*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】初日(東京-紀伊田辺)その3-周参見、椿、白浜、紀伊田辺(紀勢本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月2日・・・周参見駅、椿駅、白浜駅、紀伊田辺駅(紀勢本線)
19:12 周参見(すさみ)駅(紀勢本線 和歌山県)
16分の停車。

本州最南端のリゾート地はとても静かで、海辺の国道を行き交う車もなく、ビーチはシャベルカーに掘られ、波打ち際への接近が許されない。

ビーチでさざ波の音を聞きながら、天からの授かり物はないかと両の掌を向けた。

何かを授かったような心地がして、ビーチを離れた。

国道は変わらず静まり返り、駅へ向かう人影もない。

酒屋の看板と自販機の明かりがまぶしくて立ち寄ってみれば、ビールを売っている。
購入して列車に戻る。

田辺に向かう乗客はオレを含めて5名。
これは過疎を意味するのか。

駅前通りで食堂の暖簾を下げた店には人の声があり、中華料理の暖簾の店に客の姿はなかった。

19:31 椿(つばき)駅(紀勢本線 和歌山県)
行き違い3分の停車。

「歓迎椿温泉」の柱が迎える駅前は寂しく、人の気配もない。

椿駅と書かれた駅舎の看板には、椿が一輪描かれている。
うまくスマホ画像に収まればと思ったが、反射して見えない。


ただ、この南紀の旅は思い出深く記憶に刻まれるだろう。

恋人のような友達。
「須佐之男命」からの授かり物をつないでくれた鑑定師。
新たなビジネス。
如月から弥生へ。

幸せに向けて、少し忙しくなるといい。

19:46 白浜(しらはま)駅(紀勢本線 和歌山県)
行き違い4分の停車。

リゾート地の駅前風景にうなった。

夏場であれば、あふれるほどの人が訪れる美しいビーチを持つ町。

かわいらしい男の子兄弟の他に出歩く者を見ないが、駅前の明かりは、町が盛りを迎える頃の熱気を、この寒い季節にも放出しているように感じさせた。

ここ南紀白浜には一度泊まり、その後こうした形で一度改札をくぐり、今夜が3度目になる。

今夜がこの町を一番大きく感じている。


田辺に向かう乗客は4名増えている。

20:01 紀伊田辺(きいたなべ)駅(紀勢本線 和歌山県)にて

21:53 田辺ホワイトホテル
田辺が近づくにつれて車窓は明るくなっていった。

田辺とはこういう街か。

扇ヶ浜でも、波打ち際への進入は拒まれた。
でも周参見でしたのと同じように天には感謝を。

コンビニの女性店員の和歌山弁が愛らしかった。

線路に沿って歓楽街が形成されていた。
出歩く者をあまり見かけなかったが、街の明かりは広範囲にわたっていて、夜の出勤をする女性とすれ違う。



駅前のラーメン屋でも色っぽい装いの女性が3人、楽しそうにしていた。

そのラーメン屋の主人は女性で、おそらくブラジル人。

人の一生を街のそれと比較はできないが、それぞれ流転を重ねている。

そしてこのオレも10年以上の歳月を間に置いて、再びこの街へ流れてきた。

ほんのりとカラオケ声が聞こえてくる場末のビルにいる。
こんな環境は実はキライじゃないと彼女に書き送った。

オレと彼女は同じ学校を出ていながら30年出会うことはなく、ひょんなことから親しくなり、まるで前世の記憶を共有するかのようにチャットは止まることなく、このひと月を互いの心と気持ちを潤わせてきた。

あるいはオレは初めて女性と心を通わせているのかもしれない。

【Facebookへの投稿より】
春もまた旅の季節でございます。

伊勢から南海道へ出て、紀州田辺に投宿いたしました。

桜こそ見かけることはございませんでしたが、南海道はもうすっかり春の装いでございます。

田辺は、平家物語にも田辺水軍として登場する海辺の街でございますが、投稿に上げたのは旅の途中でのもので、田辺を写したものは歓楽街の一葉のみでございます。笑

関連記事

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】最終日(小諸-軽井沢-高崎-水戸-東京)その2-高崎、新前橋、前橋、中央前橋、小山、水戸、東京葛飾金町(信越本線/両毛線/水戸線/常磐線)

鉄旅日記2005年11月7日・・・高崎駅、新前橋駅、前橋駅、中央前橋駅、小山駅、水戸駅(信越本線/両

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その1-大曲グランドホテル、角館駅、羽後中里駅、阿仁合駅、鷹ノ巣駅、大館駅、碇ヶ関駅、大鰐温泉駅、黒石駅

車旅日記2006年5月5日・・・大曲グランドホテル、角館駅、羽後中里駅、阿仁合駅、鷹ノ巣駅、大館駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】初日(東京-水沢)その1-郡山、杉田、五百川、高城町、矢本、野蒜、陸前赤井、石巻、女川(東北本線/仙石線/石巻線)

鉄旅日記2016年3月5日その1・・・郡山駅、杉田駅、五百川駅、高城町駅、矢本駅、野蒜駅、陸前赤井駅

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】最終日(郡山‐茂木‐下館‐東京)郡山スターホテル、新白河駅、黒羽くらしの館、茂木駅、下館駅、みつかいどうロードパーク、葛飾金町

車旅日記2000年5月7日 2000・5・7 8:35 郡山スターホテル510号室 最後の朝がやって

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】初日(東京-琵琶湖志賀)デニーズ青砥店、方南町、日野駅、道の駅信州蔦木宿、峠の茶屋

車旅日記200年8月11~12日・・・デニーズ青砥店、方南町、日野駅、道の駅信州蔦木宿、峠の茶屋 2

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】最終日(広島-東京)-広島、向洋、東岡山、高島、守山(山陽本線、東海道本線)

鉄旅日記2015年8月15日その2・・・広島駅、向洋駅、東岡山駅、高島駅、守山駅(山陽本線、東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その1‐高山、打保、猪谷、富山、電鉄富山(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・高山駅、打保駅、猪谷駅、富山駅、電鉄富山駅(高山本線) 2020

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その1-富山、水橋、速星、千里、越中八尾、笹津、猪谷、飛騨古川、高山、久々野、下呂、白川口、上麻生、下麻生(北陸本線、高山本線)

鉄旅日記2012年8月26日その1・・・富山駅、水橋駅、速星駅、千里駅、越中八尾駅、笹津駅、猪谷駅、

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

車旅日記2006年7月16日・・・津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテル

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】初日(東京-新大宮)その1-近鉄富田、富田、近鉄四日市、湯の山温泉、伊勢若松、平田町、鈴鹿市、鳥羽、賢島(名古屋線/湯の山線/鈴鹿線/山田線/鳥羽線/志摩線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・近鉄富田駅、富田駅、近鉄四日市駅、湯の山温泉駅、伊勢若松駅、平田町

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑