*

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-甲浦-徳島-善通寺)その2-海部、桑野、阿南、穴吹、佃、琴平、善通寺(牟岐線/徳島本線/土讃本線)

公開日: : 旅話 2008年

鉄旅日記2008年5月5日
13:16 海部(かいふ)駅(牟岐線/安佐海岸鉄道 徳島県)にて

14:35 桑野(くわの)駅(牟岐線 徳島県)
甲浦で冷たいビールを飲み、彼女にささやかな土産を購入した。
邪魔にはならないものだ。
きっとそばに置いてくれるだろう。

あたりには銃声のようなものが定期的に聞こえていた。

海部、牟岐と、待ち時間なく乗り継いで、再びの阿南が近い。
若い女性ばかりの巡礼者たちが乗り込んできた以外に、車内に特筆すべき変化はない。

ここで行き違い待ち8分の停車。
雨は上がり、低い山並からは盛んに雲が湧きだしている。

15:11 阿南(あなん)駅(牟岐線 徳島県)
車両連結のために32分の停車。

ビールとハンバーガー2個。
ワルくない。
ほんのわずかでも街に金を落とせてよかった。

駅員さんに聞くと、今日は休みの店が多いとのこと。
つまり観光客相手の街じゃない。

そう言えば最近、新日本プロレスが阿南にやってきたことを思い出した。

徳島で時間があれば、うどんでも食おう。

空が明るくなってきた。

17:56 穴吹(あなぶき)駅(徳島本線 徳島県)
徳島で徳島本線に乗り換える。

清流のような少女が降りていった。
四国一の清流穴吹川、剣峡観光、うだつのついた家並、そして吉野川。




素敵な駅に着いた。

剣山といえば、少年の頃に読んだ本に「剣山の大蛇」とあったのを思い出すが、観光案内板には大蛇の絵が描かれていた。

18時の鐘の音が聞こえた。
もはや空に雨の気配はなく、蝶や燕が乱れ飛んでいる。

徳島ではずいぶん遊んだ。
これから池田まで吉野川に沿う。

そして、ボブ・ディランを聞きながら池田から徳島までの道を走った、かつての夏を思い出す。

18:49 佃(つくだ)駅(徳島本線/土讃本線 徳島県)
無人の廃れた分岐駅で待っている。

にわかに体を冷たくさせる風が吹いてきた。

この風情は孤独な男に似つかわしい。

これから往く方向を眺めている。
琴平行がきた。

20:16 琴平(ことひら)駅(土讃本線 香川県)
別世界にきたような気がする。
陽気な神様がいる町だ。

大正12年建設の三代目駅舎、琴電琴平駅、金倉川の灯にソープランド、神域に入り込んだスナック、浴衣姿の湯治客。

想像していた繁華さはなかったが、まるでおとぎの国に入ったかのようだ。

時間がゆるやかに止まった。

出雲でも伊勢でも感じることのなかった神を身近に思う。

神聖だが、どこか可笑しみのある町だった。

この町の神様と酒を酌み交わしたい。

20:28 善通寺(ぜんつうじ)駅(土讃本線 香川県)にて

22:45 ステーションホテル善通寺507号
四国霊場第七十五番札所、総本山善通寺のある街はとても静かだった。

車通りもなく、金髪少年たちも穏やか。
遥かなる弘法大師に気兼ねをしてか風俗店もない。
わずかにスナックの灯が洩れる。

琴平からはひと駅の距離だが、「こんぴらさん」の町との違いが際立っている。

100年の昔に四国健児が集まった第11師団本部が置かれていたのが、現在の陸上自衛隊基地だったのだろう。

この街への憧れは司馬遼太郎の「坂の上の雲」による。
20年越しの夢が叶った。

最近は甲子園でその姿を見ることはないが、尽誠学園を駅の反対側に見る。
彼等は善通寺からきていたのか。
次に登場する際は応援しよう。

雨は完全に上がり、今は星空の下でこうしている。

厳つい大将がやっている店は信用できる。
居酒屋の酒と料理に満足してホテルに戻り、この旅日記に彼女を登場させるために、「おやすみ」の便りを出す。

やがてすぐに、うれしくさせるような返信を寄越してくれる。

オレのいない東京は中途半端な雨に濡れているとのこと。

そしてこの旅の記憶は彼女へも受け継がれた。

夜の善通寺は神々しく、五重塔はライトアップされている。

弘法大師が何を伝えたのか詳しくは知らないが、数あるありがたい教えの中には、こんなオレでもひとつくらいは実行していることがあるだろう。

関連記事

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-甲浦-徳島-善通寺)その1-徳島、中田、旧小松島駅、南小松島、阿南、牟岐、海部、甲浦(牟岐線/安佐海岸鉄道)

鉄旅日記2008年5月5日 2008・5・5 7:41 徳島(とくしま)駅(高徳本線/徳島

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 羽咋(はくい)駅(七尾線 石川

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09 東京(とうきょう)駅(東海道

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日 13:03 松任(まっとう)駅(北陸本線 石川県) 金沢か

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】最終日(善通寺-多度津-岡山-東京)-善通寺、多度津、丸亀、坂出、岡山、京都、野洲、東京葛飾(土讃本線/予讃本線/瀬戸大橋線/山陽本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年5月6日 2008・5・6 6:16 善通寺(ぜんつうじ)駅(土讃本線 

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】初日(東京-京都-出雲)-静岡、豊橋、京都、亀岡、福知山、上夜久野、豊岡、浜坂、鳥取、青谷、倉吉、米子、出雲(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2008年5月2日 2008・5・2 1:59 静岡(しずおか)駅(東海道新幹線/

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年7月21日 2008・7・21 8:11 松阪(まつさか)駅(紀勢本線/

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】3日目(柳井-岡山-高松-鳴門-徳島)-柳井、大畠、西条、岡山、高松、高松築港、オレンジタウン、引田、池谷、鳴門、徳島(山陽本線/瀬戸大橋線/高徳本線/鳴門線)

鉄旅日記2008年5月4日 2008・5・4 8:55 柳井(やない)駅(山陽本線 山口県

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにしかなざわ)駅(北陸鉄道石川線 

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】2日目(出雲-仙崎-下関-柳井)-出雲市、大田市、益田、長門市、仙崎、阿川、小串、幡生、防府、柳井(山陰本線/仙崎支線/山陽本線)

鉄旅日記2008年5月3日 2008・5・3 8:10 出雲市(いずもし)駅(山陰本線 島

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑