*

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】最終日(小諸-軽井沢-高崎-水戸-東京)その2-高崎、新前橋、前橋、中央前橋、小山、水戸、東京葛飾金町(信越本線/両毛線/水戸線/常磐線)

公開日: : 車旅話 *結婚前2005年

鉄旅日記2005年11月7日
2005・11・7 東京葛飾金町
高崎行の列車が出る。
18号国道と並走しながらしばらくして安中、そして終点高崎。
高崎駅に降りたのは初めてだった。
車の窓から大きな街だと感じていた高崎は、信越路以外を知ったオレには小さく見えた。

上越・長野新幹線、信越本線、高崎線、上越線、両毛線、吾妻線、上信電鉄が乗り入れる高崎駅構内は、鉄道史上欠かせない役割を担ってきた駅らしく、広大で重々しかったが、駅ビルとなった駅舎には、他の現代駅と同じように高崎を感じさせるものは見られなかった。

2018年3月3日撮影

小山行の両毛線に乗る。
降りたのは新前橋。
三角形の駅舎の下にそばをメインにした食堂があり、上州そばを腹に入れて前橋を歩く。

2019年12月7日撮影

前橋駅へと歩く道に想像上の前橋の姿はなく、延々と歩き、利根川を渡る。
利根川は前橋の風景に欠かせないもので、かつての三国峠越えが蘇る。
渡り終えると右手に刑務所を見て、中心街と思しき場所を見ることなく前橋駅へ。

高架駅で、県庁所在地の駅としては存在感が薄く感じられる。
佐賀駅や山口駅が似た存在として挙げられる。
新前橋駅で計算に入れていた列車はすでに前橋を離れていて、しばし途方に暮れる。
駅を突っ切り反対側に出ると、メインストリートはどうやらこっち。

誘われるように歩きだし、街の案内板で見かけた上毛電鉄の中央前橋駅まで。
東急インホテルが途中にある。
周囲にめぼしいものはなく、脇に商店街らしきものを従えているが、想像上の前橋はそこにもない。

やがて麻雀の文字が目立つ廃墟のような雑居ビルが現れ、その右手に新しくて斬新な感じの中央前橋駅があった。
終着駅だ。
さして長くないホームに桐生に向かう列車が止まっている。

2014年12月29日撮影

乗客の姿は認められず、線路に沿って小川が流れている。
若い警察官が挨拶をくれる。
一本道ばかりを歩いてきたから多くを語る資格は持たないが、想像上の前橋をとうとう見ることはなかった。

次は伊勢崎行。
古くて黄味がかった味のある駅舎。
赤い屋根と時計台が印象的で、2階の窓が開いていた。

駅前からじゃ街の規模は想像できない。
駅もそうだが、乾いていて、どこか退廃的な埃っぽい臭いを嗅いだような気がした。
「駅そば」もどことなく侘しく、イスラムの男が不安げにうろうろしている。

あの賑やかな浅草を出る東武伊勢崎線の終点はこの駅になる。
東武線用の駅舎などはなく、JR駅を間借りするように終着ホームが端っこにある。
「ここはまだ昭和のままだよ」。
そんなくたびれた男の声でも聞こえてきそうな街だった。

車窓からは広大な関東平野がいつまでも広がっている。
その際には赤城山の姿のいい山容が裾を広げている。
桐生に到着すると上毛地帯の重厚な歴史を感じた。

牧歌的な車内の空気が一変したのは足利に到着した時だった。
大勢の高校生たちが乗り込んできた。
読書に集中していたオレがふと車内に目を移すと、そこは無法地帯だった。

車内中の地べたにだらしなく座り込んだ高校生男女の姿があった。
この国はどこへ向かうのかと暗然とした気持ちになったが、多勢に無勢。
何も言葉が出てこない。

一刻も早くあの状況から抜け出したかったが、その狂った世界は小山まで続いた。
ろくでもなく、取り返しのつかない光景だった。
この国の教育はどうしてしまったのだろう。

東北新幹線の停車駅で、東北本線、両毛線、水戸線が乗り入れる小山は鉄道の街。
駅が圧倒的な存在感を放つ街だった。

2013年3月31日撮影

駅を出ると特に目立つものはなく、すぐに人気のない路地が現れる。
水戸線のホームは一番端にある。
目の前は広大な空地だったが、工事が始まる気配がある。
5年も経てば周辺も変わるだろう。

水戸へ。
結城、下館、笠間といった街を通過していく。
あたりはすっかり暗くなり、闇から光が現れると、そこが駅。
小さな駅にたくさん停車して水戸へ。

あの沿線を車で走ったのは何年前になるのか。
明るい時間だったから、そこに見えたのはやはり広大な関東平野で、時折筑波山が覗いていた。

水戸駅は光に溢れている。
縦横に張り巡らされた歩道橋で恋人は寄り添い、楽器を奏でる者もいる。
賑やかな街だと思いながら歩道橋を下りると、そこに歓楽街はなかった。

2018年4月1日撮影

駅ビルにはたくさんの人々がいたが、外に出ると水戸の現在が見えた。
駅を貫くようにように走る大通りを行く車はまれで、ぼってりとした大きなテレビ塔の灯は消えている。
歴史と海を持つ街だが、水戸街道はメインストリートから外れている。

駅ビルの中に蕎麦を食わせる飲み屋があって、ビールと酒。
厚揚げと蕎麦。

どこかで三日月を見て、土浦、柏、松戸。
そして江戸川を渡り、金町。
それにしても、どうして最近の若者はああして人に不快感と失望感を与える存在に成り下がってしまったのか。
常磐線でもそうした手合いを幾人か見かけている。

もうよそう。

帰り着いた金町の路上は濡れていた。
旅は終わった。
先日の日本武道館で行われた三沢光晴×天龍源一郎、小橋建太、潮崎豪×佐々木健介、中嶋勝彦の名勝負を見て疲れを癒した。

関連記事

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】初日(東京-名古屋)-根府川、島田、豊橋、岡崎、名古屋(東海道本線)

鉄旅日記2005年11月5日 2005・11・5 紀州鉄道名古屋栄ホテル908号室 根府

記事を読む

「鉄旅日記」2005年初冬【鉄旅に目覚め、銚子へと向かったのでございます。】その1-松戸、我孫子、成田、銚子(常磐線/成田線/銚子電鉄)

鉄旅日記2005年12月10日 小さな旅に出た。 旅心はすぐにやってきた。 初めて気づ

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その2-高屋駅、鶴岡駅、鼠ヶ関駅、村上駅、坂町駅、新潟駅、新潟東急イン

車旅日記2005年7月17日 14:40 高屋駅(7月16日の長岡駅より513㎞) 駅を

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】最終日(人吉-天草-熊本空港)走行距離240㎞ その2-上天草、三角駅、肥後長浜駅、宇土駅、上熊本駅、肥後大津駅、熊本空港駅、東京葛飾金町

車旅日記2005年2月13日 14:31 107号県道 上天草市大矢野島旅館大国横空地(2

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】初日(長岡-会津-福島-山形)走行距離388㎞ その1-長岡駅、小出駅、田子倉駅、只見駅、会津水沼駅、会津坂下駅、猪苗代駅

車旅日記2005年7月16日 2005・7・16 9:38 長岡駅 MAXトキ307号で

記事を読む

「鉄旅日記」2005年聖夜【廃線となった鹿島鉄道に乗った記録が残されておりました。】-鹿島神宮、新鉾田、鉾田、石岡(鹿島線/鹿島臨海鉄道/鹿島鉄道/常磐線)

鉄旅日記2005年12月24日 記憶には残るだろう。 朝はもたついたが、計画通りに出

記事を読む

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】2日目(名古屋-塩尻-小淵沢-小諸-中軽井沢)-名古屋、高蔵寺、多治見、中津川、木曽平沢、塩尻、小淵沢、中込、小諸、中軽井沢(中央本線/小海線/しなの鉄道)

鉄旅日記2005年11月6日 2005・11・6 小諸グランドキャッスルホテル402号

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その1-アパホテル富山駅前、城川原駅、岩瀬浜駅、東富山駅、中滑川駅、滑川駅、魚津駅、石田駅、電鉄黒部駅、入善駅

車旅日記2005年4月30日 2005・4・30 9:10 アパホテル富山駅前1107号室

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その2-泊駅、越中宮崎駅、市振駅、糸魚川駅、頸城大野駅、小滝駅、平岩駅、白馬大池駅、安曇追分駅

車旅日記2005年4月30日 13:43 泊駅(4月29日の松本駅より392㎞) いよい

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その1-アパホテル山形駅前大通、羽前山辺駅、寒河江駅、左沢駅、柴橋駅、天童駅、村山駅、新庄駅、羽前前波駅

車旅日記2005年7月17日 2005・7・17 8:51 アパホテル山形駅前大通802

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶

「鉄旅日記」2005年聖夜【廃線となった鹿島鉄道に乗った記録が残されておりました。】-鹿島神宮、新鉾田、鉾田、石岡(鹿島線/鹿島臨海鉄道/鹿島鉄道/常磐線)

鉄旅日記2005年12月24日 記憶には残るだろう。

→もっと見る

    PAGE TOP ↑