*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】最終日(紀伊田辺-東京)その1-紀伊田辺、箕島、和歌山、伊太祈曽、貴志(紀勢本線/和歌山電鐵貴志川線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/25 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月3日・・・紀伊田辺駅、箕島駅、和歌山駅、伊太祈曽駅、貴志駅(紀勢本線/和歌山電鐵貴志川線)
2019・3・3 5:37 紀伊田辺(きいたなべ)駅(紀勢本線 和歌山県)
昨夜歩いた歓楽街は「味光路」と名付けられているようだ。

スナックのネオンが目を引き、建物の1階は迷路のようなカーブを描き酔客を誘う。

「ええ加減にしいや」と女の怒声が響く土曜の夜だった。

この街の闘鶏神社は世界遺産に指定されている。

その名は源平合戦にちなむ。

「平家物語」にも描かれている。
田辺水軍を率いる湛増は、源平のどちらにつくか悩み、鶏を紅白2色に分けて闘わせ、白が勝ったことから源氏につく。

そして船団は壇ノ浦に向かった。

街の案内板には、田辺の出と伝わる武蔵坊弁慶を模したような「たなべえ」という、ゆるキャラの姿がある。

田辺城水門跡も駅前地図には描かれていた。

駅は工事中で、かつて降りた際に愛でた駅舎は失われていた。

6:54 箕島(みのしま)駅(紀勢本線 和歌山県)
全国制覇の町は鳥のさえずりに満ちている。

寒い朝だ。
ここは有田市だという。

みかんの産地で、太刀魚の漁獲料日本一を誇っている。

徳島の池田と同じく高校野球好きには垂涎の町で、あの懐かしいユニフォームが甲子園に戻ってくることを待っている。

夏の名場面には、箕島×星稜の18回に及ぶ死闘が必ず映される。

紀伊田辺からは複線区間となり、昨日のように列車行き違いなどによる停車はなくなる。
この箕島駅には降りたくて降りている。

どことなくかわいらしい駅で、感じのいい駅前だった。

次の初島を過ぎると、左手に巨大な石油工場が現れた。

傾斜の急な山肌が迫っている。

7:44 和歌山(わかやま)駅(紀勢本線/和歌山線/阪和線/和歌山電鐵貴志川線 和歌山県)
紀州人は人懐こく、礼儀正しい。

和歌山出身の唯一の友人もそうだった。
オレと出会う前は不良で、相当なワルだったらしいが、底抜けにいいヤツだった。

田辺でも感じていたんだ。
客と土産売場の女性との親しげな会話も聞こえてくる。

忙しなく駅前を写し、駅に戻る。


これまでに2度宿泊した街だ。
和歌山城へと続く街並はまだ記憶にも新しい。

和歌山電鐵は一番端の9番ホームから発車する。

窓口の切符売場に列ができている。

乗車に間に合うか危ぶんだが、大事ない。

乗り込んだ列車は「いちご電車」だった。

8:05 伊太祈曽(いだきそ)駅(和歌山電鐵貴志川線 和歌山県)
行き違い4分の停車。

「きのくに」に雨が落ちてきた。

小さな命を救おうと駅では謳う。


伊太祁曽神社が徒歩5分の場所にあるとのこと。

木国神話の社で、紀伊國一之宮と看板にはある。
木の神様を祀り、木材関係者の信仰を多く集めているようだ。

そして貴志川線の車両基地がここにある。

この先の終点はどんなところなのか。

列車は山峡へと分け入り、やがて大池が現れた。

8:25 貴志(きし)駅(和歌山電鐵貴志川線 和歌山県
猫の「たま」が駅長を勤める駅として、全国的にも有名な終着駅は、かわいらしい猫の外観を持ち、駅舎内にお洒落なカフェを持つ。




まだ営業前で、「たま駅長」は10時に出勤すると、和歌山駅窓口の話好きの駅長さんから聞いた。

食器棚のような「たま駅長」の仕事場もきれいに片付いている。

以前は牧歌的な駅風景だったのだろう。
何かの番組で見たのはそんな駅だった。

貴志では、いちご狩りができるらしい。

それで行きも帰りも「いちご電車」。

大池遊園を再び通る。

素晴らしい景観だが、池に面した大池荘は閉鎖されているのか、やけに汚れていて人の気配が感じられない。

関連記事

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その2‐新白河、郡山、福島、仙台(東北本線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・新白河駅、郡山駅、福島駅、仙台駅(東北本線) 8:20 新白河(

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その3-河曲、富田浜、河原田、津(関西本線/伊勢鉄道)

鉄旅日記2018年12月22日・・・河曲駅、富田浜駅、河原田駅、津駅(関西本線/伊勢鉄道) 18:

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】初日(東京-三ノ宮)-金町、東京、静岡、浜松、弁天島、大垣、美濃赤坂、石山寺、膳所、尼崎、西宮、芦屋、三ノ宮(東海道本線、美濃赤坂支線、京阪石山坂本線)

鉄旅日記2009年5月1日・・・金町駅、東京駅、静岡駅、浜松駅、弁天島駅、大垣駅、美濃赤坂駅、石山寺

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】初日(東京-弘前)-福島、仙台、北山形、新庄、秋田、井川さくら、大館、弘前(東北本線/仙山線/奥羽本線)

鉄旅日記2016年8月10日・・・福島駅、仙台駅、北山形駅、新庄駅、秋田駅、井川さくら駅、大館駅、弘

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】3日目(小樽-富良野)その2-深川、増毛、留萌、北一已、深川、旭川、美瑛、千代ヶ丘、富良野(留萌本線/函館本線/富良野線)

鉄旅日記2016年8月12日・・・深川駅、増毛駅、留萌駅、北一已駅、深川駅、旭川駅、美瑛駅、千代ヶ丘

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのく・北海道途中下車旅】2日目(横手-室蘭)-横手、土崎、八郎潟、大館、弘前、青森、泉沢、久根別、七飯、仁山、渡島沼尻、森、八雲、長万部、伊達紋別(奥羽本線、江差線、函館本線、渡島砂原支線、室蘭本線、室蘭支線)

鉄旅日記2012年8月12日・・・横手駅、土崎駅、八郎潟駅、大館駅、弘前駅、青森駅、泉沢駅、久根別駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その4-古虎渓、釜戸、美乃坂本、多治見(中央本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・古虎渓駅、釜戸駅、美乃坂本駅、多治見駅(中央本線) 18:23

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】最終日(人吉-天草-熊本空港)走行距離240㎞ その1-人吉駅、一勝地駅、球泉洞駅、佐敷駅、上田浦駅、千丁駅、有佐駅、不知火‐道の駅

車旅日記2005年2月13日 2005・2・13 9:01 人吉駅 町に濃い霧が立ち込めている。

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その1-ホテルイーストワン仙台、陸前落合駅、愛子駅、作並駅、山寺駅、高瀬駅、蔵王駅、北大石田駅、舟形駅

車旅日記2006年5月4日 2006・5・4 7:26 ホテルイーストワン仙台402号室 いい朝

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その3‐白石、郡山、黒磯、宇都宮(東北本線)

鉄旅日記2019年9月23日・・・白石駅、郡山駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線) 15:49 白石(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑