*

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その4‐小柳、筒井、八戸、盛岡、北上(青い森鉄道/東北・北海道新幹線/東北本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年11月3日・・・小柳駅、筒井駅、八戸駅、盛岡駅、北上駅(青い森鉄道/東北・北海道新幹線/東北本線)
16:39 小柳(こやなぎ)駅(青い森鉄道 青森県)にて

17:22 筒井(つつい)駅(青い森鉄道 青森県)
16:38に小柳駅に到着。

列車を降りると隣の女子高生が「わっ、きれい」と声に出す。
夕焼けがとてもきれいだったんだ。

彼女がスマホを構える邪魔になっていたことに気づき、「ごめんね」とささやくと、はにかむようなまぶしい笑顔を見せてくれた。

線路に沿って歩く。
夕焼けを眺めた時に月にも気づき、何度も振り返る。

貨物列車が通過する。
振り返る。



道が行き止まりになる。
振り返る。

雪国仕様の家並に何を思うでもなく約20分歩くと、矢田前駅に到着。

到着と同時に下り列車がやってきて、思わず乗る。

本来はさらに次の野内駅まで歩くつもりでいた。
ただ夜になったこともあり断念。

3駅戻る。

青森の次の筒井駅は、東北新幹線が新青森まで延伸を果たした際に、並行する東北本線の第三セクターへの移行で「青い森鉄道」になってから新設された駅で、開業は5年前。

街にも近く、ウイスキーハイボールが買えるのではと思ったが、見渡したところ酒を売る店は発見できなかった。

19:06 八戸(はちのへ)駅(東北・北海道新幹線/八戸線/青い森鉄道 青森県)
外国人の一行は三沢で降りた。
興味深い事実だ。
三沢には基地があるが、その関係者か。

Facebookへの投稿と睡眠に車中90分をあてた。

新幹線はやぶさ40号への乗り換え時間は10分。
チケットの購入を心配したが、どうということはなかった。

改札口で近親者との別れに際して泣き叫ぶ少女がいて胸打たれた。
彼女には気の毒だが美しい光景だった。
オレも子供の頃はたまに会う従兄弟との別れがつらかった。

この列車は二戸、いわて沼宮内、盛岡と止まった後は仙台、大宮、上野、東京と止まっていく。

新幹線の運行形態もずいぶん変わったものだ。

19:49 盛岡(もりおか)駅(東北・北海道新幹線/秋田新幹線/東北本線/田沢湖線/山田線/花輪線/IGRいわて銀河鉄道 岩手県)
東北本線への乗り換え時間7分。

この車両に乗り合わせたすべての南部人に敬意と親しみを伝えたい。
この秋はよく遊ばせてもらい、今夜は北上へ。

今のオレには「業」を思うより、「縁」を思う方が相応しい。
そういう人生になったのだ。

盛岡駅にもずいぶん馴染んだものだ。
この秋に山田線と東北新幹線に乗車したことで、この駅を通るすべての路線に乗車したことになる。

20:48 北上(きたかみ)駅(東北・北海道新幹線/東北本線/北上線 岩手県)にて

23:00 くさのイン北上215
駅前の明かりは一ノ関を思い出させた。

北上の繁華街には足を踏み入れたことがある。
あの日は朝だった。

そこへは向かわずに駅前大通りを歩いていった。
ふと角に立ち止まり、右側に目をやると繁華街のネオンが誘った。

観光客の姿はなく、角に立つ男はまだ若く、階段から下りてきた女性とは目を合わせなかった。

狭い居酒屋に入り晩酌セット1700円を注文。
ビール一杯にお通し、刺身が2皿、焼き魚、もつ煮込み。
食べ物はそれで十分だ。

ビール一杯と熱燗二合を追加して店を出る。

ご主人に出張かと聞かれ、返事を返す。
店では「名探偵コナン」をずっと流していた。

関連記事

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-和歌山)その1-浜松、豊橋、大垣、京都、六地蔵、城陽、京終、帯解、天理、桜井(東海道本線/奈良線/桜井線)

鉄旅日記2008年7月19日・・・浜松駅、豊橋駅、大垣駅、京都駅、六地蔵駅、城陽駅、京終駅、帯解駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その1‐北上、横手、醍醐、十文字、下湯沢(北上線/奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・北上駅、横手駅、醍醐駅、十文字駅、下湯沢駅(北上線/奥羽本線) 2

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】3日目(宮崎-志布志-枕崎-鹿児島)走行距離382㎞その2-隼人駅、枕崎駅、開聞駅、指宿、鹿児島東急イン

車旅日記2004年8月13日・・・隼人駅、枕崎駅、開聞駅、指宿、鹿児島東急イン 2004・8・13

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その3‐黒石、弘前、津軽新城、青森(弘南鉄道弘南線/奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・黒石駅、弘前駅、津軽新城駅、青森駅(弘南鉄道弘南線/奥羽本線) 1

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【関東ぶらぶら旅その3-武蔵国で遊ぶ日。7つの交差点へ。】-越生、坂戸、小川町、寄居、羽生、久喜、新越谷、南越谷(東武越生線/東武東上線/秩父鉄道/東武伊勢崎線/武蔵野線)

鉄旅日記2009年11月3日・・・越生駅、坂戸駅、小川町駅、寄居駅、羽生駅、久喜駅、新越谷駅、南越谷

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】初日(東京-水沢)その1-郡山、杉田、五百川、高城町、矢本、野蒜、陸前赤井、石巻、女川(東北本線/仙石線/石巻線)

鉄旅日記2016年3月5日その1・・・郡山駅、杉田駅、五百川駅、高城町駅、矢本駅、野蒜駅、陸前赤井駅

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その4‐藤枝、静岡、熱海、上野、北千住(東海道本線/常磐線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・藤枝駅、静岡駅、熱海駅、上野駅、北千住駅(東海道本線/常磐線)

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その1-東長崎、本鵠沼、鵠沼海岸、藤沢、石上、柳小路、鵠沼、湘南海岸公園、鎌倉(西武池袋線/小田急電鉄江ノ島線/江ノ島電鉄)

鉄旅日記2017年11月12日・・・東長崎駅、本鵠沼駅、鵠沼海岸駅、藤沢駅、石上駅、柳小路駅、鵠沼駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】最終日(呉-東京)-呉、広、竹原、安芸幸崎、松永、東尾道、相生、西相生、比叡山坂本、用宗、富士、沼津(呉線/山陽本線/赤穂線/湖西線/東海道本線)

鉄旅日記2014年8月17日・・・呉駅、広駅、竹原駅、安芸幸崎駅、松永駅、東尾道駅、相生駅、西相生駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】最終日(多治見-東京)その2-中津川、坂下、落合川、南木曽、十二兼、洗馬、塩尻(中央本線)

鉄旅日記2019年3月24日・・・中津川駅、坂下駅、落合川駅、南木曽駅、十二兼駅、洗馬駅、塩尻駅(中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑