮田、西川口(東北本線)

鉄旅日記2011年8月17日・・・花巻駅、平泉駅、一ノ関駅、仙台駅、白石駅、福島駅、郡山駅、矢吹駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その2‐小波渡、五十川、府屋、あつみ温泉(羽越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・小波渡駅、五十川駅、府屋駅、あつみ温泉駅(羽越本線) 8:59 小

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日・・・安曇沓掛駅、信濃常盤駅、細野駅、海ノ口駅、信濃大町駅、信濃松川駅、安

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】初日(東京-弘前)-福島、仙台、北山形、新庄、秋田、井川さくら、大館、弘前(東北本線/仙山線/奥羽本線)

鉄旅日記2016年8月10日・・・福島駅、仙台駅、北山形駅、新庄駅、秋田駅、井川さくら駅、大館駅、弘

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

車旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレはまだ走っ

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 (東京‐三国峠‐新潟)- 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45 東京 ルートは決まった。 今まで

記事を読む

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その1-日進、宮原、加茂宮、北大宮、大宮公園、土呂、東鷲宮、鷲宮、栗橋、古河、新古河、野木、間々田、岩舟(川越線/東北本線/両毛線)

鉄旅日記2014年11月3日その1・・・日進駅、宮原駅、加茂宮駅、北大宮駅、大宮公園駅、土呂駅、東鷲

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】3日目(象潟‐秋田‐盛岡‐鳴子温泉)象潟海岸、秋田駅、角館花葉館、田沢湖駅、紫波SA、前沢SA、古川駅

車旅日記2000年5月5日 8:54 象潟海岸 636㎞ 朝、人気のない海もいい。 車を降

記事を読む

「鉄旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】初日-平塚、国府津、沼津、掛川、三河大塚、尾張一宮、岐阜(東海道本線/御殿場線)

鉄旅日記2006年7月15日・・・平塚駅、国府津駅、沼津駅、掛川駅、三河大塚駅、尾張一宮駅、岐阜駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2012年晩秋【休日おでかけパスで、相模線途中下車旅】保土ヶ谷、大船、香川、北茅ヶ崎、厚木、社家、相武台下、原当麻、下溝、片倉、八王子、猿橋、西八王子、武蔵小金井、東小金井(横須賀線、東海道本線、相模線、横浜線、中央本線)

鉄旅日記2012年11月17日・・・保土ヶ谷駅、大船駅、香川駅、北茅ヶ崎駅、厚木駅、社家駅、相武台下

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑