*

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】3日目(鹿児島中央-西鉄柳川)その1-指宿、枕崎、入野、開聞、山川、喜入、瀬々串、慈眼寺、南鹿児島、郡元(指宿枕崎線)

公開日: : 最終更新日:2020/09/08 旅話 * 結婚後2015年

鉄旅日記2015年8月14日その1
2015・8・14 6:08 指宿(いぶすき)駅(指宿枕崎線 鹿児島県)
明るくなる頃は海辺を走っていた。椰子の木が植わった国道に沿って線路が伸びている。
瞼が重かったけど、これを見に来たんじゃないか。
幸せな気持ちで移り行く景色を眺めていた。

そんな気分でいる時には、愛しい人がかわいらしい笑顔を見せてくれたいくつかの場面が浮かんでくる。
必ずそうなる。

指宿に降りる。
かつての夏に隼人駅とともに最も印象に残った駅は変わっていなかった。

温泉地として東京にも聞こえた街だが、街並みは寂しかったと記憶していた。
今回もその印象を決して上回るものではないが、アーケード街やスナック街を5分ほど歩き、指宿を存分に感じた気分で駅に戻る。

枕崎行はすでにホームに入っている。

車窓からの眺め

指宿の街並み


7:36 枕崎(まくらざき)駅(指宿枕崎線 鹿児島県)
最南の終着駅として最北の稚内からの距離が記された駅は、ホームから何から何まで過去の記憶から変わっていた。
小高い位置にホームがあり、街中に充満していた鰹節の匂いもなく、さっき一緒にこの街に着いた人々は、オレと同じようにことごとくが乗ってきた列車で引き返す。

南薩線の記憶はまだ生きていて、オレが知っている駅舎は線路の壁に写真として残っていた。

きれいなステーションホテルがあった。
撤退して何年にもなるであろう家具屋の廃墟が国道沿いにあった。
市役所通りは青空美術館を24時間営業していて、様々なアート作品が路傍に置かれている。

スナックが一軒。
飲食店が2、3駅周辺に固まっている。

ここでぽつっと一雨。

鹿児島中央へ向けて引き返す。
開聞岳が見えるまでは退屈な田舎風景が続く。

白沢駅で、もう中年にさしかかろうとする陰気なメガネ男が、いかにも田舎漢といった父親に車で送られて乗ってきた。
父親の一別を意味する手の挙げ方は格好良かったが、メガネ男はすぐにケータイに目を落としゲームに興じ始めた。


枕崎駅前

入野(いりの)駅(指宿枕崎線 鹿児島県)にて


8:43 開聞(かいもん)駅(指宿枕崎線 鹿児島県)
今から26分前にひとつ手前の入野駅で降りて開聞岳を収める。
素晴らしいビュー・ポイントだった。

同じ夏の日にかつて車で通った国道を歩くとまたポツリ。
空は明るいし長くは続かないだろうと思ったが、今じゃ本降りだ。
そして開聞駅への再訪を果たす。

あの夏の日、この場所にいた記憶をとても大切に思いながら生きてきた。

雲がかかっていた頂に風が吹いたのは、遠いところをわざわざ2度にもわたってよく来てくれたなと、土地の神が計らってくれたのだろう。
桜島でも期待できる。


9:21 山川(やまかわ)駅(指宿枕崎線 鹿児島県)
薩摩藩の貿易港として栄えた過去を持つ山川港に雨が降る。

あの尖ったのは竹山というのか。
太古から台風や大風に削られてあんな面相になったのだろう。
オホーツクにも似たようなのがいて、あっちじゃ神の名がついていた。

開聞岳はもう見えなくなってしまった。
再会というのは大抵束の間だ。

人生を変えるような大それたものじゃないが、鹿児島の景色は素晴らしい。



10:02 喜入(きいれ)駅(指宿枕崎線 鹿児島県)
喜びの町は縁起物として入場券を販売している。
山川では目にしなかった山川漬けなるものも並んでいる。

バス停の背後に沖縄の墓場でよく見かけたような南洋風俗的な構造物があって、ケータイを向けようかと思ったが、やめた。
特に理由はない。

海辺に出れば巨大コンビナート基地がある。
突端で船が美しい明かりをつけていた。
喜入に到着すればもう一度見られるかと思ったが、駅は海岸線から外れた場所にあった。

10:19 瀬々串(せせくし)駅(指宿枕崎線 鹿児島県)
海辺の駅で5分の行き違い停車。
跨線橋から眺めた風景だが、錆びた一本のレールが伸びる様に沿線の歴史を感じる。

駅前から見えた海は、視界の多くをテトラポットに譲っていた。
喜入方面に向かう国道に渋滞が発生している。

10:40 慈眼寺(じげんじ)駅(指宿枕崎線 鹿児島県)
行き違いで3分の停車。
駅は改装中で、降りてみたら空地の目立つ郊外風景があった。
農村風景よりもより鄙を感じるのは、グレーにしか見えない潤いを欠いた風景からか。

線路は高架工事が施されている最中だった。
どこまで高架を伸ばす計画でいるのだろう。

南鹿児島(みなみかごしま)駅(指宿枕崎線 鹿児島県)にて

南鹿児島~郡元間(徒歩)涙橋血戦の碑

11:08 郡元(こおりもと)駅(指宿枕崎線 鹿児島県)
南鹿児島は市電との乗換駅で、JR駅を出るとすぐに踏切がある。
3分の停車だったが、その踏切に阻まれて戻るを得ず、やむなく線路に沿って歩く。

途中の交差点に「涙橋血戦の碑」がある。
西南戦争での市街戦で枕崎衆が6時間に及ぶ戦いの末に撤退した地とのこと。

郡元に駅舎はなく、鹿児島中央駅を次に控えた土地だが、特徴のない郊外風景の中にあった。

関連記事

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その3(東京-岩倉)-太田川、常滑、中部国際空港、上小田井、西春、岩倉(名鉄常滑線/名鉄空港線/名鉄犬山線)

鉄旅日記2015年3月7日その3 19:04 太田川(おおたがわ)駅(名鉄河和線/名鉄常滑

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】3日目(鹿児島中央-西鉄柳川)その2-隼人、日当山、鶴丸、吉松、真幸、矢岳、大畑、人吉、坂本、玉名、西鉄柳川(肥薩線、鹿児島本線、西鉄本線)

鉄旅日記2015年8月14日その2 12:00 隼人駅前まんさくラーメン 鹿児島の街は相

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その2(東京-宇治)-香里園、寝屋川市、門真市、守口市、淀屋橋、天満橋、中之島、樟葉(京阪本線/京阪中之島線)

鉄旅日記2015年3月21日その2 17:27 香里園(こうりえん)駅(京阪本線 大阪府)

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その3(東京-宇治)-中書島、伏見桃山、桃山御陵前、桃山、JR藤森、木幡、黄檗、京阪黄檗、京阪宇治(京阪本線/奈良線/京阪宇治線)

鉄旅日記2015年3月21日その2 20:15 中書島(ちゅうしょじま)駅(京阪本線/京阪

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その1(岩倉-東京)-岩倉、御嵩、犬山、新鵜沼、鵜沼、名電各務原、各務ヶ原、新那加、那珂、名鉄岐阜(名鉄犬山線/名鉄広見線/名鉄各務原線)

鉄旅日記2015年3月8日その1 2015・3・8 5:41 岩倉(いわくら)駅(名鉄犬山

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その2(宇治-東京)-水口、水口石橋、水口城南、八日市、近江八幡、高宮、多賀大社前、彦根(近江鉄道本線/近江鉄道八日市線/近江鉄道多賀線)

鉄旅日記2015年3月22日その2 水口(みなくち)駅(近江鉄道本線 滋賀県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その2(岩倉-東京)-笠松、新羽島、岐阜羽島、羽島市役所前、西笠松、新木曽川、名鉄一宮、玉ノ井、萩原、日比野、弥富、近鉄弥富(名鉄本線/名鉄竹鼻線/名鉄羽島線/名鉄尾西線)

鉄旅日記2015年3月8日その2 9:38 笠松(かさまつ)駅(名鉄本線/名鉄竹鼻線 岐阜

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1 2015・8・13 5:37 新南陽(しんなんよう)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その2-田川後藤寺、糸田、糒、金田、門司港、厚狭、湯ノ峠、四郎ヶ原、南大嶺、美祢(平成筑豊鉄道糸田線、平成筑豊鉄道伊田線、鹿児島本線、美祢線)

鉄旅日記2015年8月15日その2 11:18 田川後藤寺(たがわごとうじ)駅(日田彦山線

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その1(東京-宇治)-東福寺、祇園四条、伏見稲荷、稲荷、男山山上、八幡市、枚方市、私市、河内森、河内磐船、交野市(京阪本線/男山ケーブル/京阪交野線)

鉄旅日記2015年3月21日その1 2015・3・21 14:00 東福寺(とうふくじ)駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶

「鉄旅日記」2005年聖夜【廃線となった鹿島鉄道に乗った記録が残されておりました。】-鹿島神宮、新鉾田、鉾田、石岡(鹿島線/鹿島臨海鉄道/鹿島鉄道/常磐線)

鉄旅日記2005年12月24日 記憶には残るだろう。

→もっと見る

    PAGE TOP ↑