*

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その3-宇土、松橋、八代、出水、牛ノ浜、草道、鹿児島中央(鹿児島本線/肥薩おれんじ鉄道)

公開日: : 最終更新日:2020/09/09 旅話 2015年

鉄旅日記2015年8月13日その3
17:40 宇土(うと)駅(鹿児島本線/三角線 熊本県)
キリシタン大名小西行長縁の城下町にはかつて味のある駅があった。
三角からの帰り道に寄って強い印象を抱いて去ったかつて。

やはり新幹線開通によって改装を余儀なくされ現代的な姿へと変貌した姿を、町の人々は歓迎したのだろうか。

町は西日に褪せていた。

18:02 松橋(まつばせ)駅(鹿児島本線 熊本県)
駅舎は改装中。
町角の店舗は空き家だった。

得意先から電話があり、通話しながら辿った駅前通り。
「一力」という旅館の住居部分からは、おそらく娘さんであろう人のピアノ演奏による「時の流れに身をまかせ」の調べが聞こえてくる。
西日に褪せた町にやけに調和していた。

18時の鐘を聞く頃に八代行がやってきた。
座席は塞がっていた。

18:30 八代(やつしろ)駅(鹿児島本線/肥薩線/肥薩おれんじ鉄道 熊本県)
妙見祭のぼんぼりが下がる駅頭。
背後には製紙会社の煙突が聳えていて、本日ももくもくと営業中。
かつて見たまんまの古い駅舎に安心する。

九州新幹線は八代の街中を避けてひとつ先の空地に新駅をこさえて、高速運転を繰り返している。

車窓からの風景



20:11 出水(いずみ)駅(九州新幹線/肥薩おれんじ鉄道 鹿児島県)
上田浦までの線区で果たした東シナ海との再会はとても素敵だった。

穏やかに凪ぐ波の果てに天草諸島が見える。
夕日が島々にかかり、沿線ではある家族がこちらに向けて手を振っている。

理由もなく切なくなったり、人生を愛おしく感じたりする情緒が南国には残っている。
うれしかった。
東京にはもはやそんな場所はない。

あそこに行きさえすれば何度でも立ち上がれる。
そんな場所だ。

ここ出水で立ち往生。
どこにも行けない。

ひとつ手前の米ノ津から出水まで。
あるいはここ出水からひとつ先の西出水まで歩くことも考えていたが、ホテルの他には何もなく、闇に閉ざされた駅前風景に接して、もういいと諦めた。

家で揃えてくれたタオルを紛失してしまったことも未だに引っかかっている。
とつてもなく申し訳ない気持ちでいる。

出水には武家屋敷が残っているとある。
鶴の飛来地としての確たる立場も得ている。

それにしても繁華街はどこにある。
こう暗くては探しにいく気にもならない。

鹿児島まではあと2時間の道中。
愚痴が多くなってきた。
少し疲労を感じている。

21:00 牛ノ浜(うしのはま)駅(肥薩おれんじ鉄道 鹿児島県)
国道に面したホームがあるだけの駅で、貨物列車の通過待ちで5分の停車。

飲食物を置くための木製トレイが各座席に設置された豪華列車の乗客は現在3名。

こんな時間に地の果てに向かう人数としては適当なのかもしれない。

水俣と阿久根の街の灯は暗かったが、降りてみたい駅だった。
そんな駅として今後もオレの中で存在し続けていくことだろう。

21:23 草道(くさみち)駅(肥薩おれんじ鉄道 鹿児島県)
数分の停車。
この駅にも駅舎はない。

鹿児島本線から切除された傷跡がおそらくこんな形で残っているのだろう。
何もないし、何も見えない。

肥薩おれんじ鉄道は鹿児島本線中に存在する閑散区間に生じた経営体だが、出水からこの先の川内はより閑散区間だと言える。

八代から川内とは、思えば遠い。

鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅(九州新幹線/鹿児島本線/日豊本線/指宿枕崎線 鹿児島県)にて

23:37 ビジネスホテルアサヒ502号
薩人の嬌声が聞こえる駅前の一郭に宿をとっている。
駅から1分。
まるで独房みたいな部屋だがそれで構わない。

嬌声の主たちが礼儀正しく挨拶を交わして散ると静寂が訪れた。

随分長いことかかって鹿児島中央駅はようやく完成を見たようだ。
初めて駅前を通ってから今回で4度目になる。

鹿児島の繁華街は奥が深い。
誰もが天文館へと繰り出すわけじゃないようだ。
駅前もなかなかの賑わいを誇っている。

関連記事

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その3(岩倉-東京)-津島、須ヶ口、神宮前、豊明、岡崎公園前、中岡崎、東岡崎、国府、豊川稲荷、豊川(名鉄津島線/名鉄本線/名鉄豊川線)

鉄旅日記2015年3月8日その3 13:12 津島(つしま)駅(名鉄尾西線/名鉄津島線 愛

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その2(宇治-東京)-水口、水口石橋、水口城南、八日市、近江八幡、高宮、多賀大社前、彦根(近江鉄道本線/近江鉄道八日市線/近江鉄道多賀線)

鉄旅日記2015年3月22日その2 水口(みなくち)駅(近江鉄道本線 滋賀県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その1-掛川、掛川市役所前、西掛川、天竜二俣、西気賀、寸座、浜名湖佐久米、三ケ日、新所原(天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その1 掛川(かけがわ)駅(東海道新幹線/東海道本線/天竜浜名

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その2-鷲津、新居町、浜松、新浜松、第一通り、西鹿島、遠州森、円田、遠江一宮、原谷、掛川、安倍川(東海道本線/遠州鉄道/天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その2 13:32 鷲津(わしづ)駅(東海道本線 静岡県)

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その3(東京-宇治)-中書島、伏見桃山、桃山御陵前、桃山、JR藤森、木幡、黄檗、京阪黄檗、京阪宇治(京阪本線/奈良線/京阪宇治線)

鉄旅日記2015年3月21日その2 20:15 中書島(ちゅうしょじま)駅(京阪本線/京阪

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その3(東京-岩倉)-太田川、常滑、中部国際空港、上小田井、西春、岩倉(名鉄常滑線/名鉄空港線/名鉄犬山線)

鉄旅日記2015年3月7日その3 19:04 太田川(おおたがわ)駅(名鉄河和線/名鉄常滑

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その2-直方、新飯塚、彦山、豊前桝田、夜明、御井、川尻、住吉、三角(筑豊本線/後藤寺線/日田彦山線/久大本線/鹿児島本線/三角線)

鉄旅日記2015年8月13日その2 10:25 直方(のおがた)駅(筑豊本線/平成筑豊本線

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その1(岩倉-東京)-岩倉、御嵩、犬山、新鵜沼、鵜沼、名電各務原、各務ヶ原、新那加、那珂、名鉄岐阜(名鉄犬山線/名鉄広見線/名鉄各務原線)

鉄旅日記2015年3月8日その1 2015・3・8 5:41 岩倉(いわくら)駅(名鉄犬山

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その1(東京-岩倉)-蒲郡、三河鳥羽、吉良吉田、西尾、桜町前、新安城、知立、猿投、赤池、豊田市、新豊田(名鉄蒲郡線/名鉄西尾線/名鉄本線/名鉄三河線/名鉄豊田線)

鉄旅日記2015年3月7日その1 2015・3・7 10:41 蒲郡(がまごおり)駅(東海

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1 2015・8・13 5:37 新南陽(しんなんよう)駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海S

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵

→もっと見る

    PAGE TOP ↑