*

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その3-稚内サンホテル

公開日: : 最終更新日:2020/09/10 旅話 2004年

車旅日記2004年5月4日
21:39 稚内サンホテル325号
素敵な部屋に案内してもらった。

稚内駅のホームが見える。
やがて踏切の音が聞こえ、特急列車が入ってきた。

22:00発札幌行き。
待合所にいた連中が最北の街の寒さに堪えながらずっと待っていた時間がようやく訪れた。

そしてこの5月4日に、この街にやってくる者は絶えた。

明日の朝までいつものように門を閉ざす。
この最果ての街では。

ホテルの朝食は6:00から。

この街にやってきた者はそのあまりの遠さに畏怖の念を持ち、出発時間を急ぐ。

そんな事情から営業開始時刻が決まったのだろう。
この最果ての街では。

街で一番背の高い建物は全日空ホテル。

列車に乗ったんじゃ札幌まで最短でも4時間半。

空を制した者がこのあたりじゃ一番大きな顔をする。
山口県の宇部でもそうだったな。

オレのように車やバイクでやってきた者は疲れ果て、安宿に泊まり込む。

大きな街からやってきた者が大きな声で自分が暮らす街の話を始める。

誰もサハリンビールなんて注文しやしない。
この日本最北端の街では。

22:00。
札幌行きの特急がホームを離れた。
ドアはゆっくり閉まり、僅かな客を乗せて街を出ていく。

街が発する音があることに気を止める機会は普段あまりない。

でも特急が行っちまったら、何も聞こえなくなって、その存在を知った。

この街にやってきた者は必ず帰っていく。

自分なりに最果てを感じたら元いた場所に帰っていく。

明日のオレも同じだ。

やがて暴走行為を行う者たちが発する騒音が聞こえ、消えた。

まるでこの街にやってくる客みたいだ。

木製の電柱が岬へと続いていく。
他に人工物は見当たらない。

宗谷岬では強く冷たい風に吹かれた。
気温は5度。

この街に着いても温度計は同じ数字を表示している。

でも岬の風はここまでは入ってこない。

開拓民が最後に行き着いた場所だ。

彼等がどこからやってきたのか知らないが、ここで生活していくことを選んだ民に、そして今もこの街を造っている人々に偉大さを感じる。

40号国道を走る車の音はまだ聞こえる。

最果ての北の街。
その看板だけを目指して人々はやってくる。

人は、特に男は北を目指すもんだ。

最南端はそうじゃない。
そう言えば沖縄は2月ですでに夏だった。

でもここでは5月になっても冬の気温。
最北端の街に行くには覚悟がいる。

特急がやってきた。

今夜はもうこの街以外のどこにも行かない特急がやってきて、決して少なくない数の乗客が降りた。

まだ門は開いていたのか。

街中にはスナックもバーもある。
まだ開いてるよ。

オレもタコしゃぶを食べた店を出たあと、どこかで一杯ひっかけていこうという気はあるにはあったんだ。
でもこのホテルのフロントの眼鏡をかけた女性の顔がなぜか思い出され、真っ直ぐに帰ることにした。

たぶんオレの場合その方がいい。
好きなビールならここにも置いてある。

ひとりで来たのなら、最後までひとりでいるってもんだ。

ひとりで到着するのにこれほど適した街はない。
最果ての街で暮らす人々はそのことを知っている。

昔、親父はあのホームを出る汽車に乗って北の大地を旅した。

そんな話を聞かせてくれたことがある。

どんな理由で、どんな経路でこの街にやってきたのか、次に会う時に聞いてみたい。

当時は名寄あたりからオホーツクに向かう線路が敷かれていたんじゃないのか。

そして今から30年も経てば、オレにもそんな話ができる息子がいるだろう。

聞いてくれるだろうか。
どうして親父がこの最果ての街にやってきたのかを。

ホームの明かりが消え、最後の乗客を運んできた特急も車庫に帰っていった。
パチンコ屋のネオンはまだ盛大にやっている。

オレは今最果ての北の街にいる。

そして目の前に35歳になった男の顔が映っている。

2004年5月4日、オレは稚内までやってきた。

関連記事

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】初日(東京-京都-丹波-赤穂-宇野)走行距離275㎞-金町駅、東京駅、京都駅、二条駅、馬堀駅、古市駅、竜野駅、播州赤穂駅、宇野港

車旅日記2004年11月20日 2004・11・20 5:09 金町駅 昨夜のたったひと

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】番外編(京都で過ごす日)-四条大宮駅、嵯峨駅前駅、嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅、阪急嵐山駅、京都駅

車旅日記番外編2004年11月23日 2004・11・23 嵯峨嵐山(さがあらしやま)駅(

記事を読む

「車旅日記」2004年誕生月 【沖縄ひとり旅】最終日-ひめゆりの塔、具志川城址、喜屋武岬、那覇空港

車旅日記2004年2月15日 2004・2・15 10:05 ひめゆりの塔 前日の那覇空港

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】2日目(別府-阿蘇-宮崎)走行距離337㎞その2-高森駅、高千穂駅、延岡駅、日向市駅、佐土原駅、アーバンキット宮崎

車旅日記2004年8月12日 14:04 高森駅(8月11日の佐賀空港より403㎞) メ

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その1-鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 9:35 鹿児島東急イン829号室 出

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】3日目(宮崎-志布志-枕崎-鹿児島)走行距離382㎞その1-アーバンキット宮崎、青島駅、油津駅、串間駅、志布志駅

車旅日記2004年8月13日 2004・8・13 7:59 アーバンキット宮崎 8月13

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その2-田川後藤寺駅、豊前川崎駅、宝珠山駅、日田駅、豊前中村駅、鳥栖駅、別府・ホテル清風屋上ビヤガーデン

車旅日記2004年8月11日 14:42 田川後藤寺駅(佐賀空港より110km) かつて

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】最終日(稚内-旭川空港)走行距離353㎞その2-天塩中川駅、音威子府駅、美深駅、名寄駅、風連駅、和寒駅、比布駅、神居古潭、旭川空港

車旅日記2004年5月5日 12:30 天塩中川駅 (5月1日の旭川空港より1802km)

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その2-月田駅、津山駅、智頭駅、餘部駅、鎧駅、レイセニット城崎

車旅日記2004年11月21日 2004・11・21 15:05 月田駅(11月20日の京

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その2-田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 17:05 田原坂古戦場跡(8月11日の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海S

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵

→もっと見る

    PAGE TOP ↑