*

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その2-新清水、静岡、草薙、興津、裾野、御殿場、駿河小山、国府津、逗子、横須賀、田浦、新川崎(東海道本線、静岡鉄道、御殿場線、横須賀線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/27 旅話 2012年

鉄旅日記2012年4月8日その2
清水(しみず)駅(東海道本線 静岡県)にて

13:39 新清水(しんしみず)駅(静岡鉄道 静岡県)
清水を誤解していた。

駅はそれこそ何度も通っている。
そのたびに海側のだだっ広いロータリーを見ていて、それがすべてだと思い込んでいたんだ。

つまり街を舐めていた。
でも降りてみて驚いた。
繁華街は海とは反対の江尻口にあり、富士が見える透き通った街を見て慌てたよ。

駅前銀座を歩いてJR線路を横切り157号国道沿いの静鉄新清水駅へ。

かつて清水港線が走り、1980年の全日本プロレス世界最強タッグ決定リーグ戦開催日には6,000人の大観衆を集め、ちびまる子ちゃんは今も毎週この街でお茶の間を楽しませ、清水商業がおそらく永遠にサッカーの名門校であり続ける街。

午後のけだるい時間に降りたけど、夜は賑やかになるのだろう。
清水という街に感服し、そしてこれが旅の醍醐味だと思い知る。

街は降りてみなきゃ分からない。

新静岡(しんしずおか)駅(静岡鉄道 静岡県)にて

14:33 静岡(しずおか)駅(東海道新幹線/東海道本線 静岡県)
新静岡から静岡駅へと歩く。

駿府公園に行けなかったのが残念だ。

今日は静岡まつり開催日で、街角には大道芸人も出ていた。
今も世界から大道芸人が集まる催しは開かれているのだろうか。

政令指定都市静岡。
大都会に違いはないが、街中の人口はそれほどでもなさそうだ。

丸井や東急ハンズの出店が見られ、まだヤンキー姉ちゃんが闊歩する街。

かつて駅に寄ったことはあるけど、オレは静岡を知らなかった。
これで胸のつかえは一応とれた。

それにしても暑いよ。

14:48 草薙(くさなぎ)駅(東海道本線 静岡県)
新幹線の地均し音が行き過ぎる。

県営草薙球場は地図にはなかった。
確か沢村栄治が大リーガー相手に快投を演じた場所であり、子供の頃には年に一回ジャイアンツ戦が開催されていた。

静鉄駅まで2分の距離。
その間にありふれた町があった。

清水あたりでは富士がよく見える。

草薙の地名はヤマトタケル東征の故事にちなんでいることを黒岩重吾さんの「東征伝」で知った。

同じく焼津も同じ戦で火攻めにあった故事からつけられたとあった。

静鉄草薙(しずてつくさなぎ)駅(静岡鉄道 静岡県)にて

15:06 興津(おきつ)駅(東海道本線 静岡県)
東海道興津宿。

鯛めしをはじめ、鯛料理を売っている町。

あの東名高速のムコウは太平洋。
ここらあたりでは富士とどっちに目をやるかいつも悩む。

和菓子屋と不二家の店が出迎える駅前。

現代の街道に出たら当時の宿場町の様子が見えた気がしたよ。

それで結局オレは海の方を見ている。

16:47 裾野(すその)駅(御殿場線 静岡県)
沼津駅で御殿場線に乗り換え。

裾野があるのは富士だけじゃないが、この街には裾野市を名乗る資格がある。

駅前通りを県道まで歩いたけど、適当に商店もあるいい街だった。

小川が、それが激流だったりすると富士からの水かと思う。
そしてカメラじゃうまく捉えられない霞んだ富士を眺めている。

Yちゃんはこの街に嫁いで何年になるのか。
彼女の笑顔には何度か救われた。

17:14 御殿場(ごてんば)駅(御殿場線 静岡県)
20年以上振りになる。

あの時はOBとして高校剣道部の合宿に参加するために、防具を担いで町田から新松田、松田と乗り継いだのだった。

駅前は変わってないな。
寂れてもいない。

駅に着いたらたくさんの乗客がいる。
変わらない地位を富士の懐に保証された街だ。
その街の空気を吸いたかった。

そして富士が遠ざかる。。

同じく遠くに黄色いスーパーホテルの看板が二つ見えた。
あれは三島か。

17:49 駿河小山(するがおやま)駅(御殿場線 静岡県)
夕暮れにまたステキな場所にいる。

老人団がなかなかうるさいが、あの富士の前にはちっぽけなもんだ。
富士を仰いで拝んでいる者もいる。

名を知りたいと思うが、駅に沿って古い街道が走っている。
今じゃあまり使われなくなったまま残っている日本の街道の家並みがそこにある。

ここで日が暮れるのを待つ。

富士の懐の清楚な風景の中にいる。

冷たい富士おろしにさらされながら、富士山にできるだけ接近して、写真の限界を知った。
その巨大な姿までは写真は記録できない。
脳裏に焼き付けるしかないんだ。

小山は金太郎発祥地とある。
近くには遊女の滝などあって、伝説に彩られている。

東京を離れるとどこも桜の里だったよ。
日本の春はかくも美しい。

春夏秋冬、一度は東京を離れるべきだ。
そう感じた春5日の旅だったよ。


18:41 国府津(こうづ)駅(東海道本線/御殿場線 神奈川県)
スノボー帰りの相模娘2人組の会話は興味深かった。
あれならまだオレもついていけるな。
ともあれ彼女たちにどうかいい人生を。

群青色に染まった富士と湘南海岸。

駅前を照らす仙次郎という飲み屋の赤い灯には引っ張られた。
思い止まったけどさ。

同じ建物にラーメン屋も仲良く収まっている。

19:38 逗子(ずし)駅(横須賀線 神奈川県)
大船駅で乗り換え。

夜の逗子は初めてだ。

列車の旅に目覚めた頃に久里浜から乗って途中下車した。
その前の記憶はその日に記している筈だ。

たくさんの人々が行き違う明るい街だった。

そしてまた風が冷たくなってきた。

19:56 横須賀(よこすか)駅(横須賀線 神奈川県)
終着駅のような駅を出るとヴェルニー公園。
肩を寄せ合っているのはどうやら男女だけではない。

オレンジ色の灯に照らされた軍艦と対岸の工場群。

駅前の前野食堂の灯は落ち、他には何もなかった港横須賀。

港の灯を除けば場末のたたずまい。

ブルースが聞こえてきそうな駅前だったよ。


20:11 田浦(たうら)駅(横須賀線 神奈川県)
横須賀、面白いね。

改札に上がると、用は知らないが海上自衛官がかしこまっている。

人気のない駅前ロータリーは寂しくすべての灯は落ち、隅に近寄りがたい闇ができている。
僅かな灯の中をバットを振る少年がいた。

トンネルに挟まれた愛すべき都会の秘境駅だったけど、脇には高いマンションが建っていたっけな。

乗り込んだ列車に小生意気なガキ共が同乗してる。
どの街まであの姿が通じるのか興味深い。

21:10 新川崎(しんかわさき)駅(横須賀線 神奈川県)
巨大な鉄道基地の周囲に高層マンションの灯が見える。

大勢の人間が暮らしているが、街と呼べるのか。

地上から細長く点々と続く灯の他に見えたのは、ふと足元に視線を転じた先にあった「養老の滝」だけだった。

先週下りた鹿島田駅まで600メートルの位置だという。

関連記事

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その1-扇町、浅野、海芝浦、国道、大川、保土ヶ谷、東戸塚、網代、伊豆多賀、宇佐美、熱海(鶴見線、海芝浦支線、大川支線、東海道本線、伊東線)

鉄旅日記2012年4月8日その1 2012・4・8 6:16 扇町(おうぎまち)駅(鶴見線

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その1-長野、信州中野、湯田中、安茂里、戸倉、上田、別所温泉、西上田、田中(長野電鉄、信越本線、しなの鉄道、上田交通)

鉄旅日記2012年12月9日その1 2012・12・9 6:10 長野(ながの)駅(長野新

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その2-美濃太田、可児、姫、下切、南木曽、田立、勝沼ぶどう郷(太多線、中央本線)

鉄旅日記2012年8月26日その2 13:18 美濃太田(みのおおた)駅(高山本線/太多線

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その2-小諸、岩村田、佐久平、中込、臼田、小海、野辺山、清里、大月(小海線、中央本線)

鉄旅日記2012年12月9日その2 13:38 小諸(こもろ)駅(小海線/しなの鉄道 長野

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのくひとり旅】最終日(羽後本荘-東京)-羽後本荘、古口、袖崎、天童、漆山、かみのやま温泉、山形、左沢、寒河江、長町、太子堂、南仙台、名取、館腰、船岡(羽越本線、陸羽西線、山形線、左沢線、東北本線)

鉄旅日記2012年8月15日 2012・8・15 6:31 羽後本荘(うごほんじょう)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その1-富山、水橋、速星、千里、越中八尾、笹津、猪谷、飛騨古川、高山、久々野、下呂、白川口、上麻生、下麻生(北陸本線、高山本線)

鉄旅日記2012年8月26日その1 2012・8・26 6:22 富山(とやま)駅(北陸

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、上越途中下車旅&高田で友人の結婚式に参加】初日(東京-長野)-吹上、北鴻巣、長野、豊野、新井、高田、春日山(高崎線、長野新幹線、信越本線)

鉄旅日記2012年12月8日 2012・12・8 6:15 吹上(ふきあげ)駅(高崎線 埼

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、ダム湖に水没する鉄路へ】その2-川原湯温泉、岩島、群馬藤岡、高麗川、拝島、昭島、中神、武蔵溝ノ口、武蔵中原、鹿島田、尻手(吾妻線、八高線、青梅線、南武線)

鉄旅日記2012年4月1日その2 14:07 川原湯温泉(かわらゆおんせん)駅(吾妻線 群

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、銚子へ、房総へ。】その1-保谷、稲毛、都賀、四街道、久住、下総神崎、松岸、銚子(総武本線、成田線)

鉄旅日記2012年3月12日その1 2012・3・12 4:21 保谷(ほうや)駅(西武池

記事を読む

「鉄旅日記」2012年晩秋【休日おでかけパスで、相模線途中下車旅】保土ヶ谷、大船、香川、北茅ヶ崎、厚木、社家、相武台下、原当麻、下溝、片倉、八王子、猿橋、西八王子、武蔵小金井、東小金井(横須賀線、東海道本線、相模線、横浜線、中央本線)

鉄旅日記2012年11月17日 2012・11・17 12:41 保土ヶ谷(ほどがや)駅(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

鉄旅日記2006年7月17日 2006・7・17 8:26 

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

鉄旅日記2006年7月16日 14:51 津駅(岐阜駅より1

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その1-東横イン名鉄岐阜、大垣駅、養老駅、阿下喜駅、西藤原駅、湯の山温泉駅、四日市駅、鈴鹿サーキット稲生駅

鉄旅日記2006年7月16日 2006・7・16 7:11 

「鉄旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】初日-平塚、国府津、沼津、掛川、三河大塚、尾張一宮、岐阜(東海道本線/御殿場線)

鉄旅日記2006年7月15日 2006・7・15 20:30

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】最終日(安達-大洗-潮来-東京葛飾)-あだち、二本松駅、磐城石川駅、はなわ、常陸太田駅、大洗駅、潮来駅、十二橋駅、佐原駅、東京葛飾

鉄旅日記2006年5月7日 2006・5・7 6:13 4号

→もっと見る

    PAGE TOP ↑