*

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】2日目(徳山-南宮崎)その1-徳山、長府、西小倉、城野、行橋、新田原、中津、中山香、高城、佐志生、熊崎、上臼杵、臼杵(山陽本線、日豊本線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/24 旅話, 旅話 2013年

鉄旅日記2013年8月11日その1・・・徳山駅、長府駅、西小倉駅、城野駅、行橋駅、新田原駅、中津駅、中山香駅、高城駅、佐志生駅、熊崎駅、上臼杵駅、臼杵駅(山陽本線、日豊本線)
2013・8・11 5:30 徳山(とくやま)駅(山陽新幹線/山陽本線/岩徳線 山口県)
街に出て、蜩が鳴いた。
子供の頃を思い出した。
夏休みのラジオ体操などで、たまに早く起きた朝に彼等の声が聞こえていたことを思い出した。

銀座モール街を一回りする。
銀南街、シネマギャラリー。
そして門前に屋台が2軒。
朝まで飲み明かしていたことを思われる背中が見える。
独特の文化だ。

夜明け前。
すでに暑い。

7:43 長府(ちょうふ)駅(山陽本線 山口県)
新山口で乗り継ぐ。

駅が生まれ変わっていた。
かつて車窓から目にしていたのは「駅そば」があるごく小振り駅舎で、おそらく古くから活躍して町の顔的存在であったと思われるものだった。

残念なことに「駅そば」はなくなり、駅周辺で目につくのは喫茶店と花屋くらいものだが、駅前通りから歩いてすぐのところを2号国道が線路と並走し、ドンツキには下関競艇。
「女王杯」の垂れ幕がかかっていた。

乃木大将の出身藩として今も城下町を謳う長府。
海峡の風が吹いている。

8:31 西小倉(にしこくら)駅(鹿児島本線/日豊本線/日田彦山線 福岡県)
下関で乗り継ぎ、小倉で鹿児島本線に乗り、一駅目の西小倉で降りて、4分後に到着する日豊本線行橋行きに乗り換える。

北九州の雄都小倉はこのあたりでもまだ都会を続けている。
無味乾燥とした駅かと思っていたけど、城下町として、またかつての軍都小倉としての風格を有していた。

平凡な表現で恥じ入るが、山が見える。
九州の山が無骨に見えるのは土地柄、風土柄なのだろう。

8:40 城野(じょうの)駅(日豊本線/日田彦山線 福岡県)
数分の停車。
かつての筑豊炭田を抜けて大分県日田市へと通じる日田彦山線との分岐駅。

山の麓にきた。
海峡の風は小倉までは届かず、駅前は暑気と蝉の声に包まれていて、空き地だった。

都会は消えてなくなっている。
しかし次回立ち寄った際にはまた別な風景が展開されていそうな、だだっ広い空き地だった。

9:21 行橋(ゆくはし)駅(日豊本線/平成筑豊鉄道田川線 福岡県)
昨日、甲府、四万十で気温40度を記録したと、前席のご婦人が開いていた新聞で知った。

長峡川、今川に挟まれた行橋の街は栄えているといっていい。
中央通り、ハミング通り、えびす市場を歩いた感想だ。

アパホテルにルートイン。
チェーンホテルの進出が見られる様を見て、人が集まる街であることを知り、行橋の行く末を思い、嬉しい気持ちでいる。

次の列車は新田原行き。

9:37 新田原(しんでんばる)駅(日豊本線 福岡県)
気難しそうな顔をした駅長だ。
でも金魚が泳ぐこの水槽の面倒を見ているのは彼だろう。

かつて一般国道だけを使って東京から大分まで車で旅した時に通った10号国道まで徒歩1分。
このあたりには古墳が散在していて、歴史の町を謳う。
他に目に付くものは残念ながら見当たらない。

次の列車は中津行き。

10:53 中津(なかつ)駅(日豊本線 大分県)
黒田官兵衛の城下町。
新田原で触れた旅の際には城にも上がった。
あの時も真夏。
今日も暑く、方々で破滅的な暑さを記録するだろう。

日ノ出町から新博多町へ。
通りを歩く者は皆無に等しかった。

椰子の木が印象的に配置される南国らしい駅で、念願だった「駅そば」の屋号は弁慶うどん。
食べたのはそばだけど、薄味の塩加減が絶妙で汁まで飲み干した。
こんな暑い日にはこれがいい。

中津は福沢諭吉の出身藩でもあり、街中には旧宅跡を示す表示が見られた。

次の列車は臼杵行き。

11:33 中山香(なかやまが)駅(日豊本線 大分県)
数分の停車。

「氷」の幟をぶら下げた大衆食堂がある。
その脇にはここらの村で見かけることのないハンバーガーの文字。

10号国道はずっと並走していて、低い山並が続く景色を眺めている。

12:35 高城(たかじょう)駅(日豊本線 大分県)
大分から2駅。
数分の停車。

大分で大幅な乗客の入れ替えがあった。
佐伯方面に向かう人数が多いことを意外に思う。

ホーム中央に改札を設けた変則的な駅だった。
春に成田線の新木駅でも似た構造に出会った。
駅舎はないようだ。
停車時間は僅かで乗降客は多く、階段を上る列についていけば発車に間に合わないと判断して外には出なかった。

いいさ。
見渡したところ何の変哲もない住宅街だ。

大分川、乙津川、そして大野川と渡る。

13:00 佐志生(さしう)駅(日豊本線 大分県)
数分の停車。

特徴のない平地を走っていたと思ったら、いつの間にか深い山間に入っている。
あたりに人を集めそうなものは何も見当たらなかったが、ここで10数人が降りた。

跨線橋から見えたはただひたすらの緑。
その中にみかんが生っていた。
まだ全然青くはあったけれど。

13:11 熊崎(くまさき)駅(日豊本線 大分県)
数分の停車。

山間から少し下ってきたようだ。
たくさんの風鈴が吊るされた古い木造駅舎だった。

周囲を囲む山並は低く、いくつかの古墳の表示がある。

10号国道からは随分離れてしまったようだ。

14:51 臼杵(うすき)駅(日豊本線 大分県)
まるで水を浴びたみたいだ。
体中汗でぐっしょりだ。

蝉時雨に包まれた駅の木陰で涼んでいる。
都市部のような非人道的な暑さはここにはなく、太古からの南国特有の暑さがあるだけだ。
人もいい。

かつては車での旅だが、大分から延岡へと至るこの道を往ったことはなかった。
イメージしていた街並とほんの少しの誤差があったけど、こんな古風な街があったのかと感動している。

二王座歴史の道、龍原寺三重塔、上臼杵駅、臼杵城址。
一級品の日本を歩いて回った。

大林宣彦監督がこの街で撮った映画の看板が街角に架かっていた。
彼の世界観は昔から好きで、代表作に登場する尾道を昨日通過した時も、オレ自身が登場する過去の映像とは異なる何か大切なものが脳裏を掠め、この夏に、はるばる遠くの西の国を旅していることを喜んだ。








上臼杵(かみうすき)駅(日豊本線 大分県)にて

関連記事

「鉄旅日記」2009年初夏【上信越ひとり旅】2日目(十日町-長岡)-十日町、戸狩野沢温泉、長野、松本、信濃大町、南小谷、直江津、柿崎、長岡(飯山線/篠ノ井線/大糸線/北陸本線/信越本線)

鉄旅日記2009年7月19日・・・十日町駅、戸狩野沢温泉駅、長野駅、松本駅、信濃大町駅、南小谷駅、直

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その4‐多治見、坂祝、美濃太田(太多線/高山本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・多治見駅、坂祝駅、美濃太田駅(太多線/高山本線) 14:19 多治

記事を読む

「鉄旅日記」2012年晩秋【休日おでかけパスで、相模線途中下車旅】保土ヶ谷、大船、香川、北茅ヶ崎、厚木、社家、相武台下、原当麻、下溝、片倉、八王子、猿橋、西八王子、武蔵小金井、東小金井(横須賀線、東海道本線、相模線、横浜線、中央本線)

鉄旅日記2012年11月17日・・・保土ヶ谷駅、大船駅、香川駅、北茅ヶ崎駅、厚木駅、社家駅、相武台下

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】最終日(鷹ノ巣-東京)その4‐中条、新発田、新津、長岡(羽越本線/信越本線)

鉄旅日記2020年1月13日・・・中条駅、新発田駅、新津駅、長岡駅(羽越本線/信越本線) 17:34

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その1-大曲グランドホテル、角館駅、羽後中里駅、阿仁合駅、鷹ノ巣駅、大館駅、碇ヶ関駅、大鰐温泉駅、黒石駅

車旅日記2006年5月5日 2006・5・5 7:00 大曲グランドホテル610号室 山々は見え

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】3日目(津軽SA-十和田湖-酒田駅-鳴子温泉)-津軽SA、温川、十和田湖休屋、長木渓谷、道の駅鷹巣、道の駅琴丘、道の駅西目、象潟駅、酒田駅、道の駅戸沢、鳴子サンハイツ

車旅日記1998年5月3日 1998・5・3 5:45 東北自動車道-津軽SA 1087km 聞

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-和歌山)その2-畝傍、高田、大和高田、近鉄郡山、郡山、王寺、五条、和歌山(桜井線/近鉄大阪線/近鉄橿原線/和歌山線)

鉄旅日記2008年7月19日・・・畝傍駅、高田駅、大和高田駅、近鉄郡山駅、郡山駅、王寺駅、五条駅、和

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】最終日-安房勝山、君津、木更津、上総亀山、蘇我(内房線/久留里線/京葉線)

鉄旅日記2006年2月5日 寒い朝だった。 海上は穏やかで、対岸の横須賀の街は白く、工場の煙突が

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】2日目(別府-阿蘇-宮崎)走行距離337㎞その1-別府日名子、大分駅、菅尾駅、三重町駅、豊後竹田駅、阿蘇駅

車旅日記2004年8月12日 2004・8・12 8:27 別府日名子 別府は素敵な街だった。

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その1-富山、水橋、速星、千里、越中八尾、笹津、猪谷、飛騨古川、高山、久々野、下呂、白川口、上麻生、下麻生(北陸本線、高山本線)

鉄旅日記2012年8月26日その1・・・富山駅、水橋駅、速星駅、千里駅、越中八尾駅、笹津駅、猪谷駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑