*

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その4‐ゆだ錦秋湖、ほっとゆだ、横手、湯沢(北上線/奥羽本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年1月11日・・・ゆだ錦秋湖駅、ほっとゆだ駅、横手駅、湯沢駅(北上線/奥羽本線)
17:49 ゆだ錦秋湖(ゆだきんしゅうこ)駅(北上線 岩手県)
17:17にこの駅に降りている。
雨は雪に変わっていた。

積もり始めたばかりで、駅前の酒屋も開いていた。
どんつきには銭湯がある。
なかなか粋な構えだった。

最初に湖と見たのは雪原で、錦秋湖は橋の上から眺めた。
湖というより橋からの眺めは川だ。
たまに通る車に注意しながら、ほんのわずかな時間を橋の上で過ごした。

風がなければ雪の降る中もさして寒くはない。
行きにオレが残した足跡を見ながら駅に戻る。

今じゃもう、行きのも帰りのもオレの足跡は消えているだろう。

定刻通り56分発の北上行がやってきた。
この村に降りる者はいない。

外に出たら雪は止んでいた。
雪が見たかったオレに、奇跡はあるのだと天が示してくれたのだと受けとる。

星象天神「どんどろ」は、人として生きた前世では社会に馴染めず、つまはじきのような扱いを受けながらも、村を襲った災害の際に村人を救い、落命したという。

そんな神やそんな人が、今もこのあたりにはいそうだ。

暖房などない待合室でひとり列車を待っている。
時折木から雪が落ちる音がする。

楽しみにしていたゆだ錦秋湖との出会いは満足のいくものじゃない。
ただ、ここにこうしているオレには満足している。


あと5分もすれば列車がくる。

19:16 ほっとゆだ駅(北上線 岩手県)
約20年振りの再訪。
あの時は車だった。

そして今夜は列車で。
これはこれで素晴らしい人生だ。

当時の湯に関する記憶はないし、記録に残しているか疑問だが、オレにとってちょうどいい熱さの湯で、心から温泉の素晴らしさを味わった。




先のゆだ錦秋湖駅周辺には民家が見られたが、ここには多くは見られない。
そんな場所にできた奇跡のような湯館。

その冗談みたいな駅名がオレには災いして記憶の上位には上がらないが、再訪してみてこの場所を維持している地域の思いや価値に気づいた。

番台の女性が元気なのもいい。
このオレが圧倒されたよ。

雪を見て、やはり良かったと思っている。

20:06 横手(よこて)駅(奥羽本線/北上線 秋田県)
横手に下るともはや雪はなかった。

街をくまなく歩いてお城にも上がったことがある。
翌年には泊まりもした。

そんな縁のある街、横手。
真冬の1月に「かまくら」で有名な街に雪がない。
雪がないんだ。

今から39年前のある一夜、この街はプロレスに沸いた。
リッキー・スティムボート×ジミー・スヌーカ、ジャイアント馬場×バグジー・マグロー、ジャンボ鶴田、天龍源一郎×ケビン&デビッドのエリック兄弟、大木金太郎×ザ・シーク。
テレビ中継もされている。

そんな日はもう戻らないのだろうか。

20:31 湯沢(ゆざわ)駅(奥羽本線 秋田県)にて

20:50 湯沢「慶」
湯沢の灯りはこんなものだったか。
駅に降りての第一印象はそうだった。

かつては横手を凌駕していた駅前。
でもきりたんぽ鍋をはじめ、美味しい料理を提供する店が、文字通り町角にあった。
そこで幸せに過ごしているよ。

湯沢駅はかつての姿じゃない。
横手でも感じたが、駅舎が変わることは街の印象すら変えてしまう。

湯沢に20年前からの後退を感じた。
でもまた町角の店の効用で思いを新たにする。

縦に長い秋田県を明日明後日と見に行く。

【Facebookへの投稿より】
「2020年旅初め」
この国の冬を感じたく、昨年暮れに続き東北を旅しております。

福島、仙台に雪はなく、北上では雨でございましたが、国境に近づくにつれて雪に変わり、峠の「ほっとゆだ駅」という冗談みたいな駅に降りて、併設された湯館であたたまったところでございます。

今夜はこのまま横手に出て、少し南に下った秋田の湯沢に投宿いたします。

関連記事

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-東京)その3-名取、岩沼、福島、郡山、新白河、上野(東北本線)

鉄旅日記2019年1月6日・・・名取駅、岩沼駅、福島駅、郡山駅、新白河駅、上野駅(東北本線) 15:

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その3‐一ノ関、小牛田、仙台、福島、郡山(東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・一ノ関駅、小牛田駅、仙台駅、福島駅、郡山駅(東北本線) 11:48

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】初日(東京-水沢)その2-前谷地、柳津、気仙沼、一ノ関、水沢(石巻線/気仙沼線/大船渡線/東北本線)

鉄旅日記2016年3月5日その2・・・前谷地駅、柳津駅、気仙沼駅、一ノ関駅、水沢駅(石巻線/気仙沼線

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】最終日(鳴子温泉-郡山-東京)-鳴子サンハイツ、川渡温泉駅、槻木駅、道の駅安達、郡山文化センター前、那須公営パーキング、黒磯PA、佐野SA、大井PA、東京町田

車旅日記1998年5月4日 1998・5・4 8:47 鳴子サンハイツ 連休中初めての日差しだ。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その1-松戸、北松戸、馬橋、萬満寺、流山、近藤勇陣屋跡、小金城趾、幸谷、新松戸、北小金、南柏、北柏、我孫子(常磐線/流鉄流山線)

鉄旅日記2018年9月22日・・・松戸駅、北松戸駅、馬橋駅、流山駅、小金城趾駅、幸谷駅、新松戸駅、北

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その3-燕三条、北三条、三条、長岡、水上、高崎(弥彦線/信越本線/上越線)

鉄旅日記2018年3月4日・・・燕三条駅、北三条駅、三条駅、長岡駅、水上駅、高崎駅(弥彦線/信越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その2‐郡山、福島、仙台、品井沼、松島(東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・郡山駅、福島駅、仙台駅、品井沼駅、松島駅(東北本線) 9:25 郡

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

車旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ、いつの間にか日本海とさよならしていた

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その3‐小牛田、一ノ関、北上、柳原、江釣子(東北本線/北上線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・小牛田駅、一ノ関駅、北上駅、柳原駅、江釣子駅(東北本線/北上線)

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

鉄旅日記2018年3月3日・・・保谷駅、池袋駅、赤羽駅、高崎駅、井野駅、水上駅(西武池袋線/埼京線/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その6‐上川口、養父、豊岡、香住(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・上川口駅、養父駅、豊岡駅、香住駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その4‐太秦、撮影所前、帷子ノ辻、保津峡、千代川(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・太秦駅、撮影所前駅、帷子ノ辻駅、保

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その3‐米原、京都、梅小路京都西、丹波口、花園(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・米原駅、京都駅、梅小路京都西駅、丹

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その2‐静岡、浜松、豊橋、名古屋、大垣(東海道本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・静岡駅、浜松駅、豊橋駅、名古屋駅、

→もっと見る

    PAGE TOP ↑