*

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その1-葛飾金町、羽田空港、佐賀空港、佐賀駅、神埼駅、鳥栖駅、筑前内野駅

公開日: : 最終更新日:2024/05/25 旅話, 旅話 2004年

車旅日記2004年8月11日・・・葛飾金町、羽田空港、佐賀空港、佐賀駅、神埼駅、鳥栖駅、筑前内野駅

2004・8・11 4:42 東京葛飾金町
2度の安らかな眠りを越えて、起き上がる。
心配していた目覚まし時計は、きちんと仕事を果たした。
もっとも、目覚ましが鳴る前に起き上がっていた。

早いところ空港へ連れていってくれよ。

日はまだ昇っていない。
夜明け前の空は、今日がどんな天気になるのか、まだ教えてはくれない。

少し遠くで一番鶏が鳴き、それが引き金となり、方々から二番三番と、その声は広がりつつある。

これから真夏の国へ。

旅立ちは少し早まりそうだ。
フライトは7:55。
朝食は焼きそばにしたよ。

40分が経過した。
この5日間の配達を止めるように依頼していたのに、朝刊が配達され、新聞販売所に抗議の電話を入れる。

さっきまで耳に涼しさを届けてくれていた蝉の声は聞こえなくなり、車の音が多くなってきた。

今日も真夏日になれば、連続記録は史上に残る記録と並ぶという。
そして、今年は新記録が生まれる年になることを、誰も疑っていない。

とんでもない夏だ。
そんな夏に、オレが向かうのは真夏の王国。

土産を買ってこよう。

帰ってきたら、しっかりと生きていこう。

7:28 羽田空港33番ゲート
6時の街は、しっかりと起きていた。

家を出た時には涼しさを感じたけど、じきに汗が吹き出してくる。

空港への乗り継ぎ列車の席はどこも塞がり、ネクタイ姿を一人として見ない。

東京駅ではあふれるほどの人々が下りていき、京浜運河と空は、濁った色をしていた。

そして夏休みの空の玄関口は、5月ほどじゃないが、早くも混み合っている。

まだ旅が始まっていることを実感できていない。
それに、どこへ何をしに行くのかも定かじゃない。

ひとまず佐賀へ飛ぶ。

今、滑走路へとオレを連れていくバスの到着を待っている。

佐賀に着いたら、まずはタバコを買うよ。

9:45 佐賀空港
羽田では、あれから飛行機のタラップまでバスで運ばれ、大平原のようなグレーの広大な滑走路を、遠い目で眺めた。

まるで無限のように滑走路は広がり、地平線の先に、ぼんやりと大都会が見えた。

オレにとって、その風景は最高だったよ。

薄曇りの東京上空を抜けると青空の中に浮かび、下界に目を向けると、国土の8割以上が山だという国が見えた。

やがて機長のアナウンスで、九州上空にさしかかったことを知り、また下界に目をやる。

ANA機は高度を落として飛行しており、水田地帯や大河が見えて、そこにまるで根拠のない、オレの中にだけある九州を感じる。

どこかほったらかしのような印象を受ける荒々しさを、上空からの何気ない風景に感じていた。

やがて熊本県内の谷間を抜け、こじんまりとした佐賀空港に下りる。

空港ビルはとてもきれいだ。
レストランは3階にある。

郷土コーナーにひとり座り、今こうしている。

壁には、佐賀学園の甲子園出場を祝う、大きな懸垂幕が下がっている。
とても残念だが、彼等は今日ここに帰ってくるはずだ。

空はよく晴れている。
今夜は別府に泊まる。
どんなルートで行こうが自由だ。

さて、どこへ行こうか。

10:38 佐賀駅 (佐賀空港より24km)
水田地帯を空港道路が走り、やがて街中へ入る。

佐賀城址、県庁。
気温は34度。

人のいいトヨタレンタカーの店員の話じゃ、今日はまだマシな方で、昨日までが耐えがたいほどの猛暑だったという。

東京も十分に暑かったけど、暑さを楽しむには、より暑い国にいた方がいい。
そんな心持ちでいる。

なにせ夏なのだから。

かわいらしい少女が、白い帽子を頭に乗せて通りをいく。

高層ビルは見当たらないが、案外に現代的な街の造りだ。

県庁の置かれた街であることは実感できるが、ちょっと見渡しただけじゃ、繁華街の存在は見えない。
駅周辺にもそれは見られない。

佐賀空港と同じように駅もガラス張りで、線路は2階に敷かれている。

由緒を持ちそうな羊羮屋を一軒見つけた。
他に、現在の佐賀を映すものを探せない。

明治維新の頃には最先端の技術を誇った街は、駅じゃ博多まで最短30分強900円という土地柄を売りにしている。

オレの隣に車を止めた女性は、ラジオで高校野球中継を聞いていた。

佐賀弁は聞こえてこなかったけど、なんだか佐賀を感じたよ。

2009年9月21日撮影

11:14 神埼駅 (佐賀空港より34km)
34号国道の車の流れが滞ってきた。

肥前の道に九州の趣は見られず、暑いには暑いが、昨日までに比べればいくらか過ごしやすい。

まるで宇宙科学館のような未来型の駅に、鄙びた肥前山口行の列車が止まり、3名が降りる。
あたりは一面の田舎風景だ。
滑稽と言えなくもない。

駅前の乾物屋の前で、所在無げな若者がひとり座っている。

佐賀県出身のお笑い芸人が歌にしていたように、自転車に乗る少年少女はヘルメットをかぶり、通りは牧歌的だ。

駅にいる間に、得意先から電話が2件入っていた。
まだ佐賀にいることも旅が始まっていることも実感できず、日常的な気分のまま鳥栖方向に車を走らせている。

風はそれなりに心地いい。

12:17 鳥栖駅 (佐賀空港より51km)
通りから眺めた吉野ヶ里公園駅も、神埼駅と同じような未来型の姿をしていた。

ここにきて分かった。
オレは鄙びた駅が見たくて、こうして駅を訪ねているのだと。

鹿児島本線と長崎本線が合流する鳥栖は、鉄道でも車でも交通の要衝にあたる。

1985年に全日本プロレスは、この街で天龍源一郎vsキラー・カーンのUN王座戦を組んでいる。
注目の一戦は、はっきりとした決着を見なかった。

鳥栖駅は古く、狭い待合室は賑わい、「駅そば」があり、駅弁も売られている。

ここで昼めし。
かしわそば、美味かったよ。
それに東京に比べて安い。

駅の反対側に見える巨大な構造物は、鳥栖スタジアム。

この街は、サッカーJ2のサガン鳥栖を有している。

跨線橋から、古い街と広大な鉄道基地を眺める。
鳥栖スタジアムだけが、新たな歴史に参加しているように見えた。

駅前には、煤けた色をした鳥栖ビルが建っている。
流行っている様子はなく、隣のジョイフルタウンには数えきれないほどの車が止まっている。

鳥栖から佐賀にかけては、博多のベッドタウン。
沿道の風景をオレはそんな目で眺めていた。

2013年8月13日撮影

13:22 筑前内野駅 (佐賀空港より77km)
ログハウス風の駅前に、聡明そうな犬が繋がれている。

そんな彼が、いきなり鳴きだした。

悲しそうな声だ。

原因はオレなのだろうか。

鳥栖から3号国道を走り、基山を過ぎて、筑豊へ延びる200号国道へ。

冷水トンネルを抜けると、小さな村に着いた。

駅の案内によると、内野には関所跡が遺されているという。

日に焼かれた右腕が夏の症状を呈しはじめ、体は汗ばんでいる。

風の音と蝉の声を聞く、田舎の夏。

人の姿はなく、この村に駅があることが不思議に感じられるが、確かに一本の線路が、筑豊に向けて延びている。

関連記事

「鉄旅日記」2011年秋【再びみちのくひとり旅】最終日(長井-東京)-長井、荒砥、赤湯、羽前千歳、作並、東照宮、槻木、角田、福島、飯坂温泉、本宮、宇都宮、雀宮(山形鉄道/仙山線/阿武隈急行/福島交通飯坂線/東北本線)

鉄旅日記2011年11月6日・・・長井駅、荒砥駅、赤湯駅、羽前千歳駅、作並駅、東照宮駅、槻木駅、角田

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】番外編(京都で過ごす日)-四条大宮駅、嵯峨駅前駅、嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅、阪急嵐山駅、京都駅

車旅日記番外編2004年11月23日・・・四条大宮駅、嵯峨駅前駅、嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅、阪急嵐山駅

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その1-米原、弁天町、大正、芦原橋、今宮、杉本町、堺市、東羽衣、鳳(東海道本線、大阪環状線、阪和線、東羽衣支線)

鉄旅日記2013年4月7日その1・・・米原駅、弁天町駅、大正駅、芦原橋駅、今宮駅、杉本町駅、堺市駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】2日目(香住-東萩)その4‐出雲市、直江、五十猛、馬路(山陰本線)

鉄旅日記2024年7月24日・・・出雲市駅、直江駅、五十猛駅、馬路駅(山陰本線) 15:19

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日・・・会津若松駅、広田駅、野沢駅、徳沢駅、津川駅、五十島駅(磐越西線) 2

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その2-小諸、岩村田、佐久平、中込、臼田、小海、野辺山、清里、大月(小海線、中央本線)

鉄旅日記2012年12月9日その2・・・小諸駅、岩村田駅、佐久平駅、中込駅、臼田駅、小海駅、野辺山駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】4日目(佐賀-松浦)その1-佐賀、肥前竜王、里信号場、喜々津、浦上、浦上駅前、長崎駅前、長崎、長与、諫早(長崎本線/長崎電気軌道/長崎本線長与支線)

鉄旅日記2009年9月21日・・・佐賀駅、肥前竜王駅、里信号場、喜々津駅、浦上駅、浦上駅前駅、長崎駅

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

車旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ、これか

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】4日目(富良野-大館)その2-南千歳、苫小牧、登別、東室蘭、北舟岡、伊達紋別、長万部、森、新函館北斗、大館(千歳線/室蘭本線/函館本線/北海道新幹線/奥羽本線)

鉄旅日記2016年8月13日・・・南千歳駅、苫小牧駅、登別駅、東室蘭駅、北舟岡駅、伊達紋別駅、長万部

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、北海道途中下車旅】3日目(室蘭-岩見沢)-室蘭、苫小牧、鵡川、静内、様似、追分、夕張、新夕張、清水沢(室蘭支線、室蘭本線、日高本線、石勝線、夕張支線)

鉄旅日記2012年8月13日・・・室蘭駅、苫小牧駅、鵡川駅、静内駅、様似駅、追分駅、夕張駅、新夕張駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑