*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その1-金町、三島、修善寺、蒲原、島田(常磐線/東海道本線/伊豆箱根鉄道駿豆線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月23日・・・金町駅、三島駅、修善寺駅、蒲原駅、島田駅(常磐線/東海道本線/伊豆箱根鉄道駿豆線)
2019・3・23 4:29 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都)
春本番の列島。
山陰、北陸に吹いた春一番はまだ関東までは及ばないが、満開には遠いとはいえ、桜は開花を迎えている。

去年3月の終わり。
それまで暮らしていた練馬の家を離れた。

最愛の存在と離れて暮らして一年になる。
彼を想うと胸が疼く。

そして一週間前にできた恋人と新しい愛を交わす。

無常の3月。
春の切符はまだ2回分残っている。
改札口で判を押してもらい、東へ向かう一番列車に乗っている。

7:34 三島(みしま)駅(東海道新幹線/東海道本線/伊豆箱根鉄道駿豆線 静岡県)
いつものように乗り換えていく。
北千住、日暮里、そして東京。

湘南も熱海も街路は濡れていた。

三島大社の文字が目を引く駅前には若者の姿が目立つ。

伊豆箱根鉄道駅で三嶋大社の授与品である「三嶋駒」を模したフリー切符を購入。

この鉄道に乗るのは2度目になる。
専用の三島駅舎を持つことに当時は気づいていない。

あれはもう11年前。
師走の寒い日だった。

修善寺からの帰りには伊豆長岡で降りて、夕焼けの道を歩き、温泉につかった。
さらに三島広小路で降りて、夕食の店を選んだ。

ボックス席が並ぶ車内は伊豆への誘いに満ちていて、目の前の車窓には「浄蓮の滝」と、「割狐塚稲荷神社」のステッカーが貼られている。

8:18 修善寺(しゅぜんじ)駅(伊豆箱根鉄道駿豆線 静岡県)
かつて恋人と訪ねた終着駅。
駅に降りてみたら、当時の記憶が消えていたことを知った。
駅舎も当時のものではない。

観光地の駅前らしく、商店に囲まれたロータリーは春の雨に濡れて美しく、隣に立っていた関西訛りの男が「寒い」と洩らす。

温泉街は駅から遠く、歩いてはいけない。
駅を出てそこへ至るスタート地点に狩野川に架かる修善寺橋がある。

その橋の上で微笑む当時の恋人の画像が、まだどこかに仕舞われているはずだ。

源頼家が幽閉の後に暗殺された舞台。
オレの中の修善寺とは、そういう町だ。

行きの車窓では、韮山の手前で蛭ヶ小島を指し示す矢印を見た。
源頼朝がそこに流されて以来、伊豆は源氏と縁が深い。

9:57 蒲原(かんばら)駅(東海道本線 静岡県)
三島、沼津と乗り継いで東海道蒲原宿に降りる。
これで東海道本線東京~浜松間のすべてに駅に降りるか、寄ったことになる。

数日前、この道を友人のM氏が東海道五十三次踏破を目指して通りすぎている。
彼は今日、大井川を渡るだろう。

跨線橋から海が見えた。
駅前には何もなく、駿河湾を目指して歩く。

約3分でテトラポットが目立つ海辺に出た。

波の音が余計な音を消す。
海辺とは静かなものだ。

太平洋を背に自撮り。
近況とともに恋人に送る。


静岡方面に向かう列車に席を得ることはできなかった。
異邦人の旅行者が多く乗り合わせている。

仏陀の国の人々だろうか。
男女ともに腰回りが一様に太い。
体型にも国民性がありそうだ。

もやった海上に島がぼんやりと輪郭を浮かべている。

11:09 島田(しまだ)駅(東海道本線 静岡県)
静岡で席を得ると車内は一気に空いた。

乗っていた列車は島田行き。
10数年振りに降りた島田駅は当時の姿をしていなかった。

栄西禅師の銅像が立つ駅前から商店街が続いている。
禅師は茶の効用を説いて、静岡茶の発展に貢献したとのこと。

大井川を越えると車窓には茶畑が現れる。

大井川の川幅は広いが、水はほぼ涸れて流木の散らばる川底が剥き出しになっていた。

関連記事

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その4‐安積永盛、鏡石、須賀川、新白河、黒磯、宇都宮(東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・安積永盛駅、鏡石駅、須賀川駅、新白河駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

車旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を通過して塩尻峠を下りていく。 塩

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その2・・・東雲駅、宮津駅、天橋立駅、豊岡駅、国府駅、和田山駅、梁瀬駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】2日目(大垣-姫路)その1-大垣、能登川、栗東、草津、石部、三雲、甲南、油日、甲賀、柘植(東海道本線/草津線)

鉄旅日記2017年8月12日・・・大垣駅、能登川駅、栗東駅、草津駅、石部駅、三雲駅、甲南駅、油日駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-和歌山)その1-浜松、豊橋、大垣、京都、六地蔵、城陽、京終、帯解、天理、桜井(東海道本線/奈良線/桜井線)

鉄旅日記2008年7月19日・・・浜松駅、豊橋駅、大垣駅、京都駅、六地蔵駅、城陽駅、京終駅、帯解駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その2-有間川、谷浜、名立、直江津、犀潟、二本木、今井、川中島、姨捨、信濃境、すずらんの里、富士見(北陸本線/信越本線/篠ノ井線/中央本線)

鉄旅日記2014年3月23日その2・・・有間川駅、谷浜駅、名立駅、直江津駅、犀潟駅、二本木駅、今井駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】初日(東京-津山)-尾張一宮、播磨高岡、太市、余部、播磨新宮、三日月、西栗栖、美作江見、林野、上月、津山口、津山(東海道本線、山陽本線、姫新線)

鉄旅日記2014年8月13日・・・尾張一宮駅、播磨高岡駅、太市駅、余部駅、播磨新宮駅、三日月駅、西栗

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その2-新清水、静岡、草薙、興津、裾野、御殿場、駿河小山、国府津、逗子、横須賀、田浦、新川崎(東海道本線、静岡鉄道、御殿場線、横須賀線)

鉄旅日記2012年4月8日その2・・・新清水駅、静岡駅、草薙駅、興津駅、裾野駅、御殿場駅、駿河小山駅

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】最終日(奈良-東京)-奈良、亀山、桑名、弥冨、富士、沼津(関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2007年2月12日・・・奈良駅、亀山駅、桑名駅、弥冨駅、富士駅、沼津駅(関西本線/東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その1-打田、妙寺、高野口、橋本、五条、吉野口、法隆寺、平城山、木津、京田辺、四條畷、住道(和歌山線、関西本線、学研都市線)

鉄旅日記2013年4月7日その1・・・打田駅、妙寺駅、高野口駅、橋本駅、五条駅、吉野口駅、法隆寺駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑