*

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】2日目(徳山-南宮崎)その2-津久見、日代、浅海井、狩生、佐伯、直見、宗太郎、南延岡、南日向、東都農、佐土原、南宮崎(日豊本線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 2013年

鉄旅日記2013年8月11日その2
15:25 津久見(つくみ)駅(日豊本線 大分県)
そうか。
ここが伊勢正三さんの「なごり雪」の街だったか。

オレが子供の頃、この街から甲子園に行った少年たちがいて、彼らは確か歴史的な名勝負を残してその夏を終えた。
それ以前には確か全国制覇もしているはずだ。
以来、その遺伝子を甲子園で見る機会はなくなってしまった。

海沿いの工業の街で、駅を出ると左手に昭和通りというささやかな商店街が伸びていた。

列車に乗って、街を通り過ぎる。
水辺にステキな野球場があった。

15:50 日代(ひしろ)駅(日豊本線 大分県)
漁港の町。
突堤に行って海を眺めることの他にやることがあるとすれば、こうしてただ汗を流していることだけだ。
しかし蝉時雨とはよく言ったものだ。

こんな夏をオレは欲していた。

ヒグラシの声が聞こえなくなった東京では、夕暮れ近くなっても一向に涼しくならなくなった東京では、もう二度と味わえないであろう夏。

一体世界は何に巻き込まれ、そして知らず知らずのうちにこのオレに一体何が起きて、こんなふうにかつての夏を懐かしむようなことをしているのだろうか。

16:22 浅海井(あざむい)駅(日豊本線 大分県)
小さな入江で海水浴を楽しんだ人々が引き上げにかかる頃、オレはこの駅に降りた。

大分延岡間は完全なる未踏の地で初めて足を踏み入れている。
しばらく海が付き合ってくれそうだ。

このあたりは日が傾いてくると涼しくなる。
だからかつての夏を感じることができる。
山林に覆われている日本の本来の夏がここにはある。

そんな風景の中で気づけば微笑んでいる。

16:44 狩生(かりう)駅(日豊本線 大分県)
豊後の国は美男美女が多い。

水田の緑がまぶしい県道沿いの駅に降りた。
乗降客はなく、若者の集団が青春を謳歌している。

暗い時代と言うが、実際に暗い時代だが、彼等の元気で清潔な姿を見ると安心する。
若者とはそういった存在でもあるらしい。
それにお洒落だ。

大丈夫だよ。
オレも常に不安を抱え、まれに何の不安もない状態がやってくると、かえって不安が増幅するという不合理も抱えながら人生を重ねているけど、40歳を過ぎてから所帯を持てて、こうしてどうにかやっていられるんだ。

大丈夫だよ。

17:10 佐伯(さいき)駅(日豊本線 大分県)
1983年に全日本プロレスの「世界最強タッグ決定リーグ戦」がやってきて、やがて常盤貴子さんをマドンナに据えた「釣りバカ日誌」がやってきた魚の美味い街。
大相撲の嘉風関の出身地でもあるようだ。

市の中心部は駅から離れていて、駅前に繁華街は見られない。
待合室では高校野球を放送している。
宇佐、大曲・・・。
そんな一コマから思い出す街の記憶がある。
それはやっぱりステキなことだ。

今夏の大分県代表はどこの高校だったかな。

17:29 直見(なおみ)駅(日豊本線 大分県)
数分の停車。
駅舎かと思えば便所だった。

日向との県境に向けて山間を登るディーゼル音が時に響く。

大分は今も戦国時代を生きた大友宗麟の国で、臼杵城址、津久見駅前で彼の銅像が見られた。
豊後の覇王で、キリシタン大名としてヨーロッパに使節を派遣した殿様だが、やがて南からの薩軍に地位を脅かされ、豊臣秀吉に助けを乞うに至る。

彼に継ぐ男が見当たらなかったことが、大分の今の地位に大きく影響を与えているのかもしれない。

18:05 宗太郎(そうたろう)駅(日豊本線 大分県)
数分の停車。
ここにも駅舎はない。

跨線橋を上りきったところで蜘蛛の巣にまともに顔から突っ込んでしまい、駅前のお宅で山の水をお借りして洗い落とした。
何とも言えない体験だ。

何を記念したのか今となっては不明の石碑が跨線橋の脇に立ち、列車を降りて聞こえたのはヒグラシの声。
低い場所にはせせらぎのある深い山の中にいる。

18:50 南延岡(みなみのべおか)駅(日豊本線 宮崎県)
夏の甲子園の宮崎代表は延岡学園か。
がんばれっ。

佐伯延岡間は午後の運行がない閑散区間。
悪いがタイクツしてしまった。

延岡の街に出て風景が開けた。
当り前だが、ひとつ手前の延岡駅では高千穂鉄道の駅は撤去され、線路は剥がされていた。
かつて訪れた際はまだ動いていたんだよ。

延岡には1980年に全日本プロレス「世界最強タッグ決定リーグ戦」がやってきて夢の対決が実現して以来、興行は打たれていない。
オレの家にある九州地図はこの街で手に入れたものだ。

ここ南延岡には2軒の旅館と寿司屋、大鉄道基地があった。
昼の熱気はすでに収まっている。

19:22 南日向(みなみひゅうが)駅(日豊本線 宮崎県)
数分の停車。
跨線橋から海が見える。

夜の帳が降りた日向の街に現代的な機能性を持たされた鉄筋の駅舎がポツネンと光っている。
閉ざされた部屋には清掃用具が雑然と置かれていた。

線香花火の先っぽのような真赤な太陽が延岡に落ちてからしばらく経つ。
外は涼しくなり、車窓はたんなる闇になった。

19:38 東都農(ひがしつの)駅(日豊本線 宮崎県)
数分の停車。

闇に包まれた秘境駅。
行き違いの上り列車を待つ、足のきれいな女性がひとり読書に耽っている。

リニアの実験場跡が闇の中に微かに白く、そして忘れられた物として存在し続けている。

20:33 佐土原(さどわら)駅(日豊本線 宮崎県)
この駅にはかつて車で寄ったことがある。
そしてここが今日の旅の終わりの地になる。

鹿児島からやってきた好漢に声をかけられる。
青春18きっぷを持つ似たもの同士だ。
これが鉄道旅というものか。
お互いの旅の無事を祈って別れる。

幕末佐土原藩は小藩ながら存在感を示して各地を転戦し、この町の球児は甲子園にも何度か顔を見せている。

10号国道は流れ、ホテルや旅館が充実した町だが、残念なことに駅前に酒を売る店はなかった。

22:38 南宮崎レマンホテル
南宮崎駅からレマンホテルは遠かった。
結果随分街を歩くことができた。

高い椰子の木が聳え、広い通りを歩くと大きな街にいる実感が湧いてきたが、ラーメンに焦がれていたオレを招く店は見当たらず、今はホテルの鏡で日焼けした顔を眺めている。
元お得意先のHさんは元気でいるだろうか?
彼女は市内の出身なんだ。
顔を見なくなって1年以上が経過している。
次に会える機会が訪れることはもはや期待していない。

ともあれ、こうしてここ宮崎でも、この地に縁を持つ、かつては身近だった人を思い出すことができる。
この国を旅する幸せをそんなことにも感じている。

ところで、オレの田舎から出来てきた長野県代表の上田西高校は負けたのか。

関連記事

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その1-打田、妙寺、高野口、橋本、五条、吉野口、法隆寺、平城山、木津、京田辺、四條畷、住道(和歌山線、関西本線、学研都市線)

鉄旅日記2013年4月7日その1 早朝、和歌山(わかやま)駅(紀勢本線/阪和線/和歌山線/

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】最終日(岩国-東京)-岩国、海田市、岡山、西大寺、播州赤穂、山科、南草津、豊橋、愛野、菊川、熱海(山陽本線、赤穂線、東海道本線)

鉄旅日記2013年8月14日 2013・8・14 4:50 岩国(いわくに)駅(山陽本線/

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その1-隼人、鹿児島、鹿児島中央、上伊集院、薩摩松元、川内、出水、新水俣、新八代(日豊本線、鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道)

鉄旅日記2013年8月13日その1 2013・8・13 5:04 隼人(はやと)駅(日豊本

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、甲斐駿河途中下車旅】その2-源道寺、入山瀬、下部温泉、塩之沢、甲斐常葉、市川大門、甲府、新府、穴山、東山梨、東所沢(身延線、中央本線)

鉄旅日記2013年3月3日その2 12:23 源道寺(げんどうじ)駅(身延線 静岡県)

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、房総途中下車旅】その1-検見川浜、大貫、保田、那古船形、富浦、安房勝山、館山、太海、江見、勝浦、行川アイランド、東浪見、御宿(京葉線、内房線、外房線)

鉄旅日記2013年3月9日その1 2013・3・9 6:43 検見川浜駅(京葉線 千葉県)

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その2-結城、下館、川島、岩瀬、笠間、十王、小木津、磯原、湯本、内原、羽鳥、土浦、ひたち野うしく(水戸線、常磐線)

鉄旅日記2013年3月31日その2 12:03 結城(ゆうき)駅(水戸線 茨城県) 関東

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その1-米原、弁天町、大正、芦原橋、今宮、杉本町、堺市、東羽衣、鳳(東海道本線、大阪環状線、阪和線、東羽衣支線)

鉄旅日記2013年4月7日その1 2013・4・6 13:46 米原(まいばら)駅(東海道

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】初日(東京-徳山)穂積、姫路、英賀保、金光、福山、天神川、徳山(東海道本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月10日 2013・8・10 11:55 穂積(ほづみ)駅(東海道本線

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その2-熊本、久留米、鳥栖、吉塚、長者原、古賀、東郷、赤間、幡生(鹿児島本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月13日その2 13:00 熊本(くまもと)駅(九州新幹線/鹿児島本線

記事を読む

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅】その2-久留里、上総亀山、横田、木更津、巌根、袖ヶ浦、長浦、姉ヶ崎、八幡宿、浜野(久留里線、外房線)

鉄旅日記2013年2月17日その2 17:32 久留里(くるり)駅(久留里線 千葉県)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

鉄旅日記2006年7月17日 2006・7・17 8:26 

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

鉄旅日記2006年7月16日 14:51 津駅(岐阜駅より1

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その1-東横イン名鉄岐阜、大垣駅、養老駅、阿下喜駅、西藤原駅、湯の山温泉駅、四日市駅、鈴鹿サーキット稲生駅

鉄旅日記2006年7月16日 2006・7・16 7:11 

「鉄旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】初日-平塚、国府津、沼津、掛川、三河大塚、尾張一宮、岐阜(東海道本線/御殿場線)

鉄旅日記2006年7月15日 2006・7・15 20:30

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】最終日(安達-大洗-潮来-東京葛飾)-あだち、二本松駅、磐城石川駅、はなわ、常陸太田駅、大洗駅、潮来駅、十二橋駅、佐原駅、東京葛飾

鉄旅日記2006年5月7日 2006・5・7 6:13 4号

→もっと見る

    PAGE TOP ↑